ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
[削除]

ミキシン鯖とアルパカ特異点

型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらとした手足の子供たちが笑顔でじゃれついている。そこに駆け寄る母親。どちらも頼りない体に見えて、レオニダスとしては危うさを感じずにはいられない。レオニダスの知るかつての故国では、誰もがこんなにやわらかいままではいられなかった。人理を全うするための旅とはいえ、さまざまな国のあり方を見聞することは非常に有意義であり、それを束の間許されることができた自分の幸運をレオニダスは思った。今は戦装束を解いて現代の冬服というものに身を包み、手にしたマグカップからはコーヒーの湯気が立ち上っている。その手の中の温かさを追いながらふと意識の焦点をぼやけさせたレオニダスの脳裏に、「四つ足の動物の四肢を切断する」という一単語が現れた。やはりとりとめもない。それはいつかマスターが不意にこぼした雑学だった。いや、切断ではなく折るのだったか……? 考え込むレオニダスをよそに、薄型テレビの中ではアルパカが間抜けな顔で草を食んでいた。フワフワとした毛並みは羊に似ている。かの肉も羊と同じようにマトンと言うのだろうか?

「ふー、ただいまー!」
「ただいま戻りました」

明るい少女の声と、落ち着いた男の声がユニゾンする。その後ろでパタムと静かに閉まるドアはひとりでに鍵がかかった。ファミリータイプのフラット、セキュリティはそこそこ、という物件を探し当てるのはなかなか難航したらしい。

「マスター! ご無事で何より」
「アルパカまみれの街で有事も何もあるまい」
「そうかな、フィンは突進されてたけど」
「はは、アルパカさえも惹きつけてしまったのかな。いささか困ったが、まあアルパカ程度ではね」

その間もパラケルススはマスターのマフラーを解くのを手伝っている。着膨れしないスマートな冬服姿のサーヴァントに囲まれて、もこもこに着膨れしたマスターの姿は頼りなく、さながら仔アルパカか幼児のように見えた。そのフワフワした笑顔が誰の心にもいつか染み入ってしまうのだ。雨垂れがいつか石を穿ち、いつか割らんばかりに。頑固で強情で、曲がっても折れても傷ついても立ち上がることができる強い笑顔だ。冬木で召喚された時から、レオニダスは敬服を覚えている。

「なんと、拠点に帰ってからもアルパカを見るとはな。代わってやればよかったか」

さっさと仕立ての良いジャケットを脱いでレオニダスの隣に陣取った小次郎が、薄型テレビを覗き込んで呆れている。そこでは農場で飼育されている牛として、一頭のアルパカが紹介されていた。

「辛うじて人が映っているチャンネルはここしかなかったのです。どうやら人を除く全ての動物がアルパカに置き換わっているようですね」
「外はもっと酷い。人間もアルパカになっているとしか思えない密度でな、マスター、現地人とのコンタクトは難しいのではないか」

話している間にキッチンに消えていたマスターからは、「何ー?」という明るい返事が帰ってきた。小次郎の言葉はよく聞こえなかったようだ。

「今、テレビに映っている彼らは?」
「民放だったら大方収録だろう」
「しかし、先ほど彼はそこのアルパカを牛、と紹介した。奇妙なことに」
「映像にも感染するのではないでしょうか。映像の中の牛を、後からアルパカに書き換えた」

それぞれが思い思いにソファに腰掛けながら、シャツのボタンを緩めたり、セーターの腕をまくったり、襟足を暑そうにかきあげたりしている。大の男が四人、テーブルを囲み、真剣に見やるのはアルパカ牧場特集。

「みんなー、とりあえずご飯にしようよ! 小次郎とフィンは手伝って」
「私も手伝います」
「お手伝いできることがあればなんなりと!」
「パラケルススは座ってて」

アルパカまみれの奇妙な特異点に、不思議な縁のあるサーヴァント4人。誰もが今、マスターの次の決断を待っていた。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:よこがわ ジャンル:Fate/Grand Order お題:腐った木 必須要素:個室 制限時間:2時間 読者:45 人 文字数:1185字 お気に入り:0人
いつからこうして二人で飲むようになっただろうか。小次郎とレオニダスとは気づけば知り合っていて、仕事終わりに近場の飲める店で落ち合うこともしばしばの関係になってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よこがわ ジャンル:Fate/Grand Order お題:うわ・・・私の年収、門 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:2時間 読者:43 人 文字数:1291字 お気に入り:0人
笹から生まれた……もとい、孟宗竹の竹林の中で記憶の始まった笹太郎ならぬ佐々木小次郎は激怒した。必ず、かの暴虐邪智の召喚主(マスター)を除かねばならぬと決意した。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よこがわ ジャンル:Fate/Grand Order お題:イギリス式の土 必須要素:大阪 制限時間:2時間 読者:44 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「イギリス式の土ィ?」「はい。なんでも、農法のことで揉めているらしく。ノーフォーク農法だとかなんとか」「ああ、土壌が砂質……まあ無人島であるからなあ」それにして 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉