ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:929字 お気に入り:0人
[削除]

さむい

 埼玉以北には行かないと誓った日もあった。
 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロビーにたどり着きたい。そしたらフロントで氷をもらって、部屋に帰るのだ。
 ブンブンと振り回す袋の中のようかんぱんが潰れていないか気になる。これを楽しみにしているのは俺ではない。
 ああマシュ、かわいい妹分よ。
 やっと出歩けるようになったのだ。君がしたいことをなんでもしたい。縋る気持ちの願いに彼女はこう答えた。
「本当の北海道を楽しみたいです」
 それはいい。俺も行きたいと思っていたんだ。ありがとうマシュ、そうしよう。いつ行く? え、今? 12月だよマシュ? ねぇ。
 そりゃ俺たちはずっと南極にいたさ。もっと寒いさ。常人はいかないだろう寒暖差も乗り越えてきたさ。でもバカンスだったらもうちょっといいところに行きたかったなぁ。
 それでも行くとなりゃ気分は上がるもんだ。何をしようか、どこがいいだろうか。二人でガイドブックを観て、赤ペンでぐるぐる丸をかいた。土方さんにも見どころを聞いた。(んなもんねぇ、だって)
 成田空港を経由して、広がる大地に挨拶しに来たのだ。
 補正された地面に、電線が並び、まばらに人々、コンクリートの家々。
 車を借りてホテルを転々とし、観光地をみつつなにもないところを見学。
 ここが守ったところだよ。君が知らなかった現代の日本だよ。争いの少ないところ。
 マシュ、俺は君が傷つく原因なんてタンスの角で小指をぶつけるぐらいでいいんだ。
 マシュ、俺は君が喜んでくれるために生きていくと決めたんだよ。
 俺はひた走る。汗をかいたせいでむしろあつい。自慢の足はあの頃より衰えたかもしれない。走る必要がなくなったってのはいいもんだ。牙が抜かれていくようだと、誰かに言われた。素晴らしいことだ。
 もうすぐ旅の最終地点だ。そこには俺の祖父がいる。昔はほとんど会うこともなかった人。その人に会って、マシュを紹介して、俺はカルデアに帰る。ほとんど事務処理しかしなくなったところへ。
 じいちゃん。この人が俺の大切な人です。
 どんな時代でも守ってくれる、俺が守りたい人です。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:寿名子 ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:478字 お気に入り:0人
誰も自分を探すことはなく、誰を喰らうこともない暮らしは彼にとって酷く穏やかなものだった。召喚されたばかりのバーサーカーは、とかく部屋から出てくることがなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:吉戒 湖業(Yoshikai konari) ジャンル:Fate/Grand Order お題:悔しいカリスマ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:281字 お気に入り:0人
「ええい、我の周りをちょろちょろするな!五月蝿い上に目障りだ!」王族であり服従させることに長けたセミラミスも相手が子供とあっては、そのカリスマも効果が及ばないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏遠なつと ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と同性愛 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:712字 お気に入り:0人
煙草の臭いは好きじゃないけど、好きな人が吸うとときめくってあるしまゃない? エリちゃんの言葉に私はふと首を傾げた。「なにそれロビンのこと?」「はあ?」「エリちゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:消えた小説修行 制限時間:15分 読者:191 人 文字数:518字 お気に入り:1人
名筆と名高い作家とてその才を自覚し傲慢に怠れば筆も衰えようと言うもの。何より歪な球体の組織体が詰まった頭の中から創世の神秘が枯渇してしまえばそれは作家にとって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:胡散気な夏 ジャンル:Fate/Grand Order お題:緩やかな彼方 制限時間:15分 読者:173 人 文字数:335字 お気に入り:0人
陽が沈む夢みたいに柔らかい赤を見つめる仕草は、こうもただの人間なのに。人工灯の似合う楽園は眠ったまま夜になろうとしている。 亜種特異点と言えば最早耳に馴染む。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:Fate/Grand Order お題:秋の能力者 制限時間:15分 読者:250 人 文字数:380字 お気に入り:0人
響く鐘の音。茜色の空。端の方から薄紫が広がっている。 時計はまだ夕方。秋の夜長。夏を過ぎて、本日も少し早めに日が暮れる。「……あ、今5時か」 軽快な音色に紛れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。 ジャンル:Fate/Grand Order お題:わたしの好きな話 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:672字 お気に入り:0人
いつだったか。もうずいぶんと昔に戯れに漁ったデータの中に見つけた話。 とてもありふれた、一人の少女が運命の恋に落ちて、いろいろな困難にぶつかりながらも最終的に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。 ジャンル:Fate/Grand Order お題:これはペンですか?違うわ、それは神話 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:785字 お気に入り:0人
部屋を訪ねると、マシュは机に頬杖をついて何かを眺めていた。時折嬉しそうな笑いがこぼれている。 いったい何を見ているのだろうか。とても気になる。 マシュに気づか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。 ジャンル:Fate/Grand Order お題:反逆のぬめぬめ 制限時間:15分 読者:209 人 文字数:969字 お気に入り:0人
思えば戦う場所を考えればよかったのだ。身体中にまとまりつく泥を振り払いながら、思う。 狼みたいな敵を吹き飛ばしたところまではよかった。湿地帯だということも考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:Fate/Grand Order お題:光の銀行 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:776字 お気に入り:0人
※J&H(腐)、ある日のカルデアでの出来事。「善行は、貯金のようなものだよ」 カルデアに来てからも、度々思い出す言葉。善行は、後で自分を助けてくれるから。救った 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉