ジャンル:キルミーベイベー お題:贖罪の蟻 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1116字 お気に入り:0人

ごめんね、ソーニャちゃん

嗚呼、私はやってしまった。
やってしまったのだ。
赤黒い血液に汚れた、自らの両手を見る。
どうして、どうしてこんなことをしてしまったのだろう。
目の前に倒れているのは、あの金髪の少女だ。
私のかつての友達。私の大切な友達だったもの。
それが、どうして、どうして?
記憶を遡る。
それは、つい数分前の事だった。
物静かな、誰もいない教室の中、彼女はわたしに言ったのだ。

「ごめん、やすな。」

「………急に組織から連絡が来て、来週、ロシアに帰ることになったんだ。」

「え…?」

頭が真っ白になった。ソーニャちゃんが帰る?ロシアに?私を置いて?
そんな。

「待ってよソーニャちゃん、ソーニャちゃんが居なかったら、私…」
「本当にごめん。こればっかりはどうしようもないんだ。」
「なんでよ…」
「なんでよ!!」
耳に届いていた音が、一気に歪むのを感じた。同時に、とてつもない吐き気が襲った。
キーンと続く耳鳴りは、さらにそれを酷くさせ、私は何も理解出来ぬまま、彼女のポケットに入っていたナイフを手に取った。
「やすな…?」
「ソーニャちゃんがいなかったら、私、私…っ!」
「やめろ、おい!」
「私、何にもできないよ!!なんで私を置いていこうとするの!?酷いよ、酷いよソーニャちゃん!」
「やすな、落ち着け…!私はそんなこと、」
「ソーニャちゃんなんて友達じゃない!組織の人に、組織の人に日本に残るってはっきり言えばよかったのに!私、1人になったら何にもできないの知ってるでしょ!?酷いよ!!!」
「やすな…!」
ソーニャちゃんの悲しそうな目が、私に向けられる。私は頭に血が上って、涙を流して、自分のことしか考えられないまま、ナイフを。
「ソーニャちゃんの馬鹿っ!!!!!」
彼女の胸に刺したんだ。

「ああ、あああ、…!!」
夕暮れが私を照らす。今思うと私はなんて馬鹿なことを。
自分でも、ソーニャちゃんがいなければ何も出来ないって分かっていたはずなのに。
突然、耳鳴りが消える。
全てを包み込むように、温かい夕焼けが私を照らし続ける。
私はぎゅう、と、自らの拳を握り、瞳を閉じた。
ソーニャちゃんがいなければ何も出来ない。何も。生きることすら出来ないんだ、私は。
それなら。
自らの手を夕焼けに伸ばす。
その姿は、ああまさに。
「贖罪の、蟻……なんちゃって。」
私は、先程手放した血塗れのナイフをもう一度握った。
そして、さっきと同じように、胸に突き立てた。
ソーニャちゃんのではなく、自分の胸に。
ソーニャちゃん、ごめんね。
こうすれば、許してくれるかな。
また会えるかな。
ごめんね。
ありがとう。
今、行くから。

終わり

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
突然の別れ ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:冬の洞窟 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:595字 お気に入り:0人
「なんだか、眠くなってきちゃった……」「おいやすな!しっかりしろ!寝るなやすな!!!」この数時間で、やすなの体温と血液はすっかり逃げてしまった。ことのきっかけは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:緩やかな計算 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:441字 お気に入り:0人
「ただいま……まぁ寝てるよな」最初からそのつもりでそっとドアを開け、足音を抑えてリビングに向かう。案の定やすなはソファで寝息を立てていた。「よっ、と……」自分を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:小さな孤島 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:673字 お気に入り:0人
殺し屋という生き物は、大抵そういう人間の手によって『殺し屋』として生まれ変わる。では、殺し屋という生き物は、どう終わるのか。「悪いな、まだ終わりたくないんだ」背 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:美しい夕飯 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:603字 お気に入り:0人
扉の向こうに気配がある。ずっと待っていたのか。「おかえり、ソーニャちゃん!」「ただいま、遅くなって悪い」玄関には正座したやすな。しばらく待っていたみたいで、立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
7歳 ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:都会の姉妹 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:434字 お気に入り:0人
「姉さん!しっかりしてくれ姉さん!!!」悲痛な叫びを宵闇が掻き消す。みすぼらしい身形の、金髪碧眼の少女が二人。短髪の方が申し訳程度に敷かれた新聞紙の上に横たわっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東大池田講堂@コミティア127 ジャンル:キルミーベイベー お題:素晴らしい外資系企業 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:568字 お気に入り:0人
薄暗い部屋の中、私の傍らには跪いた一人の人間がいた。オレンジ色のツナギに身を包み、その頭には布袋を被せられている。「目標の確保には成功した。ヘリはまだか」 地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの、と彼は言った 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:445字 お気に入り:0人
出ていけ。死んだ方がマシだ。この家から消えろ。体も心も痛めつけられて、私と母は帰る場所を失くした。母は必死に入れてくれと訴えていた。私は、酒に取り憑かれた男とそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:フハハハハ!それは就職 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:462字 お気に入り:1人
ソーニャちゃん、私やっぱり無理だったよ。今日ね、久しぶりに面接を受けてくれる会社に行ったんだ。私、ちゃんと書類選考も通ったんだって。でもね。「率直に言わせてもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこいい雲 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:500字 お気に入り:0人
「ね、ソーニャちゃん」「……なんだよ」春の日。いつかの土手の緑に身を投げて。「あの雲さ、ソーニャちゃんみたいじゃない?」「どれだよ」何をするでもなく、空を見上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:最弱の狙撃手 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:533字 お気に入り:0人
ぱふん一兵卒の頭が鮮やかな華を咲かせる。周りの兵士達は慌てふためいた様子で姿勢を低くした。ぱふんかしゃりぱふんかしゃり一人、二人、三人四人とその頭、胴、足が真っ 〈続きを読む〉

しゅりゐんぷの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの風 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
私は今、彼女を強く憎んでいる。彼女とは、そう。数年前、私が雇ったメイド、やすなのことだ。「やすな……どういうつもりだ。」桃色のメイド服で身を包んだ彼女は、微かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:贖罪の蟻 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
嗚呼、私はやってしまった。やってしまったのだ。赤黒い血液に汚れた、自らの両手を見る。どうして、どうしてこんなことをしてしまったのだろう。目の前に倒れているのは、 〈続きを読む〉