ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:95 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
[削除]

無題

ちょう わ てう- [0] 【調和】
( 名 ) スル
ものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 -を保つ」 〔古く「ととのいやわらぐこと」の意。英語 harmony の訳語となり、「釣り合うこと」の意に転じた〕 -------大辞林より


 最近腕を上げること、指の一本を動かすことさえ重苦しく、苦しかった。ふらふらと視界は揺れ、どくどくと心臓の拍動するのを自覚していた。そういえば、しっかりとした休息を最後にとったのはいつだっただろうか。そんなことを頭の隅で考えながらも体は、思考の大部分は目の前にぼろぼろで這いつくばる相手に、せめて楽に終わらせてやろうと(この状態にさせたのは俺だが)手にかけようとしていた。取り出した愛銃の照準を定める。口許に浮かばせていたはずの微笑は気が付かないうちに消えていた。
 突然だが俺には恋人がいる。潜入を始めるより前、彼女とははじめ協力者とするために偶然を装って出会った。協力者とするために親しい仲になるまでに相手の懐に潜り込み、弱みを握り断ったり逆らうことのできないようにする、という手法だ。おれはその作業のはじめ、彼女を視界に収めたとき、恋に落ちた。所謂一目惚れ、というやつだ。あのときは若かった。ただ、彼女に出会ったこと、言葉を交わし思いを交わしたことは少しの後悔もない。
 ただ、いつからだろうか、彼女と長く逢えない日々が続くと不調を感じるようになった。初めは体の中身がすっぽりと抜け落ちたような空虚感から始まり、今日のような身体的不調まで。一般的なストレスの身体的症状に大部分合致することに気が付いた時には何もないのに笑ってしまった。いつの間に、自分はここまで彼女を必須とするまでになっていたのか、なにより彼女のために自分から解放してやらなけばいけないか、悩んでいた時だったからだ。もう、手放してやれない。きっと、彼女が嫌がって手を離れようとしたその時には、俺は何をするかわからない。
 後始末を終え、早朝彼女の部屋を訪れた。寝室には朝の薄く青みがかった太陽光が薄らと入り込み寝顔を照らしている。この世の暗鬱なんて無縁といったような、平和な寝顔に、いまだけはバーボン、そして安室透などではなく降谷零として此処に存在していることを実感した。そっと頬に手を添えるとぴくりとみじろぎ薄らと目を開け、ぼうっとこちらを見て数秒するとまた眠りに落ちて行った。一連の動きに息だけで笑う。肺のあたりの重苦しい気持ちがほころび、溶けていくように感じた。ぶれてあとすこしでバラバラになってしまいそうだった自分が一つに統合されていくように、思考がしっかりとしてくるようだ。愛おしい人の頭をやさしくひと撫でし、部屋を出る。つぎに逢うときには彼女の起きている時間帯がいい。好物をかっていって、いや、作ってもいい。俺を見て、うれしそうに笑うあの顔が見たいんだ。
 そらをみあげれば雲と青空が広がっていた。今日も一日が始まる。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:とびだせ笑顔 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:677字 お気に入り:0人
「あるじさま。なんだか、むつかしいのですか」私の顔を覗き込むあどけない姿は、今日の近侍の今剣だ。真紅のおおきな瞳でじっと見つめられると、一瞬何を悩んでいたのか忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの小説合宿 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:712字 お気に入り:0人
「だからなんなのよーーー!もぉーー」こんのすけが定期的に運んでくる、政府からの諸連絡帳を開いて、未読の記事を目にした途端、割と大きな声を出してしまった。小説を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタァライト お題:穏やかな博物館 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:938字 お気に入り:0人
「博物館ってなかなか来ないから新鮮だなぁ」「私はイギリスの頃、何回か……」「イギリスでも行ってたんだねー日本とは違うの?」 なんて話ながら今日はひかりちゃんと二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:忘れたい過ち 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:746字 お気に入り:0人
「昔のグレンは可愛い」いきなり深夜がそう言った周りの暮人も真昼もうんうんと頷く「は?」どういう意味だコラ怒りが口が吹き出そうになるのを抑える「だってだって、可愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:わたしの好きな戦争 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※アヤマツわたしはお兄さんのこと、最初はどうとも思っていなかったのだけれど。それでもエルザがあなたと一緒にいるときにとても楽しそうにするものだから、きっとわたし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:つらい小説トレーニング 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「はぁ‥‥。」いくつかの本丸を定期巡回しているこんのすけが、今回持ってきた政府からの業務連絡。毎度毎度、とんでもない量の提出物を求めてくるとはいえ、今回ばかりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い喜び 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:929字 お気に入り:0人
(※腐向けです)(※燭へし)燭台切光忠の同位体は、基本的に料理スキルが高い。これはどの本丸でもほぼ共通しているだろう。この本丸の燭台切光忠も例に漏れず、料理を作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
浮気カッコ仮 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:黒子のバスケ お題:つらい弁護士 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:893字 お気に入り:0人
(※青赤)(※腐向けです)「それで?そのキスマークはなんなんだ」赤司の凍えるような視線に青峰は冷や汗をかいた。無意識に自分の首元に人差し指をあてる。なんら変わり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
戦場の姫君 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ソードアート・オンライン お題:天才の姫君 必須要素:弾丸 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:693字 お気に入り:0人
息を潜めつつここに隠れ始めてからおよそ3分が経った。隠れていた、といっても何もせずに身を隠していた訳では無い。黒光りするへカートのスコープはターゲットを3分のう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:妖怪ウォッチ シャドウサイド お題:どす黒い冥界 必須要素:眼球 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「エンマ大王!」自室でいつも通り細々とした書類仕事をこなしていると、急いだノックとともに部下のぬらりが入ってきた。自分を呼ぶ声色はかなり切羽詰まっている。普段は 〈続きを読む〉