ジャンル:DD! お題:つらい故郷 制限時間:30分 読者:125 人 文字数:1426字 お気に入り:0人

張り込み中の小噺 ※未完

「故郷、か」
「うん?」
「いや、ほら。あの二人がさっき観てた映画でさぁ言ってたじゃん。故郷に帰って、恋人と結婚式を挙げるんだーってさ」
「ああ、あの死んだ警官がな」
「そうだけど他にもうちょっと言い方ってもんねえのかよ」
 今日も今日とて張り込みだ。フェーズ1の容疑者の自宅が見える位置にある立体駐車場に停めた車内から様子を覗き、仕掛けてある盗聴器越しに中の会話を聞く。どうやら今回もハズレだったらしく、容疑者の男は恋人とふたりのんびり映画鑑賞していた。映画の内容は悲恋もので、ようやく両想いになった幼馴染と結婚する直前に主人公は亡くなるのである。それだけなら、多分あまり気にせずよくある物語と片付けていただろう。だが、主人公の男は警察官だった。愛する人と共に生きる事より、目の前にいる小さな子供を守るためにその身を犠牲にしたのだ。現在進行形でその職務の真っ最中な警察官である自分にとって、他人事ではない。
「結婚式さ、故郷の田舎で挙げたいって話してたじゃん。あの主人公。家族はみんなもう死んでるから、待ってる人も居ない筈なのに。戻りたいものなのかなって思って」
「そこは人によるんじゃないか?」
「そりゃそうだろうけど。俺にとってはさ、ミラやじいちゃんと過ごした場所だから楽しい事もつらいことも沢山あった場所だけど……別に戻りたいとは思わないんだ。だから、結構その感覚は不思議でさ。だからちょっと聞いてみたかったんだ」
「ふうん」
 ダグの視線が窓から外され、手元のあんぱんへ映る。もぐもぐと咀嚼した後、ブラックコーヒーで飲み込んだ。彼にとっては窓越しに見える映画より手元の食事の方が優先度は高いのだろう。
「ダグは?」
「うん?」
「故郷に帰りたいって思う?」
 ダグの口元へあんぱんがもう一口運ばれる。何か考えているのかいないのか、常と変わらない表情でさらに一口あんぱんを齧った。
「そうだな……俺は場所に対するこだわりが薄いから、あまりそうは思わない」
「そっか」
「ああ、でも」
 残りのかけらを口に運んで、ブラックコーヒーをひとくち。ごくりと音を立てて飲み込まれれば、食事は終わりだ。ダグの視線が窓ヘ向く。
「隣にお前がいるなら、別にどこだっていいよ。俺は」
「……は?」
「こいつ、多分シロだな。次いくか」
「え? ああ、うん。そうだな。じゃあ次こいつは?」
 故郷の話からなぜ自分の話になったのか。話の飛躍に少々ついていけないものの、今は仕事中だったと思い出し頭を振る。
「うん。丁度2ブロック先だし……近いな。このまま行くか」
「おう!」
「ところでヴルーベリ巡査」
「うん? なんだよダグ」
「一応あれ、俺としては告白のつもりだったんだけど。分かってる?」
「…………は?」
 捜査ファイルを手にしたまま、ダグの横顔を見上げる。いつもと変わらない、何を考えているのかいまいち分からない顔だ。
「ダグは俺の事好きだったの?」
「好きだよ。お前が考えてるよりずっとね」
 こんな会話の最中に発進させた車は、平日昼間の街中を走り出した。ムードも何もあったものではない。
「こんな時に言う?」
「別にどんな時だっていいだろ」
「いや、でもさぁ……確かにそうだけど」
「だろ? それで、返事は? イエスかはいで」
「それどっちも同じじゃねえ?」
 笑いながら二つの太陽に照らされた街を見遣って、再びダグを見上げる。やはり、表情は変わらない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@お原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:苦しみの男 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1469字 お気に入り:0人
「あ、この曲……」「切ないわよねぇ、誰だって好きな人の運命の人になりたいのに。それをこんなに綺麗に歌われちゃうとさ。傷心の時なんかは特に沁みるのよー……って、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:走るしきたり 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
日曜昼、吾妻橋をのんびりと歩いている最中の事だった。「走って!」「は?」 どこか懐かしいロングヘア―の一稀が、ハイヒールのまま走って来たと思ったらこちらの右手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊律 ※未完
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:mp100 お題:くだらないサイト 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1685字 お気に入り:0人
学校帰りの通学路で見知った詐欺師と遭遇したのも、それが7月2日の午後5時だったのも、ただの偶然でしかなかった。今日は従業員がみんな休みだとか、幸いにも依頼が来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:当たり前の誰か 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
当たり前の日常なんてもの、実は存在しないんだってことを知ったのは中学生の時だった。今度こそ大切にしたいと思った繋がりを失いかけたり、それでも手を伸ばしたり。結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:オレだよオレ、美術館 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:897字 お気に入り:0人
例えば知らない間に見知った店が閉店していたり、別の店に変わっていたり。建物ごと消えたり増えたり。それによって道路や街の景色さえ変わっていたり。時間が経つという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:暴かれた祝福 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1194字 お気に入り:0人
良くも悪くも無関心であることは、幸福なのか不幸なのか。良かったのか悪かったのか。今となっては分からないけれど。それでも、この想いが漏洩したその後でも友人でいら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:ぐちゃぐちゃのコンサルタント 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1160字 お気に入り:0人
隣でスマートフォンの画面を無表情に眺め時折画面をタップするその指先を、見るともなしに眺める。先程までの笑顔が嘘のように、凪いだ瞳はまるで無機物のようだ。「久慈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:今日のゲストはクリスマス 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1149字 お気に入り:0人
『それでは! ここで一曲挟んでからお待ちかねのゲストが登場です! なんと、今日のゲストは……クリスマスといえば、この人なあのお方が登場です! お楽しみにぃ! で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:混沌の町 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:873字 お気に入り:0人
窓から見えるふたつの太陽が沈んでいき、夕日の赤色に夜の色が混じり始める時間帯。インクを幾つも混ぜ込んだような複雑な色合いの空が、存外に好きだった。「お客さん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:ワイルドなフォロワー 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
「取材、ですか?」「ええ、『街中で見付けた絶世の美女!』って特集なんですけどね。噂の美人店員を密着取材させて頂きたくって。いかがです? 全国放送なんで、良い宣伝 〈続きを読む〉