ジャンル:アイドルマスターSideM お題:禁断のセリフ 必須要素:2000字以上 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:828字 お気に入り:0人
[削除]

アスランと東雲と味覇




 彼の様子を見ていたらとてもじゃないが言えない。言えるわけがない。何故なら彼はとてもゴキゲンだからだ。言えば全ては瓦解し、我々の関係も終わることとなるだろう。
「どうだソーイチローよ! これこそが我が秘術による新しきセカイへの幕開け! 名付けて『月による錯乱』!!」
「そ、そうですね。とても良い味だと思います」
 言ってはいけない。これを言ったらどうなるか。
 これは「味覇」であると。
 いくらなんでも味覇の味が強すぎる。アスランが少し風邪気味なのは知っていたがこれはとてもじゃないが味覇以外ではないとどうして言えたものか。
「ではソーイチローよ、早速我はカミヤにこの糧について聞いてこようぞ!」
「ま、まぁ、落ち着いてくださいアスランさん。射精後に賢者タイムというものがあるように料理を完成させた後にも少し落ち着く時間はあるはずです。少し分析をしましょう」
 分析と言っても何をすればいいのか。東雲は悩む。とても悩む。アスランを一発抜いてあげれば少しはこの興奮を抑えることはできるだろうか。
「む……そうか? ……ううむ、我としては少し中華料理的なことになってしまった気もするが……」
 あぁ、それやそれ。わかっているようで安心した。
「そうですね、もう少し中華的な要素を控えめにしてもいいでしょう。ならば……」
「アッスラーン! どんな料理できたのー!? うわっ味覇のかぐわしきかおり!」
「あ、確かにこうばしき味覇のにおいがするね」
「おやアスラン。味覇の香りをまとわりつかせてどうしたんだい」
 東雲は頭を抱えた。
 あんたら言ってはいけんことを……
 黙らせようと東雲が鍋を手に取ったところ、
「……我もわかっていた。味覇が強すぎることを。ならば我は今一度考えてみよう」
 どうやら平和的な解決に向かったようだった。
 東雲は安堵した。
 そうして、東雲はアスランの料理に一口。
 辛い味覇の味がした。
 それはまるで初体験の味だった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
来年の愛人 ※未完
作者:あくお@ミラフェスI54b ジャンル:アイドルマスターSideM お題:来年の愛人 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:1242字 お気に入り:0人
来年の今日は何をする予定か、と聞かれた北斗は笑って、わかんないよそんなの、と答える。対して、テーブルの向こうにいる冬馬は「だったら予定はないってことでいいんだよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あぶみ ジャンル:アイドルマスターSideM お題:不本意な山 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:1365字 お気に入り:0人
いや、どうしてこうなった。 桜庭薫はめちゃくちゃに、もうこれ以上ないというくらいに眉間の皺を深くして、無制限に喉の奥から漏れ出てくる溜息を必死に飲み込んでいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:軋み柚子 ジャンル:アイドルマスターSideM お題:苦しみの愛 必須要素:バナナの皮 制限時間:15分 読者:177 人 文字数:306字 お気に入り:0人
3、2、1、…よし、スタートダッシュは完璧。…緑か。トップの今はまだ必要ない。ショートカットの踏み切りのタイミングも…間に合った!今のところ全部教えてもらった通 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:謎のカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:583字 お気に入り:0人
「お二人は付き合ってなさってるんですか?」ニュースや、色々な番組で見るこの言葉。普通は人のプライバシーに首を突っ込むなんて嫌にならないだろうか。いや、俺が可笑し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉