ジャンル:DD! お題:壊れかけのクリスマス 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1083字 お気に入り:0人

マクユリ ※未完

 少しだけ、気が早いけれど。メンテナンスで家を空ける前にクリスマスの飾りつけをしようと提案したのは私の方だった。
「良いね。今日は買い物する予定だったし、新しくできた雑貨屋も寄ってみようか」
 笑って答えてくれた彼女に、ああ私はやはり彼女のことが大好きだと再確認するのだ。そして二人そろって賑やかな通りを歩き、もこもことしたマフラーとセーターで着ぶくれたよちよち歩きの子供を見て笑い、目当ての買い物の前にと寄った雑貨店でサンタに出迎えられた。
「オフィスも、クリスマスの飾りつけするのかな」
「さあ、今までは特にやらなかったけどね。ああ、でもキリルあたりが提案するんじゃないかな」
「そうかも。好きそうだもんね」
 今年入ったふたりの新人、彼らのおかげでSEVEN-Oは随分と変わったと思う。勿論、今までが悪かった訳では無いのだ。デリックが居た頃も皆そつなく仕事をこなしていた。大きな問題が起こる事もなく、順調に日々を過ごして時折談笑して。
「本人が賑やかだし、好きだもんね。派手なやつ」
「うん。ツリーの星は自分が飾るんだって言いだしそう」
「あはは、言いそう」
 クリスマスに年末年始、警察組織としては犯罪の多発するこの時期がとても忙しい。長期休暇を利用して人の移動も活発になるので、容疑者を追うのだって大変になるのだ。けれど、若い彼はそんな疲れよりもみんなが楽しめることを、みんなと楽しく過ごせることを最優先にするのだろう。
「ケイはお菓子を焼いてきそうね。甘いのをたくさん」
「お菓子作り好きだもんね」
 沢山持ってきて、他のメンバーも沢山のお菓子を持ち寄って、そして半分以上は彼女の胃におさめられるのだろう。美味しそうに、そして嬉しそうにケーキを頬張る姿が想像できる。
「ねえ、マックス。これなんかどうかな?」
「スノードームか、良いね。部屋に飾ろう」
 大きくはないスノードームは、球面のガラスの中で雪が舞う。小さな小屋をバックにスノーマンと動物が楽しそうに火を囲むデザインだった。可愛いものが好きな彼女好みの、可愛らしいモチーフである。ガラスを見詰める彼女の笑顔が一層輝いたのを見て、嬉しくなった。心臓があれば鼓動が高鳴っていたことだろう。
「ユリ、今度のメンテナンスはどのくらいかかるの?」
「多分2,3日かかるとは聞いてるよ」
「そっか」
「私がいないと寂しい?」
「そりゃあ、寂しいよ。でも、戻って来た時は一番に抱きしめるから。それまでの辛抱だって言い聞かせる」
 ふたりの家に戻ってツリーを飾って。例年通りの飾りつけに、今年の新顔であるすのーd

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@DD!EXTRA無限ループの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:小説の扉 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1228字 お気に入り:0人
「あれ、これ誰の本だ?」「んー? ああ、それ俺のです。学校で友達に借りたやつなんだけど、そこ置きっぱなしだったか」「そっかぁ。これすごい良い話なんだよなぁ……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ダグキリ ※未完
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:でかい任務 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
普段は地道な捜査が多いこの特殊部署も、たまには大きい案件もある。例えばそれが以前あったような市長候補の人質誘拐事件だったり、エスペランサのアジト襲撃だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:軽い曲 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「そこのお嬢さん。リクエストは?」「えー俺ぇ? んーじゃあ何か明るいやつ! ぱーってハッピーになれそうなの! ていうか俺お嬢さんじゃねえよ」「了解です!」 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デリミラ ※未完
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「何が好き?」「将来の夢は?」「これからやりたい事は?」 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:意外!それは百合 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「ユリってさ、やっぱり百合の花が好きなのか?」「……名前に入っているから?」「うん。やっぱり名前に入ってるものって目につきやすいし、人からもよく貰ったりしない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:疲れたピアノ 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
ピアノの旋律が遠く聞こえる。人々のざわめきと、煌びやかなイルミネーションも建物の隙間から見えた。おそらく、どこかでクリスマスパーティーでも行われているのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:10の水たまり 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
昨夜遅くから降り始めた雨が今日の昼にようやく止んだ。とはいえ、空は分厚い雲に覆われたままで、ふたつの太陽からの光は弱く遠い。いや、ひとつはそもそも太陽ですらな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:恥ずかしい血痕 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
「ううーん……いや、でもなあ……」「おはようございま……どうしたの? デリックさん」「ああ、ミラ。おはよう」 いつも通りにバーの扉を開くと、店長は頭を抱えて唸っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:3月の虫 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
例えばこの少しばかり小さくて、誰よりも明るく輝くこの相棒が何の変哲もない人だったとしても。多くの人がそう誤解するように、ただ頭が悪いだけの人物だったとしても。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
鍵が壊れた話 ※未完
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:純粋な話 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
確か、世間話の一環だったのだ。いつものように客のいない店内で、他愛のない会話をしていた。そんな時間も自分は結構好きだし、穏やかな時間という物は悪くない。そんな 〈続きを読む〉