ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:992字 お気に入り:0人
[削除]

おたえ誕のとりとめないやつ ※未完


「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」
「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」

 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツッコミも疲れてきた。
 今日くらい、いつもよりまともに取り合おうって、心のなかで、勝手にそんな決めごとをしてきた筈だが、誕生日パーティが始まって数分もしないうちに、少々無謀な試みだったかもしれないと気がついた。

「有咲って、うさぎ飼ったことある?」
「……ありませんが」

 どうでもいいが、なんで二人して困った顔して突き合わせているんだろう。香澄たちも、ほんの少しの距離のところにいるのに、なにやらおたえのお母さんと盛り上がってしまっている。ちょっとは助けに来いよな! 相手は、本日の主役だぞ!?

「だからだよ。あのね、うさぎが耳を、こっちにぴこぴこ~、あっちにぴこぴこ~ってする意味、わかってる?」
「知らねえよ~。あれか、嬉しい時にやるもの?」
「違うよ。うさぎはね、音にとっても敏感だから、周りを警戒している時に、ぴょこぴょこさせるんだよ」
「……そうか」

 うん、と満足げに笑うおたえを見て、どんなにか、このまま流してしまおうかと逡巡するが、ここは仕方ない。気合を入れ直して、正面から取り組もう。一度決めたことは、そう簡単に曲げたらだめだ。

「あのなおたえ。私たちは、どうしてオッちゃんが、誕生日を祝ってくれたかって話をしてたよな?」
「うん。そうだよ」
「そして、うさぎが耳をぴょこぴょこさせるのは、あたりを警戒しているサイン?」
「さすが学年主席。もう覚えたの?」

 たぶん、バカにされてるわけではあるまい。ここは捨て置く。

「それが、どうしてお祝いしてくれたってことになるわけ?」
「だから~……あれ、なんだっけ」
「おいぃ!」

 頼むよ花園たえ。なんのための数分間だったんだこれは。

「有咲が色々いうから、わかんなくなっちゃった。どうしよう」
「私のせいか?」
「あれ? 有咲とおたえ、盛り上がってるね~!」
「盛り上がってるねじゃない!」

 真打登場。香澄だ。ふだんしちっとも頼りにならないが、こんな時くらいは頼りにさせてほしい。

「あ、香澄。そういえば、誕生日といえばさ。香澄に聞いてみたいことがあったんだけど」
「え! なになに?」

 おい。うさぎの話はどこいった?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
箱の中の純情 ※未完
作者:弧狐 ジャンル:BanG Dream! お題:箱の中の暴走 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:1473字 お気に入り:0人
箱百合美咲こころ大きな箱の中に入ってしまったこころそこから出られなくなってしまったこころそれを引っ張り出そうとする美咲「大体、何で入ろうとしたのさ」「それは勿論 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉