ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:1435字 お気に入り:0人

【服飾パロ】記憶逆転のルナ+信

「何故あやつに執着する」

信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれずに食べているところだった。

「お前は自分の欲しいものを我慢できるのか」
「ワシは欲しいものは手に入れてきた過去があるからのう。いや、それよりお主、とんだ騒ぎになっとるぞ」

信長はスマートフォンを取り出し、カルナの目の前に差し出してやる。そこにはカルナとアルジュナが中庭で鬼ごっこをしている場面が映っていた。

「逃げるあいつが悪い」
「ええー…さしもの魔王もドン引き。あいつ、一般人じゃろ」
「違う」

カルナは山盛りになったもやしをとっとと片付けながら追加トッピングで倍になったチャーシューの山を突き崩す。

「あれが一般人であるはずがない」

信長は音を立てて豪快に麺をすする。空気をまとって口の中に飛び込んでくる麺は、濃厚な旨味と共に舌を占拠し、奥から奥から唾液が溢れてくる。咀嚼した麺と旨味とを一気に飲み込み次の軍勢を箸でつまむ。
信長は、カルナと同じだ。サーヴァントとしての記憶を持ち、それでいて、この世では人間として生を受けた。サーヴァントであった織田信長は確かに世界を救う一端を担ったが、最終的にどこへ行きついたのか、それは分からないままだ。分かってしまうのも、それは面白みがないかもしれない、と信長は思う。
信長の周囲に居る人間たちも、それぞれ記憶を持っている。沖田、アンデルセン、ラーマ…それらはいたって「普通の人間」として生きてきたし、きっとこれからもそうなるだろう。何故なら自分たちは記憶があったとしても、それを武器にすることはない。できない。魔力もなければ使い魔もなく、むしろ大気に満ちている筈のマナさえ感じられない。まったくもって並の魔術師以下となってしまった自分たちは、ならばこの泡沫の如く夢心地を生きていこうと誓ったのだ。

だが、この目の前の元英雄はどうだ。
記憶がある。それはいい。だが、記憶を持たずして生きるアルジュナを見つけるや否や、近付いて行って「オレを思い出せ」とにじり寄り、そのままキスまでしてみせた。
確かに、カルナという英雄においてアルジュナという存在は切っても切れないものだ。だからといって、何世もわたってそこまで固執できるものだろうか。自分を覚えていないなら思い出させる、自分以外を一位にしているのであればそれを蹴落とす、自分を受け入れられないなら付きまとってでも。そのカルナの行動力に、信長がこっそりと舌をまいているのは、ここでは黙っておこう。

「一般人であることを、あ奴が望んだのやも」
「ならばそれごと切り捨てる」
「熱烈じゃのう」

まるでそれは恋か愛か。恋であるのならば、清姫に近いのだろうか。あれも愛憎ではあるが、始まりは愛だ。しかしカルナの方は先に敵意、すなわち憎がきている。ひとくくりにしてしまうには、あまりにベクトルが違いすぎる。

「ストーカー扱いされたら、教授共が押さえつけてくるじゃろうなぁ」
「既にそうと呼ばれている」
「マジか」
「まじだ」
「何がお主をそこまで掻き立てるのだ」

信長のシンプルな疑問を、カルナは少しばかりの微笑で答える。そんなものは、幾世、幾夜の星を越え、輪廻を越えたとしても、たった一つの事実でしかない。

「アルジュナだからだ」

胸やけしそうだの、と言った信長の声は、思ったよりも弾んでいた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉