ジャンル:Fate/Grand Order お題:調和した彼 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:1649字 お気に入り:0人
[削除]

石を投げるの何でかな

 夕食を食べ終えた子どもらは、今日のお手伝いのご褒美にもらったホットココアの温かなマグを抱えて、そろりそろりと談話室へ向かった。ジャックやナーサリーの目当ては絵本だ。随一の童話作家、アンデルセンの未公開未発表の新作を片手に、手ごろなサーヴァントの膝にまつわって絵本を読んでくれとねだるのが、子どもらの最近の遊びである。元来子ども好きのアーラシュや、気さくな燕青あたりは二つ返事で引き受けるが、絵本を読むことは苦手なようで子どもらにも「ここはこう」「そんなんじゃない」と指差されている。そこで目を付けられたのがヘクトールだった。ちょうどその場にいたのが悪い。
「おかあさん、読んで!」
 まずは身軽なジャックがヘクトールの膝に飛び乗り、もう片膝にはナーサリーが小さな手を乗せ、決定打はジャンヌオルタサンタリリィ(以下ジャンタちゃんという)だった。本を持っている両腕と胸の間へ顔を出して、「ご本!読んでください!」と元気よくはきはきと「お願い」する。見て見ぬふりも出来ないヘクトールは「オジサンそんなに絵本読むの上手じゃないんだけどなあ」とぼやきながらも、三人を膝に乗せて、今夜もページを開くのだ。
「むかーし、むかし、あるところに……」
 どうしていつも「むかし」で「あるところ」なんだろう、などとジャックが茶々を入れる。ジャンタちゃんも同じ疑問を抱いている。ナーサリーは野暮な問いは発さず、物語に目を輝かせる。
 「ねえ、何でおかあさんはアキレウスに石を投げるの?」
 絵本に飽きたジャックがヘクトールの髭を見上げた。絵本に落としていたオリーブの色の目をジャックに向け、ヘクトールは「どうしてだと思う?」と尋ね返した。ジャンタちゃんは恐る恐る、「嫌いなんですか?あんなにきれいなのに」と声を上げる。物語に目を輝かせていたナーサリーは、ヘクトールが持ったままの絵本のページをちょっと前に戻して、まじまじと絵に見入った。
「嫌いっていうか……」
「きれいなのに?」
「はぐらかしたら嫌よ、ちゃんと教えてね」
 ぶどう色の目をヘクトールに向けて、ナーサリーは大きく瞬きをした。約束をしろ、と真摯なまなこは雄弁に語る。さしものヘクトールも目を反らして頬をぽりぽりとやり、ため息をついて観念した。六つの目の怪物なんて、ヘラクレスでもあるまいしヘクトールにそんな逸話はない。むしろ多くの弟妹を持ち、子どもさえいた。生前はもちろんのこと、今も子どもには強く出られない男だ。
「やっぱりね、あいつに殺されちゃったから、身体が強張ったり、いろいろ具合がうまくないわけよ」
 きみらも英霊で、マスターを守るサーヴァントと見込んでるんだから、茶化さないでちょうだいよ。ヘクトールは絵本を閉じた。三人とも、大きく頷く。
「もしもあいつが敵になっちゃったとして、いや、あいつみたいに決定的な相手がオジサンの前に現れて、マスターを守るのがオジサンしかいなかったら」
「そんなこと、ないよ」
「もしもの話さ、もしもそんなことになったら大変だろ?」
「そうね、フソクのジタイってこともあるかもしれないわ」
「そう、だからその『もしも』に備えて――」
「練習してるんですか?」
 そう、と頷いたヘクトールに、ジャンタちゃんが「すごい!」と歓声を上げた。居心地の悪そうなヘクトールは再び絵本を開いた。
「ほら、オジサン恥ずかしいんだから勘弁してくれよ」
「練習かあ、わたしも練習したらおかあさんみたいになれるかな?」
「ほら、絵本の続き、読んであげるから、ほら」
 そうね、とナーサリーが頷いた。彼女は本当に、絵本が大好きだ。
 存外付き合いのいいヘクトールは、欠伸をかみつつ、子どもらがうとうと舟を漕いだら絵本を閉じてあっという間に抱え上げてナーサリーのベッドへ三人を放り込んでしまった。こういうアフターケアをするから目を付けられるのだ、馬鹿な男め。空っぽのマグも、キッチンへ戻してしまう。さあ、みんなおやすみ。
「あんたもだよ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:工藤 ジャンル:Fate/Grand Order お題:ゆるふわな動機 制限時間:30分 読者:168 人 文字数:856字 お気に入り:1人
ベディヴィエールに避けられている。ガウェインは壁にもたれかかりながら腕を組んだ。 ガウェインとベディヴィエールは恋仲である。そして、昨日は彼と、はじめて体を結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
似顔絵 ※未完
作者:桜鬼@猫注意報(・ω・) ジャンル:Fate/Grand Order お題:調和した絵画 制限時間:30分 読者:212 人 文字数:761字 お気に入り:0人
「何してるの?」 おやつの時間になると、ある一定の女性陣が集まる食堂が、何故か何時もよりも騒がしい。集めた資材を片付けるべく近くを通った少女は、素朴な興味で入口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:自分の中の黒板 制限時間:30分 読者:212 人 文字数:849字 お気に入り:0人
俺なんてただの数合わせのためにたまたま選ばれた一般人だから、きっとすぐになんでもない日常に戻っていくのだろう。そう思いながら、俺は自分の中の黒板の前でチョークを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:わたしの嫌いな秀才 制限時間:30分 読者:290 人 文字数:521字 お気に入り:0人
私は、藤丸立香という少年が嫌いだ。多くの優秀な魔術師、多くの優秀なスタッフが集まるこのカルデアで、ただ1人だけの凡人。だというのに、多くのサーヴァントの精神を繋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と天井 制限時間:30分 読者:330 人 文字数:931字 お気に入り:0人
ロビンフットはカルデア内の喫煙室の壁にもたれかかり、煙草をくわえてぼんやりと天井を見上げる。現在、喫煙室には彼だけである。好んで喫煙するサーヴァントは彼以外にも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:アブノーマルな出会い 制限時間:30分 読者:276 人 文字数:760字 お気に入り:0人
「はじめてドクターにあったのは、この部屋だったんだ」ベッドに腰かけたマスターが、ゆっくりと話し出した。僕がカルデアに召喚されたのは昨日。昨日はそれはもうすごい騒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ギギ ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と極刑 制限時間:30分 読者:234 人 文字数:634字 お気に入り:0人
「これは没収です」ぐしゃり、と。煙草の入った箱を握りつぶしたのはナイチンゲールだ。没収というか、それはもう握りつぶしているのだが、とは誰も言わない。ナイチンゲー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:男同士の友人 制限時間:30分 読者:431 人 文字数:620字 お気に入り:0人
お前の友の話を聞かせてくれ、と言われた。レイシフトが終わってカルデアに帰ったすぐの事だ。マスターたる青年と、他にも何人ものサーヴァント達が大きなテーブルに集ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:吉戒 湖業(Yoshikai konari) ジャンル:Fate/Grand Order お題:悔しいカリスマ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:281字 お気に入り:0人
「ええい、我の周りをちょろちょろするな!五月蝿い上に目障りだ!」王族であり服従させることに長けたセミラミスも相手が子供とあっては、そのカリスマも効果が及ばないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よこがわ ジャンル:Fate/Grand Order お題:不幸な絶望 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1663字 お気に入り:0人
アルジュナは美大に通う一学生だった。両親は写真家とコレクションモデルという豊かな家庭に育ち、才気と美貌を授かっていた。彼は絵画も木彫も嗜んでいたが、もっぱら塑像 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉