ジャンル:ヒプノシスマイク お題:鋭い暗殺者 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:668字 お気に入り:0人
[削除]

システマチック明晰夢 ※未完

今日はツイてる。
軽快な音楽と共にやたら騒がしい映像。
画面に映る3つのマークに口元が緩む。

「来たぜ来たぜ」

ガラスケースに入るコインは気がつくと溢れそうになっていた。
重さを腕に感じながら新しいケースを用意する。
この瞬間が堪らない。

「帝統」

ふと、名を呼ばれた。
騒がしい店内でその声だけやけに響いた。
はた、と振り向くと馴染みの顔があった。

「幻太郎」

言葉を発した瞬間、視界が暗くなった。
目の前にはブランコとゾウの形をした滑り台。
体の痛みを感じ、帝統は公園のベンチで寝ていた事を思い出した。

「あぁ、嘘だろ...」

がっくりと項垂れる。
久々の大当たりは夢の中の出来事だった。
帝統はまた眠りにつこうと考えたが、少し考えてスマートフォンを取り出した。



--



「また1文無しですか」

挨拶も無しに幻太郎は冷たい言葉を投げる。

「いや、そうじゃ無いけどよ、たまには理由無く訪ねてきても良いだろ?」

少し照れながらそう伝える。
幻太郎は目を見開きじっと帝統を見つめる。

「奢って貰いたいが為に変な嘘を付くようになりましたか...」

「ちげえよ!」



--


「ねえさ、幻太郎。帝統が寝てる時に何で話しかけてるの?」

棒付きキャンディを咥えたまま乱数が幻太郎を見る。
くつろいでいた幻太郎はその言葉に体を強ばらせた。

「ええと?」

「もしかしてバレてないと思ってた?ごめんなさ~い」

可愛らしく笑う乱数に幻太郎は顔色が赤くなったり青くなったりしていた。











同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ヒプノシスマイク お題:最後の社会 制限時間:1時間 読者:90 人 文字数:2446字 お気に入り:0人
『朝メシいる? ってか、冷蔵庫なんかあったっけ』 最後のメッセージは未読のままだった。 ケータイの文字は無機質だってライムではよく言うけど、実際のところ俺はあん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なないろサイダー ジャンル:ヒプノシスマイク お題:平和とユートピア 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:783字 お気に入り:0人
踏切の音が聞こえる黄色と黒の警戒色は「お前は来るな」と言っていた資格があるとでも思っているのか?言われなくてもわかっていた宇宙船のような銀色そこに人をあざ笑う緑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彩り ※未完
作者:ももとか ジャンル:ヒプノシスマイク お題:私が愛した夢 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:605字 お気に入り:0人
紙をめくる。ペンを走らせる。無機質な音だけが部屋に響いている。心に頭がついてこない。思ったような言葉が浮かばない。焦りばかりが募っていく。とにかく言葉を書き続け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:即興きなこ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:忘れたいカップル 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:579字 お気に入り:0人
電車で居合わせたサラリーマンの団体、コンビニのレジで前に並んでいる二人、マンションの前で電話をしている若い女。 人が話しているのをつい、真剣に聞いてしまう。名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:即興きなこ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:記録にない姫君 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:313字 お気に入り:0人
「この世に生まれていないのと同じなんです」 身にまとっている着物の、浅葱色の薄い生地を膝の上でぎゅっと握りしめ、その人は言った。 由緒ある家の娘である。欲しいも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:❤♡ときお♡❤ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:今年の電話 制限時間:2時間 読者:158 人 文字数:5446字 お気に入り:0人
ウォッカをショットで。そう言い出したのは左馬刻だった。彼いわく、競って飲もうと言うのだ。小官はそれを止めたが、傲岸不遜な彼がやめるわけもなかった。銃兎は律儀に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:❤♡ときお♡❤ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:幸福なデマ 制限時間:2時間 読者:133 人 文字数:5617字 お気に入り:0人
目の前に立つ男の顔から、さっと血が引くのを見たのは、これがはじめてのことだった。俺はなにかポカをしちまったのだろうかと生ぬるいエアコンの風に満ちた部屋に立ち、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:❤♡ときお♡❤ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:小説の神話 制限時間:2時間 読者:193 人 文字数:4823字 お気に入り:0人
毒島メイソン理鶯は、一度だけ本心から恋をしたことがある。それはH歴が始まる前に終わり、そして二度とは戻らなかった。その相手は同期で、配属当初から同じ戦場にいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:❤♡ときお♡❤ ジャンル:ヒプノシスマイク お題:わたしの好きなぬくもり 制限時間:2時間 読者:138 人 文字数:5080字 お気に入り:0人
あともうちょっとで今月のノルマがくりあになるからさ、独歩、今日ホストクラブに来てくれよ。早めにノルマクリアしたら一日だけだけど休みとれるんだ。金のことは心配し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
通勤 ※未完
作者:宮田 ジャンル:ヒプノシスマイク お題:死にぞこないの妻 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:480字 お気に入り:0人
その日は朝から体調が悪かった。もやがかかったような頭。鉛のように重いからだ。会社に行きたく無いからなのだろうか。社会人だろ自分、と自己を叱咤し、無理矢理起床して 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:名付けるならばそれは眠り 必須要素:じゃがいも 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:838字 お気に入り:0人
ああ、なんということだろう。「空認?」「違う違う、ソラニン。じゃがいもの芽に含まれる、毒のことだ。なんだ、天才ときいていたがそんなことも知らなかったのか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:無意識の排泄 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:518字 お気に入り:0人
う○こなんかするはずじゃなかった。古明地こいしは思った。それはおならのはずだった。音の出ない、いわゆる透かしっ屁というやつ。そのはずだった。いかなる直腸のいたず 〈続きを読む〉