ジャンル:カルジュナ お題:団地妻のオチ 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1370字 お気に入り:0人

【カルジュナ♀】死亡フラグが折れました!

さて、カルナは今日も今日とてアルジュナと共に登校する。アルジュナとカルナは文系理系クラスで正反対に位置しているとはいえ、同様の特別進学コースに在籍しており、なおかつ幼馴染として十数年を共に過ごした仲である。アルジュナが例えカルナをただの幼馴染としてしか認識していなくとも、年頃の娘を独りで登下校させるよりも良いだろう、とアルジュナの両親も頷いていた。もちろん、カルナがそこにつけ込んでいることもお忘れなく。
カルナがアルジュナに恋心を抱いたのはいつだったか。ヒマワリ畑で眩しそうに笑った時だったか、それとも色の薄く細い自分をからかう同年代の男子たちに食って掛かっていた時だったか、それともそいつらを捕まえてとっちめたときのアルジュナの笑みだったのか。カルナはもう覚えてはいない。ただ、胸に育ったその花を潰そうなどとは、これっぽっちも思っていなかった。
そして出来ることならば、アルジュナの笑みを、視線を、独り占めしたいと思う。
カルナはそのために、アルジュナの彼氏になりたかった。
これまでアルジュナとて浮いた噂が無かったわけではない。そのたびにカルナは西へ東へ奔走した。
西で似合いの部長があれば、おもむき弓で勝負をし。
東で近惣する男があれば、勉学の勇知にて叩きのめし。
そうしてカルナはアルジュナに近付く輩を切っては捨て、斬っては捨て。どちらかというと、殺虫剤を草むらに撒いているような気分だった。

しかしその甲斐あってか、アルジュナは未だ男を知らぬ生娘である。これはカルナの一種の信仰ではあるのだが、これがまったくもって正しいことだけはまさにここで明言しておこう。

「しかしカルナ、忘れ物はしていないだろうな」
「無論だ」

今日は珍しく合同授業があるため、アルジュナからカルナに話しかけてきた。カルナときたら、必要物品を忘れたり壊したり落としたりすることで有名なのだ。その度にアルジュナに借りに行っているところから、わざとなのでは?という疑問も持ちあがったくらいなのだが、あまりにカルナがその度にがっくりと肩を落としているため、皆、「あぁ、わざとではないのだな」と納得してしまった。
合同授業は三・四時限目。調理実習の授業である。今日は簡単にと、鳥肉の竜田揚げ。そこに汁物と副菜は好きなものを各実行班で蹴ってしてレポートにするものだ。勿論、栄養素が考えられているかなど、授業の内容をふまえていればいるほど点数も上がる。
アルジュナは授業が始まってから、野菜の皮むきをもくもくとしたり、友人たちに味付けの指導をしていた。
その指先が自身の唇によせられることを夢想して、カルナははっとした。これぞ、日本出身の友人たちが行っていた、「俺のために毎日味噌汁を作って欲しい」と告げる場面ではなかろうか。

カルナは一歩踏み出す。隣の班であったアルジュナが顔を上げ、眼を見開き――カルナの背後を見た。

「ギャーッッ!火柱がーーっ!」
「大変だカルナのエプロンに燃え移ったぞーー!」

日本式の味噌汁戦法はスプリンクラーの水滴と共に流れ、阿鼻叫喚のクラスに吸い込まれていく。
解せぬ、としかめっ面をしたカルナの頭上に、一層大きな水滴が落ちてきたので、まるで、からかわれているような気持になりながら、カルナはひとつ、くしゃみをしたのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉