ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの風 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:1116字 お気に入り:0人

私は今、彼女を。【二次創作】【オチなし】

私は今、彼女を強く憎んでいる。
彼女とは、そう。
数年前、私が雇ったメイド、やすなのことだ。
「やすな……どういうつもりだ。」
桃色のメイド服で身を包んだ彼女は、微かに微笑み、光の抜けた瞳を私に向けたまま、ふふふと声を小さく上げた。
「どういうつもりも何も、私はご主人様のご命令のままに、仕事をしているだけですよ。」
彼女が私に向けているのは、薄暗い瞳だけではなく、
「命令…?私は、主人に包丁を向けろなんてそんな命令、したつもりは無いぞ。」
料理に使う、銀色の包丁であった。
「いいえ、私はそんな命令を承ったわけではありません。」
「じゃあ一体…、」
「ご主人様は、仰いましたよね。もし邪魔者を館内に見つけたら、即座に始末しろと。」
「邪魔者…?この私が、邪魔者だというのか。」
私は聞き返した。
かつて彼女は、私に忠誠を誓い、逆らったことなど無いはずなのに……それなのに私を邪魔者と見なすなんてそんなこと、信じられないからだ。
するとやすなは続けた。
「いいえ、ご主人様ではありません。」
「ご主人様のそのお身体が、邪魔だと申しているのです。」
彼女はそう告げると、その包丁を手に持ったまま、一歩一歩、わたしに近づいてきた。
こんなことはしたくなかったが、仕方ない。
私は自らのポケットから、拳銃を手に取り、彼女に向けた。
「やすな……。私の身体が邪魔者とは、どういう事だ。」
「そのままの意味ですよ。ご主人様にお身体がある限り、必ずご主人様との別れに直面しなくてはならない。だから。」

「今ここでご主人様のお身体を始末し、魂だけの存在になって頂くのです。」

その瞬間、私は確信した。
彼女は狂っているのだ、と。




ーーーーーー





私は今、彼女を強く愛している。
彼女とは、そう。
数年前、私を雇って下さったご主人様、ソーニャのことだ。
私は、私は拾われたその瞬間から、強く強く彼女を愛している。
いずれ自然に来るであろう別れを惜しみ、恐れ、今ここで彼女のお身体を自らの手で始末しようとするほど。
彼女を、ずっと愛しているのだ。
けれど、きっとご主人様は、私を愛してなんていないだろう。
きっとご主人様は私とは正反対に、今、強く強く私を憎んでいるのだろう。
分かり切ってる。そんなこと。
けれど私はそれ以上に、きっと、いや絶対、ご主人様を愛しているから。
だから。

「今ここでご主人様のお身体を始末し、魂だけの存在になって頂くのです。」

窓から冷たい風が吹く。
この部屋にはきっと、ご主人様の憎しみと、私の愛が混じりあった切ない風が、吹き乱れているんだろう。

愛と憎しみの風が。

きっと今、この部屋に。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
突然の別れ ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:冬の洞窟 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:595字 お気に入り:0人
「なんだか、眠くなってきちゃった……」「おいやすな!しっかりしろ!寝るなやすな!!!」この数時間で、やすなの体温と血液はすっかり逃げてしまった。ことのきっかけは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:緩やかな計算 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:441字 お気に入り:0人
「ただいま……まぁ寝てるよな」最初からそのつもりでそっとドアを開け、足音を抑えてリビングに向かう。案の定やすなはソファで寝息を立てていた。「よっ、と……」自分を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:小さな孤島 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:673字 お気に入り:0人
殺し屋という生き物は、大抵そういう人間の手によって『殺し屋』として生まれ変わる。では、殺し屋という生き物は、どう終わるのか。「悪いな、まだ終わりたくないんだ」背 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:美しい夕飯 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:603字 お気に入り:0人
扉の向こうに気配がある。ずっと待っていたのか。「おかえり、ソーニャちゃん!」「ただいま、遅くなって悪い」玄関には正座したやすな。しばらく待っていたみたいで、立ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
7歳 ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:都会の姉妹 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:434字 お気に入り:0人
「姉さん!しっかりしてくれ姉さん!!!」悲痛な叫びを宵闇が掻き消す。みすぼらしい身形の、金髪碧眼の少女が二人。短髪の方が申し訳程度に敷かれた新聞紙の上に横たわっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東大池田講堂@コミティア127 ジャンル:キルミーベイベー お題:素晴らしい外資系企業 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:568字 お気に入り:0人
薄暗い部屋の中、私の傍らには跪いた一人の人間がいた。オレンジ色のツナギに身を包み、その頭には布袋を被せられている。「目標の確保には成功した。ヘリはまだか」 地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの、と彼は言った 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:445字 お気に入り:0人
出ていけ。死んだ方がマシだ。この家から消えろ。体も心も痛めつけられて、私と母は帰る場所を失くした。母は必死に入れてくれと訴えていた。私は、酒に取り憑かれた男とそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:フハハハハ!それは就職 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:462字 お気に入り:1人
ソーニャちゃん、私やっぱり無理だったよ。今日ね、久しぶりに面接を受けてくれる会社に行ったんだ。私、ちゃんと書類選考も通ったんだって。でもね。「率直に言わせてもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこいい雲 制限時間:15分 読者:89 人 文字数:500字 お気に入り:0人
「ね、ソーニャちゃん」「……なんだよ」春の日。いつかの土手の緑に身を投げて。「あの雲さ、ソーニャちゃんみたいじゃない?」「どれだよ」何をするでもなく、空を見上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:最弱の狙撃手 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:533字 お気に入り:0人
ぱふん一兵卒の頭が鮮やかな華を咲かせる。周りの兵士達は慌てふためいた様子で姿勢を低くした。ぱふんかしゃりぱふんかしゃり一人、二人、三人四人とその頭、胴、足が真っ 〈続きを読む〉

しゅりゐんぷの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの風 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
私は今、彼女を強く憎んでいる。彼女とは、そう。数年前、私が雇ったメイド、やすなのことだ。「やすな……どういうつもりだ。」桃色のメイド服で身を包んだ彼女は、微かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:贖罪の蟻 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
嗚呼、私はやってしまった。やってしまったのだ。赤黒い血液に汚れた、自らの両手を見る。どうして、どうしてこんなことをしてしまったのだろう。目の前に倒れているのは、 〈続きを読む〉