ジャンル:ワールドトリガー お題:賢い春雨 制限時間:1時間 読者:107 人 文字数:2400字 お気に入り:0人
[削除]

もうここに住んじゃえ

 おまえの鼓動を聞く。肌に耳を押し当てて、指が髪の間を通る音が混ざる。おれ、お前の指がけっこうすきだよ。唇がにやりとする。お前の鼓動の前では自分の息遣いが雑音に思える。このまま止まったらいいのに。呼吸も時間も心臓も。破滅的だ、星に似ている。だって、おれの体内で働いているナトリウムもカリウムもカルシウムもリンも鉄も水素も酸素も二酸化炭素だって、およそすべて星からの贈り物なのだし……。命とは祝福で、おまえの身体を成すのもおれの身体を成すのもだいたいおんなじ。なあ京介、おれたちみんなプレゼントなんだよ。おれは母さんの子で、そして星の子なんだよ。いつか離れることがあってもそれだけは変わらないんだ。むかし不安の中を手探りした言葉をお前に与えて、おれはおれに与えられたかのような指を手に取って、両手に包んでそこにあることを確かめている。カルシウムやその他で出来た別の肉体を感じている。けれど、京介から返ってきた言葉は彗星よりずっと冷たくて静かだった。
「だから?」
 星の子である俺たちの再会の旅路はあまりにも長かった、待ちくたびれた。同じところから生まれたのだとしたら、俺たちが分かたれてからここに至るまでかれこれどのくらいの月日、距離が俺たちを隔てていたんだろう。ずっと離れ離れだったんですよ、今さら「ばいばいじゃあね」って出来ると思うんですか。また明日、くらい言ってくれなきゃむり。
「何それ」
「揚げ足取り」
「はは、ずるいな」
「迅さんに言われたくないですよ」
 恋人同士みたいな掠れた声がひそひそと絡み合っている。おれと京介の声じゃないみたいで首の後ろの産毛がぞわぞわと膨らんだ。スエットと布団と自分の髪。ざりざりと擦れる音と血の通う音と息遣い。現実とロマンチックは星空くらい遠くて、おれたちだって星の子ではあるけれどだいたい全て物理法則と化学とか生理学で動くよく出来た柔らかいロボットだった。彗星だって法則に従って動いている。何かしら説明がつく。おれのこの恋だって多分そう。説明がつかないと思ってるのはおれだけなのかも。何かしらの感情っていう法則を見ないふりも、この柔らかいロボットには、可能だ。
「で、これから離れるんですか?俺を家に帰しちゃうんですか?」
「やだよ、泊まってけって、ここで寝て」
「はいはい」

 キッチンというのはひとつの戦場である、というのが木崎レイジ語録に一つあって、それを荒船に教えたら「冗談ですよね?」としばらく疑って考え込み、最終的にノートに書き留めていたのであの帽子の後輩の生真面目さは本当にかわいい。その真偽はともかく、キッチンというのはひとつの戦場である。時間までに人数分の食事をある程度の数量、ある程度の質で仕上げなければならない。限られた材料で自分を含めた人数分の幸福を最大化させなければならない。フライパンの中で今日のメインディッシュは湯気を立て、脂が光をぱちぱちと跳ねてつやつやしている。ごま油と豚肉の香ばしさが鼻から脳へ入って食欲をつっついて、食事の時間を予感した胃が目覚めてぐっと伸びをするのが分かる。出来立てのホイコーローのキャベツはなかなかいい顔をしている。噛んだときのことを予想して、しゃきしゃきと繊維を噛む食感が、香りや味が記憶から引っ張り出されてありありと蘇る。キッチンの作業場からはもう俎板も片付いていつものメインディッシュを乗せる大皿が今や遅しとホイコーローを待っている。まずはその大皿へホイコーローを半分、それからタッパーウェアにおすそ分け、残りは大皿へ空けてしまう。食堂の流しによく働いたフライパンを置いて、それから食卓を拭く。大皿のホイコーロー、薄味に仕上げた玉子のスープともやしとわかめのおひたし。それから炊いたばかりの白飯。匂いを聞きつけた後輩たちはてきぱきと食事と食器を運んでいく。作り置きの麦茶も出す。陽太郎のお子様用いすも出してくれる。そこに水色のおはし。ただしい持ち方を出来るようになるための補助具がついている。丸っこい車の絵がもう掠れてしまっているが、そのかわいい親指もすこしずつ補助具の輪がきゅうくつになってきているようだった。いただきます、と手を合わせる。日々は過ぎていく。今日学校であったことを話す。川は流れる。ひとは変わっていく、おれも変わっていく。多分そのうち、おれの顎にも最上さんみたいにひげが生えたりする日が来るんだろう。
 食事の片づけをした最後の仕上げに、家へ帰る京介へホイコーローの詰まったタッパーウェアを持たせる。明日の弁当に入れろよ、と声をかけて。
「ホイコーロー、うまかったです」
「よかったな、明日も食べれるぞ」
「よかったですよ、ご馳走様です」
「また明日」
「はい」
 おやすみなさい。玄関先で笑った京介の頬は心なしか赤らんでいて、それはさっきここの風呂を使ったからだった。普段すました顔の男が三つ年下の、ついこの前まで小児科にかかってた子どもに戻ったような幼さを端々に浮かび上がらせるような気がしている。おれの気のせいだ、願望だな。もう、住んじゃえばいいのにな。お前と夜通し映画とか、観てみたい。お前と観たいやつあるんだよ、城戸さんにも借りたりしてさ、お前だったらあの映画観たら何て言うのかな、なあ。いつもの靴に足を突っ込んでるお前は、これからレイジさんに送ってもらって、ホイコーローを弟とか妹の弁当に詰めてその間に洗濯機回して、明日の準備をして洗濯物干して。親が飲みたがるからっていう発泡酒を冷蔵庫に入れてやって、それからお前一番下の子に絵本読んでやるのかな。もうここに住んじゃえば。でももしそうなったら、そういう優しいお前は、いなくなっちゃうのかな。
「おやすみ、京介」
 ひらひら手を振る。そういう優しいお前が優しい夢を見られますように。優しい夜でありますように。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:日本海◇西4P06a ジャンル:ワールドトリガー お題:激しいにわか雨 制限時間:1時間 読者:393 人 文字数:1317字 お気に入り:0人
公園の脇に停められた白いワゴン車、そのタイヤ横にいた白黒のハチワレ猫が、しきりに顔を洗う仕草をしている。随分人馴れしていて、近づいても逃げない。猫のそばにしゃが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しんどい ジャンル:ワールドトリガー お題:弱い職業 制限時間:1時間 読者:740 人 文字数:1228字 お気に入り:0人
「ねぇ、なんで歌川は万能手なの」 それは、本当になんとなく抱いた疑問だった。 学校からの帰り道。日はまだ高く、蝉の声が降ってきて耳に痛いほどだ。 こんな夏休み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:O前禿棚@ムキムキ受け ジャンル:ワールドトリガー お題:紅茶と黒板 制限時間:1時間 読者:455 人 文字数:841字 お気に入り:0人
「私も20代の時は教師だったんだ」なにが私もなんだろうと思った慶はすぐにその意味を理解した、教師がどうのこうのとか言っている慶にとってはくだらないテレビ番組を真 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:@miとかいてあみ/低浮上ぎみ ジャンル:ワールドトリガー お題:無意識の高給取り 制限時間:1時間 読者:667 人 文字数:1936字 お気に入り:1人
ニノカゲ「心中しよう」二宮はそう言った。実に突発な出来事だった。二宮隊の隊室で、いつ誰が入ってくるか分からない状況で、影浦に言い放った。勿論影浦は驚いた。ただソ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:O前禿棚@ムキムキ受け ジャンル:ワールドトリガー お題:無意識の高給取り 制限時間:1時間 読者:451 人 文字数:906字 お気に入り:1人
「見てみてお母さん、あれピエロだよ!」そう言った子供たちが指をさしたのはピエロのメイクをしてピエロの格好をした商売人だった。その子供たちに気付いたピエロは柔らか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:公衆便所まこ ジャンル:ワールドトリガー お題:捨てられた惑星 制限時間:1時間 読者:587 人 文字数:1399字 お気に入り:0人
よねきと風味黒トリガーend初めて降りたその星はマザートリガーの失われた酷く見窄らしいものだった。遠征経験者は目に見えて落胆の表情を浮かべ遠くに見える廃墟のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみ ジャンル:ワールドトリガー お題:死にかけの凡人 制限時間:1時間 読者:1070 人 文字数:1650字 お気に入り:0人
「お前って、しょっちゅう怪我してるよね。趣味なの?」趣味だったら最悪だね、という辛辣な言葉と共に救護室に入ってきた菊地原に修は苦笑した。「…そんなしょっちゅうっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天野 ジャンル:ワールドトリガー お題:嘘の喪失 制限時間:1時間 読者:985 人 文字数:841字 お気に入り:0人
※暗い 佐鳥の部屋は乱雑に散らかっている。それはいつものことだった。特に片付けてほしいとも思わないし言わない。佐鳥はこういうやつだと諦めているからかもしれない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天野 ジャンル:ワールドトリガー お題:名付けるならばそれはサイト 制限時間:1時間 読者:906 人 文字数:1172字 お気に入り:0人
※出佐「先輩、なにそれ」 出水先輩が遠征から帰ってきたと聞いて、俺は広報の仕事が終わるなりすぐに先輩の家に向かった。いつもどおり通された部屋の机にはいつもどおり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下とうげ ジャンル:ワールドトリガー お題:2つの時計 制限時間:1時間 読者:2169 人 文字数:2608字 お気に入り:1人
作り笑いが張り付いた顔の冴えない女のことを二宮はまるで息を吸うように罵倒と誹りの言葉をぶつけていたが、彼女は紛れもない誇りあるA級二宮隊の狙撃手だった。二宮が 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:謎のカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:583字 お気に入り:0人
「お二人は付き合ってなさってるんですか?」ニュースや、色々な番組で見るこの言葉。普通は人のプライバシーに首を突っ込むなんて嫌にならないだろうか。いや、俺が可笑し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉