ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:名前も知らない嘘 必須要素:SF 制限時間:1時間 読者:153 人 文字数:2009字 お気に入り:0人
[削除]

とても話せない夢の話

小さい頃の記憶はいつだって曖昧だ。思いそうとすると真っ黒に塗りつぶされた塗り絵の紙の端っこだけが少しだけ、わかる程度の記憶しか蘇ってくれない。
そもそもその「記憶」が私の今生の記憶であるかすらも定かではない。なぜなら今を生きる私とはかけ離れているし記憶が写す時代背景がはっきりと自分のことなのだという自覚すら沸かない。どこかのパラレルワールドかもしれない。もしかするとありもしない私のデタラメな幻想かもしれないのだ。
なんだって信じられるものか。自分が謎の仮面を被りその後、吸血鬼になり今生の親友と血で血を洗うような闘争を何百何巡と繰り広げることになるなどと。


「おーい!DIOー?」
遠くから間の抜けた声が聞こえる。遠く、と言ってもここは隔離された完全防音の一室。書類やらデータやらの記憶媒体で埋め尽くされたすっかり狭くなった室内であることには変わりがない。
「DIOっ、DIO、起きているかい?」
しつこく犬のように私を呼ぶこの声の主_ジョナサンは私の親友で同じ研究グループの1人だ。
「すまない、少し仮眠を取っていた」
「椅子に座ったままなんて大して休めやしないよ」
せっかく隣に仮眠室だって用意されているのに。と私の仮眠を取る様に不満を漏らす。
「いいじゃあないかどこで寝ようが。現にそのおかげで眠気は回復したしな」
うぅん、と椅子に座った体勢で伸びをすれば首の後ろがこ気味よく鳴る。


はるか昔、人間は自分たちの文明を宇宙へ捨てた。何故そのようなことをしたのか真意は不明だが捨てたという記録は残っている。
凡ゆる技術、凡ゆる創造物、凡ゆる生命をもまるで地球に残る生物をノアの箱舟の如く断捨離しその数を減らした。
何がそこまでして当時の彼らをかきたてたのかは知らないがそれはもう今間の常識が覆るようなことが起きたもしくはそうならざるおえない事態が起きたのだろうというのは予測出来る。
時を経て、宇宙へ羽ばたく術を身につけた人類は過去の遺産を発見し集め始めた。
度々捨てきれなかったのだろう遺産が地球の重力に引かれ隕石化して落ちてくることはあった。だからこそこの宇宙開発又の名を天球発掘調査は地球の存続と歴史を解明するためにも大きな役割を担っている。


「で、お前は私の仮眠を邪魔しにきただけか?」
「ううん、一緒にお昼食べようと思って」
仕事の話かと思えばそんな呑気なことを頼みにきたのか。
「ほら DIOって気がつくと仕事ばかりでご飯食べないことあるじゃあないか」
「そりゃあ気遣いが染み入るな」
仕事の虫はどちらなのだか。いつも忘れるのはジョナサンの方だ。私は没頭していても時間管理だけは忘れたことはない。取るべきタイミングで食事をとるし今だって仮眠が必要と感じたからその通りにしていた。行き当たりばったりも甚だしいのはコイツの方だ。
「早く行こう!食堂が閉まってしまう」
「分かったよ」
何かと関わってくるのは昔からだが一言一句この男の言動が気に入らない時さえある。であるのに何故私と彼は親友になれたのか。度々思うが実に「奇妙な縁」だ。
何故ならジョナサンと知り合ってから自分の「あの記憶の断片のようなもの」をよく見るようになったのだから。
だがこのDIOが親友と命の奪い合いなどと___考えただけでも不毛なことのように感じる。


僕の親友_DIOはとっても仕事熱心で探究家だ。そのことを僕はとても誇らしく思っているし実力でも実績でも遠く及ばない僕は早く彼の隣に並びたいとすら思っている。
食堂に着くとDIOはサンドイッチを。僕は迷った末にオムライスを頼んだ。
どれにしようか悩む僕に何だかんだ付き合ってくれる彼はなんだかんだで優しいんだなと僕は知っている。
だからそんな彼が僕が日夜見ている「恐ろしい夢の悪魔」なんてのは信じたくない。
これだけ仲良くしている僕ら(DIOもそう思ってくれているといいな)でも夢の中では人を殺め、なんの躊躇いもなく拳を交え合っている。初めて見た時、僕は怖くてDIOの仕事部屋に駆け込んだ。その時も仮眠の邪魔をして閉まったけれど、DIOは僕の知っているいつも通りのDIOだった。
(けど夢にしては鮮明すぎるんだよね...)
「ジョナサン?」
「っ?、なんだいDIO」
「......今私の話を聞いていなかっただろ」
「ご、ごめん。なんだっけ」
「いい。お前のちっぽけな脳みそじゃあすぐに忘れそうだ、ミーティングの後に話してやる」
「ありがとう、その方が助かるよ」
「......。」
僕の言葉の後に面白くなさそうな顔になる。
「つくづくお前は変な奴だな」
「えっ」
「いいやこっちの話だ」
そう言うと彼は僕からそっぽを向いて残りのサンドイッチを食べ始めた。
口は酷いが彼は人を見る力がある。僕はそう思っているし夢のような酷い存在であるはずがない!

そう信じたい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:コーヒーとダンス 制限時間:1時間 読者:401 人 文字数:1018字 お気に入り:0人
「今夜は一睡もしないぜ!」 ジャン=ピエール・ポルナレフは高らかに宣言した。 湯船から出たほかほかの蒸気をまとったまま、のりの効いたストライプのパジャマに袖を通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:僕と悪魔 制限時間:1時間 読者:660 人 文字数:1441字 お気に入り:0人
僕は品行方正、真面目に生きてきた……はずだった。僕を誑かそうとする悪魔に出会うまでは。「花京院、そろそろ堕ちてくれないかなぁ?」「嫌だ。地獄行きなんて死んでもご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:失敗の想い 制限時間:1時間 読者:555 人 文字数:969字 お気に入り:0人
俺、間違ってるのかなあ。ずっと女の子が好きだったのに、とある男に恋をしてしまった。ショックだった。男を好きになった事もだけど、まさか、胸の中がそいつの事でぎゅう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:愛と死の夕方 制限時間:1時間 読者:526 人 文字数:678字 お気に入り:0人
ホテルのベランダで煙草をふかす。煙の向こう側に広がる橙色に染まった街は、もうすぐ夜を迎える。夕日を見ると、世界を覆い尽くすこの色を見ると思い出さずにはいられない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:急なわずらい 必須要素:セ○クス 制限時間:1時間 読者:600 人 文字数:1310字 お気に入り:0人
最近、花京院がめっきり元気をなくしている。というか、俺に全く話しかけてもこないし、俺が花京院に話しかけようとしても上手い事逃げられれている状態だ。俺、何か花京院 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:部屋とYシャツと寒空 制限時間:1時間 読者:405 人 文字数:328字 お気に入り:0人
承太郎はベランダに出て煙草をふかしていた。煙が風に乗ってゆっくりと流れていく様を何となく眺めていた。ポルナレフは部屋の中でYシャツにアイロンをかけている。同棲す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:フニャフニャの怒り 制限時間:1時間 読者:986 人 文字数:1038字 お気に入り:0人
「てめえ、こんなことしてただで済むと思うなよ!」ポルナレフはキッとを承太郎を睨んだ。ベッドに転がされているポルナレフの両腕は後ろに回されていて、手首を紐できつく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:君のドロドロ 制限時間:1時間 読者:467 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
(ああ、JOJO……わたしだけを見て欲しい)女の子の視線を独り占めするあなたを時々恨めしく思うわ。学年二位の新井さん(一位はもちろんJOJOよ!)も学校で一番美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:せつない借金 制限時間:1時間 読者:571 人 文字数:1331字 お気に入り:0人
ラブホテルですることなんて決まりきっている。「服脱いで」そう言われておれは大人しくシャツを脱いだ。「もちろん下もだよ」おれはベルトを外し、ズボンの前をくつろげる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:深海文音@二日目東X11a ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:頭の中の昼食 制限時間:1時間 読者:451 人 文字数:389字 お気に入り:0人
「ポルナレフ、お前は何が食べたい?」 承太郎はポルナレフに微笑みかける。いつもは厳しい眼光が、甘さを含んだものに変わっている。「そうか……。俺は久々にお前の手料 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石商リチャード氏の謎鑑定 お題:3月の経験 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:208字 お気に入り:0人
春先とはいえ、三月の朝はまだ肌寒い。豪奢なホテルのロビーから外に出ると、冷水のような風が仕立ての良いスーツに身を包んだ俺の体に吹きつけて、思わず縮こまる。リチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:今日の牢屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「イライさん」「おはよう、イソップくん。今日はこの鎖を外してくれるのかな」「さぁ、どうでしょう。貴方が僕の元からいなくならなければ、の話ですが」「手厳しいね。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキプロ お題:僕と男の子 必須要素:囚人 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
「こっちだよ!早く早くっ」俺が小さな男の子に手を引かれて、小走りで辿り着い先は何も無い砂漠のような場所。遠くに陽が落ちて空が美しい光と闇の境目を見せる、踏み締め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:スポーツの地下室 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:710字 お気に入り:0人
夏の祭典サバフェスに送り込まれた私たちは、ジャンヌダルクオルタと一緒にサークル出店するべく、日がな作品を作っている。「オルタは今回のループでは、どんな話が描き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:早い口 必須要素:キノコ 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
俺の恋人は、とにかく口が上手い。人を欺く天才だ。よく回る舌で嘘に嘘を重ねてべらべらとよく喋る。おしゃべりは先に死ぬ、と姐さんは云っていたが、太宰が物を云えなくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:愛の稲妻 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1120字 お気に入り:0人
珍しくお互い仕事がなかったが、生憎の嵐で出掛けるのは無理そうだ。そんな日の昼。食器を片付け終わり、ソファに並んで座って珈琲を呑んでいたとき、暇をもて余した太宰が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:来年の神話 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:652字 お気に入り:0人
「ハスター様、どうなされました?」蒼い瞳を輝かせ、まるで幼子の様に愛らしく笑う邪神とも呼ばれるハスターにとって人間等降ってきた雪の粒のように触れただけで消してし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:情熱的な表情 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:1030字 お気に入り:0人
何時もふとした瞬間に思うことがある。私の恋人の中原中也だ。大体は私から甘えて中也が構ってくれて事に発展するのがいつものパターンだ。でも本当にそんな関係でいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:コーヒーとアレ 必須要素:お盆 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:409字 お気に入り:0人
私はお盆を持って部屋にはいった。「しつれいするよー。」「だっ太宰さん、すみません。」そう。うちの社員の中島くんが風邪を引いたので看病をしに来たのだ。「お粥だよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:団地妻の電話 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:511字 お気に入り:0人
プルルルルルその音と同時に目覚めた。「…はいはい…」まだ寝ぼけている目を擦りながらスマホを開く、名前は不明で見たこともない電話番号だった。するとプーップー 〈続きを読む〉