ジャンル:DD! お題:つらい故郷 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1426字 お気に入り:0人

張り込み中の小噺 ※未完

「故郷、か」
「うん?」
「いや、ほら。あの二人がさっき観てた映画でさぁ言ってたじゃん。故郷に帰って、恋人と結婚式を挙げるんだーってさ」
「ああ、あの死んだ警官がな」
「そうだけど他にもうちょっと言い方ってもんねえのかよ」
 今日も今日とて張り込みだ。フェーズ1の容疑者の自宅が見える位置にある立体駐車場に停めた車内から様子を覗き、仕掛けてある盗聴器越しに中の会話を聞く。どうやら今回もハズレだったらしく、容疑者の男は恋人とふたりのんびり映画鑑賞していた。映画の内容は悲恋もので、ようやく両想いになった幼馴染と結婚する直前に主人公は亡くなるのである。それだけなら、多分あまり気にせずよくある物語と片付けていただろう。だが、主人公の男は警察官だった。愛する人と共に生きる事より、目の前にいる小さな子供を守るためにその身を犠牲にしたのだ。現在進行形でその職務の真っ最中な警察官である自分にとって、他人事ではない。
「結婚式さ、故郷の田舎で挙げたいって話してたじゃん。あの主人公。家族はみんなもう死んでるから、待ってる人も居ない筈なのに。戻りたいものなのかなって思って」
「そこは人によるんじゃないか?」
「そりゃそうだろうけど。俺にとってはさ、ミラやじいちゃんと過ごした場所だから楽しい事もつらいことも沢山あった場所だけど……別に戻りたいとは思わないんだ。だから、結構その感覚は不思議でさ。だからちょっと聞いてみたかったんだ」
「ふうん」
 ダグの視線が窓から外され、手元のあんぱんへ映る。もぐもぐと咀嚼した後、ブラックコーヒーで飲み込んだ。彼にとっては窓越しに見える映画より手元の食事の方が優先度は高いのだろう。
「ダグは?」
「うん?」
「故郷に帰りたいって思う?」
 ダグの口元へあんぱんがもう一口運ばれる。何か考えているのかいないのか、常と変わらない表情でさらに一口あんぱんを齧った。
「そうだな……俺は場所に対するこだわりが薄いから、あまりそうは思わない」
「そっか」
「ああ、でも」
 残りのかけらを口に運んで、ブラックコーヒーをひとくち。ごくりと音を立てて飲み込まれれば、食事は終わりだ。ダグの視線が窓ヘ向く。
「隣にお前がいるなら、別にどこだっていいよ。俺は」
「……は?」
「こいつ、多分シロだな。次いくか」
「え? ああ、うん。そうだな。じゃあ次こいつは?」
 故郷の話からなぜ自分の話になったのか。話の飛躍に少々ついていけないものの、今は仕事中だったと思い出し頭を振る。
「うん。丁度2ブロック先だし……近いな。このまま行くか」
「おう!」
「ところでヴルーベリ巡査」
「うん? なんだよダグ」
「一応あれ、俺としては告白のつもりだったんだけど。分かってる?」
「…………は?」
 捜査ファイルを手にしたまま、ダグの横顔を見上げる。いつもと変わらない、何を考えているのかいまいち分からない顔だ。
「ダグは俺の事好きだったの?」
「好きだよ。お前が考えてるよりずっとね」
 こんな会話の最中に発進させた車は、平日昼間の街中を走り出した。ムードも何もあったものではない。
「こんな時に言う?」
「別にどんな時だっていいだろ」
「いや、でもさぁ……確かにそうだけど」
「だろ? それで、返事は? イエスかはいで」
「それどっちも同じじゃねえ?」
 笑いながら二つの太陽に照らされた街を見遣って、再びダグを見上げる。やはり、表情は変わらない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@EX2話最高オブ最高の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:混沌の町 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:873字 お気に入り:0人
窓から見えるふたつの太陽が沈んでいき、夕日の赤色に夜の色が混じり始める時間帯。インクを幾つも混ぜ込んだような複雑な色合いの空が、存外に好きだった。「お客さん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:ワイルドなフォロワー 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
「取材、ですか?」「ええ、『街中で見付けた絶世の美女!』って特集なんですけどね。噂の美人店員を密着取材させて頂きたくって。いかがです? 全国放送なんで、良い宣伝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:謎の税理士 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:698字 お気に入り:0人
「で、だ。所轄からの報告によると、この事件の黒幕がこの男だったらしい。どこかから入手した薬品を横流しして金銭を得ていたが、今回コイツの顧客が別件で捕まった。未使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:小説の扉 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1228字 お気に入り:0人
「あれ、これ誰の本だ?」「んー? ああ、それ俺のです。学校で友達に借りたやつなんだけど、そこ置きっぱなしだったか」「そっかぁ。これすごい良い話なんだよなぁ……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ダグキリ ※未完
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:でかい任務 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
普段は地道な捜査が多いこの特殊部署も、たまには大きい案件もある。例えばそれが以前あったような市長候補の人質誘拐事件だったり、エスペランサのアジト襲撃だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:軽い曲 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「そこのお嬢さん。リクエストは?」「えー俺ぇ? んーじゃあ何か明るいやつ! ぱーってハッピーになれそうなの! ていうか俺お嬢さんじゃねえよ」「了解です!」 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デリミラ ※未完
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「何が好き?」「将来の夢は?」「これからやりたい事は?」 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:意外!それは百合 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1188字 お気に入り:1人
「ユリってさ、やっぱり百合の花が好きなのか?」「……名前に入っているから?」「うん。やっぱり名前に入ってるものって目につきやすいし、人からもよく貰ったりしない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:疲れたピアノ 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
ピアノの旋律が遠く聞こえる。人々のざわめきと、煌びやかなイルミネーションも建物の隙間から見えた。おそらく、どこかでクリスマスパーティーでも行われているのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:10の水たまり 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
昨夜遅くから降り始めた雨が今日の昼にようやく止んだ。とはいえ、空は分厚い雲に覆われたままで、ふたつの太陽からの光は弱く遠い。いや、ひとつはそもそも太陽ですらな 〈続きを読む〉