ジャンル:DD! お題:純粋な話 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:1490字 お気に入り:0人

鍵が壊れた話 ※未完

 確か、世間話の一環だったのだ。いつものように客のいない店内で、他愛のない会話をしていた。そんな時間も自分は結構好きだし、穏やかな時間という物は悪くない。そんな事を考えつつ、グラスを磨くミラとストックを確認して買い出しの必要な物を確認している最中だった。自分はそんなに器用な方じゃないけど、案外ものづくりは好きなんだと話していた時に言われたのだ。
「日曜大工とか?」
「うーん、そんな大層な物じゃないけどな。ちょっと買ってきた棚にペンキ塗ったりとか、ドアつけたりとかさ」
「へえ、私はそういうものづくりってやった事はないけど……あ、それじゃあ鍵ってつけられる?」
「え、鍵? まあ道具さえあれば……どこの鍵だ?」
 この時、アンティークな鍵の付いた小箱とか鍵付きの日記帳とかそんなものを想像していた。確かに、女の子ってああいう小さい鍵みたいなのついたデザイン好きだよなあなんて考えながら。
「玄関のドア」
「は?」
「あ、ごめん。やっぱり業者に頼んだ方が良いよね」
「いやいやいや、ちょっと待って。ミラ。玄関の、鍵? なんで?」
「ええっと、昨日帰ったら壊れてて」
「どこの鍵が?」
「いま住んでいる家の、玄関のドア」
「はあ?!」
 突然の大声にミラは驚いたようだ。それでもグラスは落とすことなく、戸棚へ仕舞われた。
「なんで壊れたんだ? 大丈夫なのか?」
「多分、空き巣? だと思うんだけど……昨日帰ったらドアに穴が空いてて。鍵とチェーンがある位置だったから、いま家のドアが閉まらなくて困ってるんだ。あ、服が少し無くなってただけであまり物は盗られてなかったんだけどね」
「困ってるって事は、そのドア……もしかして、まだそのままなのか?」
「うん」
「いや……え、それキリルとか警察に相談はしないのか?」
「ドアが壊れてるのは困ったけど、大したものが盗られた訳でもないし……ただ、ドアが勝手に空いてしまうのが困るなあって。お風呂上りに寒いから」
 正直に言って頭を抱えた。年頃の女の子が、そんな意識で良いのかいや良くない。傍から見ていて、キリルも純粋で世間知らずな面があるが、その姉であるミラも相当だ。この天然姉妹……いや姉弟か。よくぞここまで無事に生きて来られたものだと感心する。
「じゃあ、今日もその家に帰るつもりか?」
「うん。家はそこしかないし」
「ああ、まあ、だよなぁ……」
 こんな時、実の弟であるキリルに相談すれば部屋に泊めるくらいはするだろう。しかし彼はいま張り込み捜査中である。鍵は当然ながら家主である彼本人しか持っていない。現状部外者である彼女が張り込み場所まで行くことも不可能である。
「もう時間も遅いからホームセンターは明日にするとして……今日はうちに泊まらないか?」
「デリックさんの家?」
「ミラさえ良ければだけど……流石にそんな防犯が皆無な家に帰すっていうのは、元刑事としてちょっと見過ごせないからさ」
「私は助かるけど、でもそんなに困ってないよ? 寒いっていっても、すぐに服を着れば解決するし……」
 つまりバスルームから玄関が直通なのか。ひとり暮らし用のアパートとしては普通だが、押し入り強盗等の犯罪者に狙われがちでもある。鍵を壊したのは強盗目的だったのか、ミラ本人が目的なのか分からない以上何としてでも説得する必要があるだろう。
「俺の事が嫌な訳ではないんだな?」
「ええと、うん」
「じゃあ、決まりだな。明日は店を休みにして、ホームセンターへ行こう」
 首を傾げるミラを見下ろし、この子の身の安全は自分にかかっているのだと決意を新たにした。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@お原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:生きている顔 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1075字 お気に入り:0人
すべてが終わって、橋の真ん中で身を起こした時のことだ。今までの人生からは考えられない程、濃厚な時間を過ごして目覚めたのは三人ともほぼ同時だったと思う。「生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:少年の不動産 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1148字 お気に入り:0人
「へ? 家、出るの? この街から出て行くってこと?」「あーまあそうなるな」「なんで?」「学校が遠いんだよ。あの家からだと。電車の乗り換えも多いし、しょっちゅう遅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
テル律小噺 ※未完
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:mp100 お題:疲れたカップル 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1466字 お気に入り:0人
「…………結構、厄介でしたね」「そうだね。まさか、あそこでああも沢山出てくるとはねぇ……」 まさに疲労困憊、満身創痍といった具合だった。僕らふたりとも。「こんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:苦しみの男 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1469字 お気に入り:0人
「あ、この曲……」「切ないわよねぇ、誰だって好きな人の運命の人になりたいのに。それをこんなに綺麗に歌われちゃうとさ。傷心の時なんかは特に沁みるのよー……って、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:走るしきたり 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
日曜昼、吾妻橋をのんびりと歩いている最中の事だった。「走って!」「は?」 どこか懐かしいロングヘア―の一稀が、ハイヒールのまま走って来たと思ったらこちらの右手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊律 ※未完
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:mp100 お題:くだらないサイト 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1685字 お気に入り:0人
学校帰りの通学路で見知った詐欺師と遭遇したのも、それが7月2日の午後5時だったのも、ただの偶然でしかなかった。今日は従業員がみんな休みだとか、幸いにも依頼が来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:当たり前の誰か 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
当たり前の日常なんてもの、実は存在しないんだってことを知ったのは中学生の時だった。今度こそ大切にしたいと思った繋がりを失いかけたり、それでも手を伸ばしたり。結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:オレだよオレ、美術館 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:897字 お気に入り:0人
例えば知らない間に見知った店が閉店していたり、別の店に変わっていたり。建物ごと消えたり増えたり。それによって道路や街の景色さえ変わっていたり。時間が経つという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:暴かれた祝福 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:1194字 お気に入り:0人
良くも悪くも無関心であることは、幸福なのか不幸なのか。良かったのか悪かったのか。今となっては分からないけれど。それでも、この想いが漏洩したその後でも友人でいら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:ぐちゃぐちゃのコンサルタント 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1160字 お気に入り:0人
隣でスマートフォンの画面を無表情に眺め時折画面をタップするその指先を、見るともなしに眺める。先程までの笑顔が嘘のように、凪いだ瞳はまるで無機物のようだ。「久慈 〈続きを読む〉