ジャンル:炎の蜃気楼 お題:どうあがいてもハゲ 必須要素:お湯 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:2068字 お気に入り:0人
[削除]

オレとゲーハーと上杉さん ※未完

 ある日、オレにハゲが出来た。どういう事だ、オレまだ若造なのに若者なのに!
「くっそ……」
 分かってる……どう考えても、あいつの所為だ……オレのストレスのもと、ゲーハー製造機……


「なーおーえーーーーーーーーーーーーーー!」


「あ、高耶さ……ぐはあ! ちょッ、何しやがるんですかあなたは!」
「しねー!」
「いややめて、マジで死ぬからヘッドロック」
「だからコロす」
「ぐぬぬ……しかたない……直江チョーップ!」
「あ痛ッ」
「ふう……しぬ所だった……で?高耶さん、この暴挙に及んだ理由、訊かせてもらいましょうかねえ」
 まずい、形勢逆転だ……しかたない、ここは素直に……
「やいやい直江!これを見やがれ!」
 開き直ったハゲ、いやいや、換生者に怖いものはない。ここはひとつ、不肖の手下に反省をしてもらおう。
「はい?なんんですか?」
「だから!これだ!」
 だからオレは、高等部をずずい!と、不肖すぎる手下に突き出してやった。
「ん?なんですかこの……ドット?」

 ドットーーーーーーーーーーー?!?!?!

「ドットじゃねーーーーーーーーー!可愛いじゃねえかそれーーーーー!」
 思わす結んでしまった印に、直江の野郎は大慌てだ。
「いやだからそれ!シャレにならんですから!」
「だったらちゃんと見ろ手下その1!」
「手下……まあ、ある意味そうですけどね……実際言われると腹立つなあ……ん?んんんんんんん?!」
 頭部の上の方で、息を飲む気配が伝わってくる……バカめ……今頃気付きやがって……
「高耶さん……景虎さま……」
「うおっと」
 脇の下に入れた両手で、オレはひょいっと立ち上がらせられてしまう。そして、今度は肩にぽん、と。
「高耶さん……」
「……」
 気付いて欲しかったのだが、こんな風に、しかも不肖の手下に哀れみの目で見られると、オレの景虎さまとしての矜持がしくしく泣き出してしまうではないか。
「この若さで……嗚呼……可哀想に……」
「ひッ」
 突然抱き締められたらそりゃあ、驚くってもんだ。しかもそっとそっと、壊れ物でも抱っこするみたいに。これじゃあまるで……
「な、おえ……?」
 思わす声が上ずってしまう。そんなオレをどう思ったのか、直江が顔を包み込んできやがった。
「高耶さん」
「ひょッ」
 近い近い!ドアップ!」
「……この時代、化学も医学も発達しています……あなたのその……ドットなんて、俺が直ぐに!直ぐになんとかしますから!」
「……あーもードットでいいよ……」
 この瞬間、オレのゲーハーは可愛いドットとなり替わったらしいぞ。
 あれ?オレこの手下その1、直江信綱をシメるために晒したんじゃなかったっけ?このドット…じゃねえ!ゲーハー発生の責任追及で。なのに、なんなのこの展開?
 「では行きましょう、早速、さあさあ」
「ちょッ、」
 何故か謎の張り切りを見せている直江は、オレの腕をぐいぐい引っ張ってくる。すげえ力だバカ力。さすがオレの手下……いやいや、今はそれどころじゃねえぞオレ。こいつ、何する気だよ怖ええよ。
「こっちこっち」
「お、おう」
 そこでオレは気付くのだ。この、空気を読まないゴーイングマイウエイ!そうだよ!このせいでオレにストレスが!ゲーハーが!
「はいはい、こっちこっち」
「ぐぬぬぬ…」
 赦せん、信綱・直江。ここはこのオレ、景虎さまの正義の鉄拳、必殺調伏で……




 バッサー




「…………………………………………」





 バッサー






「…………………………………………」







 バッサー








「……………………………………ち、がーーーーーーーーーーう!」

「おっと、高耶さん?」
 オレが吠えると、直江のやつは目を丸くした。
「どうかしたんですか?そんな、発情期のマントドリルみたいな声出して」
「誰がマントドリルだ!って言うかなんでマントドリルの声知ってんだおまえは!」
「ネットで」
「……わかった……」
 シレっと答えるオレのストレスの元、ゲーハーマシン直江をここでコロしてもいいよな?な?だがその前に……
「直江信綱……オレの問いに答えろ……」
「はい」
 フルネームで呼ぶと、手下その1は背筋を伸ばした。よし、景虎さま効果。
「答えろ……なぜおまえは、熱くもなく冷たくもない、丁度いい感じのお湯をオレのこの!オレさまの頭にザバザバかけやがるんだ!?」
 ブチ切れ寸前のオレに何を思ったのか、直江は顔を赤らめた。しかももじもじしてるからこの人……怖えええ……
「それはですね、上杉に古くから伝わる秘伝です」
「は?へ?」
 オレの耳、大丈夫か?こいつ今、なんてった??
「ひ、でん……お湯……?」
 完全に固まるオレに構わず、直江は高らかに歌うのだ。
「ゲーハーにはお湯!それが上杉!」


「……やめていい……?うえすぎ……」

「いや景虎さま、どうあがいてもハゲなんですから、ここはひとつお湯で

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
蓋然性の昼 ※未完
作者:きぬ ジャンル:炎の蜃気楼 お題:蓋然性のある昼 必須要素:ギター 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:368字 お気に入り:0人
太陽は昨日も今日も東から上り、明日も明後日も東から上る。それを必然と呼ぶならば。太陽がもっとも高くなるその頃、あの男がここを訪れることはなんと呼ぶのだろう。必然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まる ※未完
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:僕の嫌いな、と彼は言った 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:610字 お気に入り:0人
ぶるり、と身震いをするのを感じ、浅い眠りから目が覚めた。「寒いですか」 俺の左腕を枕に仰向け寝ていた彼の身体を抱き寄せる。右手で腰から背中、腕と撫で上げた、肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
電話の向こう ※未完
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:高いネット 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:907字 お気に入り:0人
驚きから覚めると、ふつふつと怒りが湧いてくる。 共に暮らして家計を管理している高耶だ。理由があれば臨時出費もやぶさかではないが、ものは通信費…一体だれに、何に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水鳥@ゲー廃まっしぐら ジャンル:炎の蜃気楼 お題:どこかの息子 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:900字 お気に入り:0人
「高耶さん、チェンジリングというものを知っていますか」「いや。なにそれ。輪っか?」「西洋の言い伝えですよ。妖精が人間の子と妖精の子を取り替えてしまうことです」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きぬ ジャンル:炎の蜃気楼 お題:愛、それは、と彼は言った 必須要素:資料 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:440字 お気に入り:0人
資料をめくる手が止まった。有線からは古い歌が流れている。一昔前の映画の主題歌だ。愛は押し流す川であり、切り裂くレーザーであり、うずく飢え。けれど私は花と呼びたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:右の哀れみ 必須要素:やかん 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:456字 お気に入り:0人
シュンシュンと音を立ててやかんが湯気を吹く。「直江」 呼びかけると、無言で肩を抱き寄せられた。 今時珍しい石油ストーブの赤い火に照らされた頬が熱い。 別に、寒 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:謎のカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:583字 お気に入り:0人
「お二人は付き合ってなさってるんですか?」ニュースや、色々な番組で見るこの言葉。普通は人のプライバシーに首を突っ込むなんて嫌にならないだろうか。いや、俺が可笑し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉