ジャンル:炎の蜃気楼 お題:愛、それは、と彼は言った 必須要素:資料 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:440字 お気に入り:0人

愛、それは

資料をめくる手が止まった。
有線からは古い歌が流れている。一昔前の映画の主題歌だ。

愛は押し流す川であり、切り裂くレーザーであり、うずく飢え。けれど私は花と呼びたい……。

愛。
昨日、彼が初めて口にした言葉。
彼に愛を告げた時。
愛しています、と言った私に、彼はまるで別れを告げられたような顔をして、
──愛って、それは
そう言って、じっとこの目を見つめてきた。
私はその先の言葉を待った。けれど、それきり彼は何も言わなかった。

急ぎすぎたのかもしれない。
けれどどうしてもこれ以上待てなかった。

──直江

彼が呼ぶ声が耳に蘇る。

私は資料を読むのを再開した。
愛を定義することに意味はない。愛は川でありレーザーであり飢えであり花、愛はすべてだからだ。すべてを捧げるつもりで愛を告げた。

──直江

けれど彼には。
彼には、愛とは別れを意味するものだったのだろうか。

彼からすべてを奪う契約をするための資料を読みながら、ただ、彼が呼ぶ声だけが、耳から離れなかった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
まる ※未完
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:僕の嫌いな、と彼は言った 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:610字 お気に入り:0人
ぶるり、と身震いをするのを感じ、浅い眠りから目が覚めた。「寒いですか」 俺の左腕を枕に仰向け寝ていた彼の身体を抱き寄せる。右手で腰から背中、腕と撫で上げた、肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
電話の向こう ※未完
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:高いネット 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:907字 お気に入り:0人
驚きから覚めると、ふつふつと怒りが湧いてくる。 共に暮らして家計を管理している高耶だ。理由があれば臨時出費もやぶさかではないが、ものは通信費…一体だれに、何に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水鳥@ゲー廃まっしぐら ジャンル:炎の蜃気楼 お題:どこかの息子 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:900字 お気に入り:0人
「高耶さん、チェンジリングというものを知っていますか」「いや。なにそれ。輪っか?」「西洋の言い伝えですよ。妖精が人間の子と妖精の子を取り替えてしまうことです」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:どうあがいてもハゲ 必須要素:お湯 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:2068字 お気に入り:0人
ある日、オレにハゲが出来た。どういう事だ、オレまだ若造なのに若者なのに!「くっそ……」 分かってる……どう考えても、あいつの所為だ……オレのストレスのもと、ゲ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:右の哀れみ 必須要素:やかん 制限時間:30分 読者:87 人 文字数:456字 お気に入り:0人
シュンシュンと音を立ててやかんが湯気を吹く。「直江」 呼びかけると、無言で肩を抱き寄せられた。 今時珍しい石油ストーブの赤い火に照らされた頬が熱い。 別に、寒 〈続きを読む〉

きぬの即興 二次小説


ユーザーアイコン
蓋然性の昼 ※未完
作者:きぬ ジャンル:炎の蜃気楼 お題:蓋然性のある昼 必須要素:ギター 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:368字 お気に入り:0人
太陽は昨日も今日も東から上り、明日も明後日も東から上る。それを必然と呼ぶならば。太陽がもっとも高くなるその頃、あの男がここを訪れることはなんと呼ぶのだろう。必然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きぬ ジャンル:炎の蜃気楼 お題:愛、それは、と彼は言った 必須要素:資料 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:440字 お気に入り:0人
資料をめくる手が止まった。有線からは古い歌が流れている。一昔前の映画の主題歌だ。愛は押し流す川であり、切り裂くレーザーであり、うずく飢え。けれど私は花と呼びたい 〈続きを読む〉