ジャンル:DD! お題:3月の虫 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:1076字 お気に入り:0人

この愛を銃声よりも高らかに響かせて

 例えばこの少しばかり小さくて、誰よりも明るく輝くこの相棒が何の変哲もない人だったとしても。多くの人がそう誤解するように、ただ頭が悪いだけの人物だったとしても。それでも彼が彼である以上は、それ以外になにも要らないのだ。
 例えば彼がこの世界を救う核だったとして。自分の望みである貧困と格差をなくすには、彼の存在が世界に捧げられればそれが叶えられるのだとしたら。それでもやはり自分にとって彼は必要不可欠で、求めずにはいられないのだ。
「お前は最高のパートナーだよ、キリル」
 その言葉を声に出して伝えられたら、運命はどう変わるのだろうか。誰もが彼に惹かれ、彼の肉体、頭脳、美貌、その細胞のひとつに至るまでを多くの者が求めて手を伸ばすような現状で。純粋で優しいが故に御しやすい彼を、誰かが手中におさめてしまうことはきっと容易い。
「ヴルーベリ巡査には、悪い虫がつきやすそうだな」
「はあ? なんだそれ。虫の季節じゃないだろ今」
「うん。そうなんだけど。まあ、なんていうかさ」
 いつだったか、そんな会話をしたのだ。彼は終始納得いかないような、理解しきれていない表情を浮かべていたが。春を待つ虫が、あたたかな光に誘われて外へ出るように。彼の存在そのものが春の到来だと思い込んで近寄ろうとする人間は後を絶たないのだろう。自分もそのひとりであるが故に、簡単に想像ができてしまう。
 けれど、自分は彼を選んで彼は自分を選んだ。ダブルデッカーシステムに便乗した形ではあるものの、多分お互いが引力のように惹かれ合ったのだ。結果的に、お互いが唯一無二のパートナーになったのだからもうこれから先の人生において彼の手を誰かがとることはできない。させはしない。どんな人間にも、人間離れした者にも、どれだけ彼を愛そうとも。彼に愛されるのはこの世でただ一人、自分だけいれば充分だ。
「さて、迎えにいきますか」
 タイミングを見計らい、施設へと足を踏み入れた。計画通りに事が進むかどうかは今の時点では分からない。けれど、彼が自分を救い出してくれたように。今度は自分が彼を救い出すのだ。自分にとってのヒーローである彼に似合いの相棒であり、胸を張って彼のヒーローとなるために。そして、もう二度と手放せはしない彼を再び手の届く場所に繋ぎ止めるために。そして、多くの人に愛されている彼を誰より愛しているのが自分のだとあらためて主張するために。見苦しいこの嫉妬心を彼は笑うだろうか、それとも照れるのか。まだ伝えきれていないこの想いを伝えた時の反応を想像し、銃撃と爆発音をBGMに小さく笑った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@お原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:苦しみの男 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1469字 お気に入り:0人
「あ、この曲……」「切ないわよねぇ、誰だって好きな人の運命の人になりたいのに。それをこんなに綺麗に歌われちゃうとさ。傷心の時なんかは特に沁みるのよー……って、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:走るしきたり 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
日曜昼、吾妻橋をのんびりと歩いている最中の事だった。「走って!」「は?」 どこか懐かしいロングヘア―の一稀が、ハイヒールのまま走って来たと思ったらこちらの右手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊律 ※未完
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:mp100 お題:くだらないサイト 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1685字 お気に入り:0人
学校帰りの通学路で見知った詐欺師と遭遇したのも、それが7月2日の午後5時だったのも、ただの偶然でしかなかった。今日は従業員がみんな休みだとか、幸いにも依頼が来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:当たり前の誰か 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
当たり前の日常なんてもの、実は存在しないんだってことを知ったのは中学生の時だった。今度こそ大切にしたいと思った繋がりを失いかけたり、それでも手を伸ばしたり。結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:オレだよオレ、美術館 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:897字 お気に入り:0人
例えば知らない間に見知った店が閉店していたり、別の店に変わっていたり。建物ごと消えたり増えたり。それによって道路や街の景色さえ変わっていたり。時間が経つという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:暴かれた祝福 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1194字 お気に入り:0人
良くも悪くも無関心であることは、幸福なのか不幸なのか。良かったのか悪かったのか。今となっては分からないけれど。それでも、この想いが漏洩したその後でも友人でいら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:ぐちゃぐちゃのコンサルタント 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1160字 お気に入り:0人
隣でスマートフォンの画面を無表情に眺め時折画面をタップするその指先を、見るともなしに眺める。先程までの笑顔が嘘のように、凪いだ瞳はまるで無機物のようだ。「久慈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:今日のゲストはクリスマス 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1149字 お気に入り:0人
『それでは! ここで一曲挟んでからお待ちかねのゲストが登場です! なんと、今日のゲストは……クリスマスといえば、この人なあのお方が登場です! お楽しみにぃ! で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:混沌の町 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:873字 お気に入り:0人
窓から見えるふたつの太陽が沈んでいき、夕日の赤色に夜の色が混じり始める時間帯。インクを幾つも混ぜ込んだような複雑な色合いの空が、存外に好きだった。「お客さん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:ワイルドなフォロワー 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
「取材、ですか?」「ええ、『街中で見付けた絶世の美女!』って特集なんですけどね。噂の美人店員を密着取材させて頂きたくって。いかがです? 全国放送なんで、良い宣伝 〈続きを読む〉