ジャンル:DD! お題:純粋な話 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1490字 お気に入り:0人

鍵が壊れた話 ※未完

 確か、世間話の一環だったのだ。いつものように客のいない店内で、他愛のない会話をしていた。そんな時間も自分は結構好きだし、穏やかな時間という物は悪くない。そんな事を考えつつ、グラスを磨くミラとストックを確認して買い出しの必要な物を確認している最中だった。自分はそんなに器用な方じゃないけど、案外ものづくりは好きなんだと話していた時に言われたのだ。
「日曜大工とか?」
「うーん、そんな大層な物じゃないけどな。ちょっと買ってきた棚にペンキ塗ったりとか、ドアつけたりとかさ」
「へえ、私はそういうものづくりってやった事はないけど……あ、それじゃあ鍵ってつけられる?」
「え、鍵? まあ道具さえあれば……どこの鍵だ?」
 この時、アンティークな鍵の付いた小箱とか鍵付きの日記帳とかそんなものを想像していた。確かに、女の子ってああいう小さい鍵みたいなのついたデザイン好きだよなあなんて考えながら。
「玄関のドア」
「は?」
「あ、ごめん。やっぱり業者に頼んだ方が良いよね」
「いやいやいや、ちょっと待って。ミラ。玄関の、鍵? なんで?」
「ええっと、昨日帰ったら壊れてて」
「どこの鍵が?」
「いま住んでいる家の、玄関のドア」
「はあ?!」
 突然の大声にミラは驚いたようだ。それでもグラスは落とすことなく、戸棚へ仕舞われた。
「なんで壊れたんだ? 大丈夫なのか?」
「多分、空き巣? だと思うんだけど……昨日帰ったらドアに穴が空いてて。鍵とチェーンがある位置だったから、いま家のドアが閉まらなくて困ってるんだ。あ、服が少し無くなってただけであまり物は盗られてなかったんだけどね」
「困ってるって事は、そのドア……もしかして、まだそのままなのか?」
「うん」
「いや……え、それキリルとか警察に相談はしないのか?」
「ドアが壊れてるのは困ったけど、大したものが盗られた訳でもないし……ただ、ドアが勝手に空いてしまうのが困るなあって。お風呂上りに寒いから」
 正直に言って頭を抱えた。年頃の女の子が、そんな意識で良いのかいや良くない。傍から見ていて、キリルも純粋で世間知らずな面があるが、その姉であるミラも相当だ。この天然姉妹……いや姉弟か。よくぞここまで無事に生きて来られたものだと感心する。
「じゃあ、今日もその家に帰るつもりか?」
「うん。家はそこしかないし」
「ああ、まあ、だよなぁ……」
 こんな時、実の弟であるキリルに相談すれば部屋に泊めるくらいはするだろう。しかし彼はいま張り込み捜査中である。鍵は当然ながら家主である彼本人しか持っていない。現状部外者である彼女が張り込み場所まで行くことも不可能である。
「もう時間も遅いからホームセンターは明日にするとして……今日はうちに泊まらないか?」
「デリックさんの家?」
「ミラさえ良ければだけど……流石にそんな防犯が皆無な家に帰すっていうのは、元刑事としてちょっと見過ごせないからさ」
「私は助かるけど、でもそんなに困ってないよ? 寒いっていっても、すぐに服を着れば解決するし……」
 つまりバスルームから玄関が直通なのか。ひとり暮らし用のアパートとしては普通だが、押し入り強盗等の犯罪者に狙われがちでもある。鍵を壊したのは強盗目的だったのか、ミラ本人が目的なのか分からない以上何としてでも説得する必要があるだろう。
「俺の事が嫌な訳ではないんだな?」
「ええと、うん」
「じゃあ、決まりだな。明日は店を休みにして、ホームセンターへ行こう」
 首を傾げるミラを見下ろし、この子の身の安全は自分にかかっているのだと決意を新たにした。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@DD!EXTRA無限ループの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:小説の扉 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1228字 お気に入り:0人
「あれ、これ誰の本だ?」「んー? ああ、それ俺のです。学校で友達に借りたやつなんだけど、そこ置きっぱなしだったか」「そっかぁ。これすごい良い話なんだよなぁ……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ダグキリ ※未完
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:でかい任務 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
普段は地道な捜査が多いこの特殊部署も、たまには大きい案件もある。例えばそれが以前あったような市長候補の人質誘拐事件だったり、エスペランサのアジト襲撃だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:軽い曲 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「そこのお嬢さん。リクエストは?」「えー俺ぇ? んーじゃあ何か明るいやつ! ぱーってハッピーになれそうなの! ていうか俺お嬢さんじゃねえよ」「了解です!」 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デリミラ ※未完
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「何が好き?」「将来の夢は?」「これからやりたい事は?」 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:意外!それは百合 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「ユリってさ、やっぱり百合の花が好きなのか?」「……名前に入っているから?」「うん。やっぱり名前に入ってるものって目につきやすいし、人からもよく貰ったりしない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:疲れたピアノ 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
ピアノの旋律が遠く聞こえる。人々のざわめきと、煌びやかなイルミネーションも建物の隙間から見えた。おそらく、どこかでクリスマスパーティーでも行われているのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:10の水たまり 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
昨夜遅くから降り始めた雨が今日の昼にようやく止んだ。とはいえ、空は分厚い雲に覆われたままで、ふたつの太陽からの光は弱く遠い。いや、ひとつはそもそも太陽ですらな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:恥ずかしい血痕 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
「ううーん……いや、でもなあ……」「おはようございま……どうしたの? デリックさん」「ああ、ミラ。おはよう」 いつも通りにバーの扉を開くと、店長は頭を抱えて唸っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:3月の虫 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
例えばこの少しばかり小さくて、誰よりも明るく輝くこの相棒が何の変哲もない人だったとしても。多くの人がそう誤解するように、ただ頭が悪いだけの人物だったとしても。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
鍵が壊れた話 ※未完
作者:ろと@DD!EXTRA無限ループ ジャンル:DD! お題:純粋な話 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
確か、世間話の一環だったのだ。いつものように客のいない店内で、他愛のない会話をしていた。そんな時間も自分は結構好きだし、穏やかな時間という物は悪くない。そんな 〈続きを読む〉