ジャンル:ヒプノシスマイク お題:鋭い暗殺者 制限時間:1時間 読者:95 人 文字数:668字 お気に入り:0人
[削除]

システマチック明晰夢 ※未完

今日はツイてる。
軽快な音楽と共にやたら騒がしい映像。
画面に映る3つのマークに口元が緩む。

「来たぜ来たぜ」

ガラスケースに入るコインは気がつくと溢れそうになっていた。
重さを腕に感じながら新しいケースを用意する。
この瞬間が堪らない。

「帝統」

ふと、名を呼ばれた。
騒がしい店内でその声だけやけに響いた。
はた、と振り向くと馴染みの顔があった。

「幻太郎」

言葉を発した瞬間、視界が暗くなった。
目の前にはブランコとゾウの形をした滑り台。
体の痛みを感じ、帝統は公園のベンチで寝ていた事を思い出した。

「あぁ、嘘だろ...」

がっくりと項垂れる。
久々の大当たりは夢の中の出来事だった。
帝統はまた眠りにつこうと考えたが、少し考えてスマートフォンを取り出した。



--



「また1文無しですか」

挨拶も無しに幻太郎は冷たい言葉を投げる。

「いや、そうじゃ無いけどよ、たまには理由無く訪ねてきても良いだろ?」

少し照れながらそう伝える。
幻太郎は目を見開きじっと帝統を見つめる。

「奢って貰いたいが為に変な嘘を付くようになりましたか...」

「ちげえよ!」



--


「ねえさ、幻太郎。帝統が寝てる時に何で話しかけてるの?」

棒付きキャンディを咥えたまま乱数が幻太郎を見る。
くつろいでいた幻太郎はその言葉に体を強ばらせた。

「ええと?」

「もしかしてバレてないと思ってた?ごめんなさ~い」

可愛らしく笑う乱数に幻太郎は顔色が赤くなったり青くなったりしていた。











同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:saga ジャンル:ヒプノシスマイク お題:少年の少数派 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:1427字 お気に入り:0人
少年 というものは大多数は年上の女性に憧れを抱いている。良い匂いのするふわふわの体、余裕があって、未熟な少年達を優しく包み込んでくれる。人それぞれ好みの差はあれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ヒプノシスマイク お題:最後の社会 制限時間:1時間 読者:158 人 文字数:2446字 お気に入り:0人
『朝メシいる? ってか、冷蔵庫なんかあったっけ』 最後のメッセージは未読のままだった。 ケータイの文字は無機質だってライムではよく言うけど、実際のところ俺はあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー ジャンル:ヒプノシスマイク お題:平和とユートピア 制限時間:1時間 読者:115 人 文字数:783字 お気に入り:0人
踏切の音が聞こえる黄色と黒の警戒色は「お前は来るな」と言っていた資格があるとでも思っているのか?言われなくてもわかっていた宇宙船のような銀色そこに人をあざ笑う緑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:目井子 ジャンル:ヒプノシスマイク お題:永遠のカラス 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:487字 お気に入り:0人
三千世界の鴉を殺し、のあとに続く言葉はなんだったか。となりの衣摺れを聴きながら思考を飛ばす。薄暗がり、熱のこもった掛け布団をベッドの下に払いのけ、天井を見上げて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はすみ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:うるさい秘部 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:803字 お気に入り:0人
「煙草の吸いすぎだね、左馬刻くん」冷徹に寂雷医師から告げられた一言。数日前から声の調子が悪いと告げたら、突然診察が始まり、ぱすりと告げられ一刀両断。そりゃそうか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彩り ※未完
作者:ももとか ジャンル:ヒプノシスマイク お題:私が愛した夢 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:605字 お気に入り:0人
紙をめくる。ペンを走らせる。無機質な音だけが部屋に響いている。心に頭がついてこない。思ったような言葉が浮かばない。焦りばかりが募っていく。とにかく言葉を書き続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:即興きなこ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:忘れたいカップル 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:579字 お気に入り:0人
電車で居合わせたサラリーマンの団体、コンビニのレジで前に並んでいる二人、マンションの前で電話をしている若い女。 人が話しているのをつい、真剣に聞いてしまう。名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:即興きなこ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:記録にない姫君 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:313字 お気に入り:0人
「この世に生まれていないのと同じなんです」 身にまとっている着物の、浅葱色の薄い生地を膝の上でぎゅっと握りしめ、その人は言った。 由緒ある家の娘である。欲しいも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:時緒 ジャンル:ヒプノシスマイク お題:今年の電話 制限時間:2時間 読者:242 人 文字数:5446字 お気に入り:0人
ウォッカをショットで。そう言い出したのは左馬刻だった。彼いわく、競って飲もうと言うのだ。小官はそれを止めたが、傲岸不遜な彼がやめるわけもなかった。銃兎は律儀に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:時緒 ジャンル:ヒプノシスマイク お題:幸福なデマ 制限時間:2時間 読者:211 人 文字数:5617字 お気に入り:0人
目の前に立つ男の顔から、さっと血が引くのを見たのは、これがはじめてのことだった。俺はなにかポカをしちまったのだろうかと生ぬるいエアコンの風に満ちた部屋に立ち、 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:裏切りの笑い声 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1729字 お気に入り:0人
はらりと解かれた風呂敷から、取り出された笹の包み。 かさかさと音をたててた中から出てきたのは、餡子の塊がふたつ。 茶をすすりながら、二人でつまみあげる。 甘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:856字 お気に入り:0人
――みて。 主は、指をむけた。 それはひどく美しい光景だった。 人が見れば、それはただの見晴らしのいい丘から見下ろした街並みだ。 特別な遺産もなければ、世界一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユウダチ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷たい小雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字 お気に入り:0人
さっきまでは、本当に暑かったんだ。8月初旬。夏の真っ只中であり、降水確率は0%手のひらで輪を作り空にかざして覗き込むが、括られた輪の中には白い雲はなかった。本丸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:やわらかい平和 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:817字 お気に入り:0人
鼻唄を唄いながら、モミの木に飾りつけをしていく。ふわふわの白い綿や、キラキラの紐や、つやつやの玉や。おおよそ、こんな人を幾人も殺めてきた手で触るものではないであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:興奮したハゲ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:751字 お気に入り:0人
こつこつこつ靴を鳴らしながら夜道を歩く薄暗い、小さな道こつこつこつ同じ音が鳴る今のは自分ではない。後ろから聞こえた音。普通の通行人だろうとそのまま進むこつこつこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:壊れかけの帰り道 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3154字 お気に入り:0人
頬を撫でる、生ぬるい風。 足下はまっくらでなにも見えない。 手にもつのは、あのひとがくれたたった一つの提灯だけ。 すぐにゆらいで消えてしまいそうな灯をかかげ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:部屋とYシャツと高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
人生で、特に高望みということをしていた覚えはない。 こんなもんだろうと自分の力に見切りをつけて、平坦に、平凡にやってきたつもりだった。 なのに、どうしてこうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:たった一つの第三極 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2775字 お気に入り:0人
二極化、というのはどんな世界でもわかりやすい。 赤と白、または北と南、どちらかが正義あるいは悪。 ところが現実というのはそこまではっきりしている事などなく、覗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:ワイルドな船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
はぁ、と熱い息が頬にかかり、その小さな躯の限界を知らせる。世間一般、深夜と呼ばれる時間。本当なら、鍛練に使う船の上、夏の暑さに犯された頭は、穏やかに呼吸を乱すひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄床 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
宗三くん、と言えば彼はなんですか、とけだるげに返してきた。ベッドサイドでずりおちた肩の着物を手でなおす仕草は、いつか色っぽいなとしみじみと感じたあのころを思い 〈続きを読む〉