ジャンル:カルジュナ お題:光の仕事 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1527字 お気に入り:0人

【カルジュナ】バンドマンx一般人2

後に残されたカルナではあったが、はっと正気に戻った後に慌てて車に舞い戻り、あのタクシーを追え!と声を荒げたのだった。

「もう見えないよぉ~ムリムリ~!」
「アルジュナ卿のパンチすげー!」
「彼に何を言われたんだ?」

口々にカルナをあしらい、ジークフリートだけがカルナに疑問を投げかける。
いや、とカルナも口ごもる。カルナにしてみれば、最愛の恋人とのロマンス宣言をして戻ってきたというのに、実家に戻るという宣言の元に愛の拳を一発くらっただけなのだ。

「っていうかさ~思ったんだけどさ~」

アストルフォがくるくると三つ編みの先を指先で遊ばせながら口ごもる。
なんだ?とカルナが眼光鋭く続きを促すと、ひゃあ!と車のシートから一センチは飛び上がった。

「……怒ってた、んだよね?」
「……そう見えた」
「じゃあ、カルナがごめんなさいすることがあるってこと?」

それに心あたりが無くて困っているのだ、という表情を顔に貼り付けていたのだろう。隣のシャルルマーニュがカルナの肩を叩いて落ち着けと声をかけた。

「カルナ卿には思いつくあてがない、と」
「まったく」

カルナが思い起こすのは、昨日、ゲリラライブの成功を祈って、とカルナの好物のロールキャベツを鍋いっぱいに作ってくれたアルジュナの姿だ。明日に備えて早く寝なさいと言いつつも、ベッドの中ですり寄ってきた時の愛らしさと言ったら筆舌に尽くしがたい。アルジュナは決して好きだの愛だのと吹聴する輩ではなかったが、カルナと共に暮らすマンションのドアをくぐった瞬間、花が開くように空気が和らぐのだった。
何をするにも争ってばかりだった学生時代から比べれば、雲泥の差。月とスッポン。いや、天地がさかさまになった、とでもいうべきだろうか?

「あの、一つよろしいでしょうか!」

それまで聞き役に徹していた人物から挙手の声があがる。
ぴん、と伸びた背筋と同じくして伸びた手。マネージャー兼アシスタントとして皆のサポートをしている、ブラダマンテだ。

「はい、ブラダマンテ!」
「光栄です、シャルルマーニュ王!」

彼女の中ではシャルルマーニュは自分の王にあたるらしい。なんでも、最愛の恋人と引き合わせてくれたのがシャルルマーニュだったかららしく、アストルフォはその呼び名を面白がってシャルルマーニュをオウサマと呼ぶのだ。といっても、その恋人も転勤やらなんやらで不運な世界一周旅行に飛ばされてばかりのため、最後にブラダマンテと会ったのは指折り数えられるほど前だそうだ。
その愛の強さは俺達にも似たところがあるな、とカルナが思ったかどうかは割愛。

「アルジュナさんは、カルナさんから聞くに、とても真面目で誠実な方と聞きました。お間違いありませんか!」
「相違ない」
「では、アルジュナさんは、今日のゲリラライブでのトークについて、了承されていたのでしょうか!?」
「…………」
「…………」
「…………そういえば、話をしていなかったな」
「ワーーーーー!」
「ギャーーーー!!」
「絶対それだよぉ!」

ここに居る面々は、アルジュナが真面目どころか生真面目、馬鹿真面目であることを知っている。以前、カルナと付き合うと決めたときにも、「お前が、芸能界でやっていくときに、私が邪魔になるときがあるだろう」と涙を流していたことも。

「つまりつまり~?アルジュナに了承も取らないまま、恋人暴露の熱烈問題トークしちゃったってこと~!?」

目をぐるぐると回しながらアストルフォが叫ぶと、隣で青褪めたシャルルマーニュが、うん、と一つ頷く。そしてカルナの肩に、先ほどとは違う意味で手を置いた。

「カルナ卿――アンタが悪い!」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉