ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
[削除]

ミキシン鯖とアルパカ特異点

型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらとした手足の子供たちが笑顔でじゃれついている。そこに駆け寄る母親。どちらも頼りない体に見えて、レオニダスとしては危うさを感じずにはいられない。レオニダスの知るかつての故国では、誰もがこんなにやわらかいままではいられなかった。人理を全うするための旅とはいえ、さまざまな国のあり方を見聞することは非常に有意義であり、それを束の間許されることができた自分の幸運をレオニダスは思った。今は戦装束を解いて現代の冬服というものに身を包み、手にしたマグカップからはコーヒーの湯気が立ち上っている。その手の中の温かさを追いながらふと意識の焦点をぼやけさせたレオニダスの脳裏に、「四つ足の動物の四肢を切断する」という一単語が現れた。やはりとりとめもない。それはいつかマスターが不意にこぼした雑学だった。いや、切断ではなく折るのだったか……? 考え込むレオニダスをよそに、薄型テレビの中ではアルパカが間抜けな顔で草を食んでいた。フワフワとした毛並みは羊に似ている。かの肉も羊と同じようにマトンと言うのだろうか?

「ふー、ただいまー!」
「ただいま戻りました」

明るい少女の声と、落ち着いた男の声がユニゾンする。その後ろでパタムと静かに閉まるドアはひとりでに鍵がかかった。ファミリータイプのフラット、セキュリティはそこそこ、という物件を探し当てるのはなかなか難航したらしい。

「マスター! ご無事で何より」
「アルパカまみれの街で有事も何もあるまい」
「そうかな、フィンは突進されてたけど」
「はは、アルパカさえも惹きつけてしまったのかな。いささか困ったが、まあアルパカ程度ではね」

その間もパラケルススはマスターのマフラーを解くのを手伝っている。着膨れしないスマートな冬服姿のサーヴァントに囲まれて、もこもこに着膨れしたマスターの姿は頼りなく、さながら仔アルパカか幼児のように見えた。そのフワフワした笑顔が誰の心にもいつか染み入ってしまうのだ。雨垂れがいつか石を穿ち、いつか割らんばかりに。頑固で強情で、曲がっても折れても傷ついても立ち上がることができる強い笑顔だ。冬木で召喚された時から、レオニダスは敬服を覚えている。

「なんと、拠点に帰ってからもアルパカを見るとはな。代わってやればよかったか」

さっさと仕立ての良いジャケットを脱いでレオニダスの隣に陣取った小次郎が、薄型テレビを覗き込んで呆れている。そこでは農場で飼育されている牛として、一頭のアルパカが紹介されていた。

「辛うじて人が映っているチャンネルはここしかなかったのです。どうやら人を除く全ての動物がアルパカに置き換わっているようですね」
「外はもっと酷い。人間もアルパカになっているとしか思えない密度でな、マスター、現地人とのコンタクトは難しいのではないか」

話している間にキッチンに消えていたマスターからは、「何ー?」という明るい返事が帰ってきた。小次郎の言葉はよく聞こえなかったようだ。

「今、テレビに映っている彼らは?」
「民放だったら大方収録だろう」
「しかし、先ほど彼はそこのアルパカを牛、と紹介した。奇妙なことに」
「映像にも感染するのではないでしょうか。映像の中の牛を、後からアルパカに書き換えた」

それぞれが思い思いにソファに腰掛けながら、シャツのボタンを緩めたり、セーターの腕をまくったり、襟足を暑そうにかきあげたりしている。大の男が四人、テーブルを囲み、真剣に見やるのはアルパカ牧場特集。

「みんなー、とりあえずご飯にしようよ! 小次郎とフィンは手伝って」
「私も手伝います」
「お手伝いできることがあればなんなりと!」
「パラケルススは座ってて」

アルパカまみれの奇妙な特異点に、不思議な縁のあるサーヴァント4人。誰もが今、マスターの次の決断を待っていた。


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:Fate/Grand Order お題:イギリス式の土 必須要素:大阪 制限時間:2時間 読者:19 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「イギリス式の土ィ?」「はい。なんでも、農法のことで揉めているらしく。ノーフォーク農法だとかなんとか」「ああ、土壌が砂質……まあ無人島であるからなあ」それにして 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
語らい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い恋 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:319字 お気に入り:0人
付喪神として意識を持ち始めた頃の俺は、周りの物事全てが珍しく輝いて見えた。あれは何、これは何と周りの付喪神に聞いて回った。周りの者たちは何でも聞く俺が面倒にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:21 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉