ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:352字 お気に入り:0人
[削除]



気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた。僕は酒が飲めない。やはり、この女を殺したのは僕じゃない。

ガタン、と戸が開く音がした。僕は体をビクッと強ばらせた。
「ただいま」
男の声だ。女の夫か?
足をドスドスと鳴らしながらこちらに向かってくる。やだ、やめてくれ。こっちに来ないでくれ。そう思っても届くはずがなく、音はすぐそこでとまった。
「寝てるのか?入るぞ?」
震えが止まらない。目がチカチカする。犯人は僕じゃないのに。まだやりたいことが沢山あるのに。なんで僕がこんな目に
ガチャ、とドアがあいた瞬間、僕は意識を失った。
最後に、どこかで見たような顔と目が合ったような、気がする

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:フニャフニャの宿命 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
どうしても、映える個性というのは差があるものだ。華やかなヒーローを目指す者が大多数の世の中で。思想や、スタイルがフニャフニャと定まらない者と言うのは。つまはじき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:過去の恋人 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:829字 お気に入り:0人
それはゆきずりだった。雨がしとしとと降っている。部屋の中からガラス越しに薄暗い、灰色の世界を眺めながら、平賀は頬杖をつく。「なんだい、浮かない顔をして」カフ○ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:ダイナミックな超能力 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:748字 お気に入り:0人
平賀は飢えていた。物理的にお腹が空いている。彼にさてどれだけ基本的欲求が備わっているのか、あるいは感じているのかは不明だが、稀有なことに彼はおなかがすいてどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:捨てられた本 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:705字 お気に入り:0人
うちの本丸の中には、小さいが書物の保管庫がある。刀剣男士や審神者の私物であったり、政府から送られてきた必読のものであったり、様々な時代のものが一部屋に収められて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:とびだせ笑顔 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:677字 お気に入り:0人
「あるじさま。なんだか、むつかしいのですか」私の顔を覗き込むあどけない姿は、今日の近侍の今剣だ。真紅のおおきな瞳でじっと見つめられると、一瞬何を悩んでいたのか忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの小説合宿 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:712字 お気に入り:0人
「だからなんなのよーーー!もぉーー」こんのすけが定期的に運んでくる、政府からの諸連絡帳を開いて、未読の記事を目にした途端、割と大きな声を出してしまった。小説を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタァライト お題:穏やかな博物館 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:938字 お気に入り:0人
「博物館ってなかなか来ないから新鮮だなぁ」「私はイギリスの頃、何回か……」「イギリスでも行ってたんだねー日本とは違うの?」 なんて話ながら今日はひかりちゃんと二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:忘れたい過ち 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:746字 お気に入り:0人
「昔のグレンは可愛い」いきなり深夜がそう言った周りの暮人も真昼もうんうんと頷く「は?」どういう意味だコラ怒りが口が吹き出そうになるのを抑える「だってだって、可愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:わたしの好きな戦争 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:413字 お気に入り:0人
※アヤマツわたしはお兄さんのこと、最初はどうとも思っていなかったのだけれど。それでもエルザがあなたと一緒にいるときにとても楽しそうにするものだから、きっとわたし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:つらい小説トレーニング 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「はぁ‥‥。」いくつかの本丸を定期巡回しているこんのすけが、今回持ってきた政府からの業務連絡。毎度毎度、とんでもない量の提出物を求めてくるとはいえ、今回ばかりは 〈続きを読む〉