ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1252字 お気に入り:0人

デリミラ ※未完

「何が好き?」
「将来の夢は?」
「これからやりたい事は?」
 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良くなろうと考えての事だったのだろう。それらの質問に対する答えを持ち合わせていない自分は、いつも曖昧に笑って誤魔化すばかりだった。
「なあ、ミラ。好きなものとかやりたい事ってないのか?」
「どうして?」
「いや、俺としてはこのままずっとここに居て欲しいけど……ミラはそれで良いのかって思って……」
「私は好きでここに居るんだよ、デリックさん」
 時折、彼は何か不安を抱えるのだろう。曖昧に笑う癖がついてしまった自分では、表情でも言葉でも彼の不安を拭えないのが少々悔しい。性別や素性を隠した事以外に、彼への隠し事や嘘なんてひとつもないのに。
「好きな物はね、ブルーベリーだったよ。このピアスも、気に入っているんだ」
「ああ、いつもつけてるもんな」
「だけどね、それ以外は何も無いの」
 肌寒いこの季節、夜の営業では酒類だけでなくスープもよく売れる。昼と夜の間の休み時間である今は、スープの仕込みが佳境だ。グラスを拭くデリックの方ではなくスープの鍋に視線を向けながら言葉を重ねた。
「キリルの事は、唯一の家族だし愛してるよ。ブルーベリーが好きなのも、家族としての繋がりだったからなんて理由もあるんだ。でもね、私が持っているのはそれだけ。夢も、未来も……考えた事がなかったから分からないんだよ。だけどね」
 塩と胡椒で味を調えて、最後にひと混ぜ。スープの方はこれで充分だ。次はソースの仕込みである。
「本当はずっと、帰る場所が欲しかったんだ」
 刻んだ玉ねぎをソースパンで炒め、色が変わるタイミングでトマトを投入する。少しばかり煮たってくるまで弱火で混ぜる必要があるが、それもすぐに終わるだろう。
「だから、欲しかったものはもう————」
「ミラ!」
 丁度火を止めて蓋をしたタイミングで、デリックに抱きすくめられた。彼の胸板に顔が埋まっているので見えないが、鼻をすする音と時折落ちてくる水滴で彼が泣いている事が分かる。
「絶対、幸せにするから」
「デリックさんには沢山幸せを貰ってるよ」
 もうすぐディナータイムの開始時間なうえに、午後シフトのガスがもうすぐ出勤してくるだろう。号泣する店長がもう一人の従業員を抱き締めているこの状況を目撃するであろう彼の困惑は想像に難くない。
「あ、やりたい事。ひとつだけあった」
「うん?」
「今度は私が、デリックさんを幸せにしたいな」
 背中に回した腕は、彼よりもずっと細い。それに、彼はこんなにも優しくて魅力的なのだ。自分が何もせずとも、むしろ自分が居ない方が恋人なり見付ける事も容易いだろう。それでも、彼から貰った沢山の幸福と愛情を返さずにはいられない。腕に力をこめれば分かり易く硬直した彼の頬にキスをひとつのせて、彼から離れた。
「この続きは、また夜に」
 笑って告げて、「おはようございます」の声T

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@EX2話最高オブ最高の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:混沌の町 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:873字 お気に入り:0人
窓から見えるふたつの太陽が沈んでいき、夕日の赤色に夜の色が混じり始める時間帯。インクを幾つも混ぜ込んだような複雑な色合いの空が、存外に好きだった。「お客さん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:ワイルドなフォロワー 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
「取材、ですか?」「ええ、『街中で見付けた絶世の美女!』って特集なんですけどね。噂の美人店員を密着取材させて頂きたくって。いかがです? 全国放送なんで、良い宣伝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:謎の税理士 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:698字 お気に入り:0人
「で、だ。所轄からの報告によると、この事件の黒幕がこの男だったらしい。どこかから入手した薬品を横流しして金銭を得ていたが、今回コイツの顧客が別件で捕まった。未使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:小説の扉 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1228字 お気に入り:0人
「あれ、これ誰の本だ?」「んー? ああ、それ俺のです。学校で友達に借りたやつなんだけど、そこ置きっぱなしだったか」「そっかぁ。これすごい良い話なんだよなぁ……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ダグキリ ※未完
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:でかい任務 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
普段は地道な捜査が多いこの特殊部署も、たまには大きい案件もある。例えばそれが以前あったような市長候補の人質誘拐事件だったり、エスペランサのアジト襲撃だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:軽い曲 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「そこのお嬢さん。リクエストは?」「えー俺ぇ? んーじゃあ何か明るいやつ! ぱーってハッピーになれそうなの! ていうか俺お嬢さんじゃねえよ」「了解です!」 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デリミラ ※未完
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「何が好き?」「将来の夢は?」「これからやりたい事は?」 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:意外!それは百合 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1188字 お気に入り:1人
「ユリってさ、やっぱり百合の花が好きなのか?」「……名前に入っているから?」「うん。やっぱり名前に入ってるものって目につきやすいし、人からもよく貰ったりしない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:疲れたピアノ 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
ピアノの旋律が遠く聞こえる。人々のざわめきと、煌びやかなイルミネーションも建物の隙間から見えた。おそらく、どこかでクリスマスパーティーでも行われているのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@EX2話最高オブ最高 ジャンル:DD! お題:10の水たまり 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
昨夜遅くから降り始めた雨が今日の昼にようやく止んだ。とはいえ、空は分厚い雲に覆われたままで、ふたつの太陽からの光は弱く遠い。いや、ひとつはそもそも太陽ですらな 〈続きを読む〉