ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:理想的な朝日 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:631字 お気に入り:0人
[削除]

朝日

 病を理由に審神者の職を退いたのは3年程前のことだ。病名はもう忘れてしまった。やたらめたら難しい漢字が連なっていて、恐らくこの病名が記されているカルテがあるのは世界中の病院を見てもここだけだろうなと思ったことだけは覚えている。

 どうやら体が少しずつ不自由になっていく病らしい。小難しい漢字が並んでいたくせに、割とありきたりな症状だと思った。力が入らなくなっていく四肢にはなにも感じなかったが、少しずつ暗くなっていく視界には絶望した。光を感じる神経が弱っていくという症状らしい。少しずつ少しずつ狭まっていく視界に、かつて近侍を勤めていた彼の姿を懸命に探した。いるはずもないのに。

 そうやってやがて眠るように死んでいくのだそうだ。両親からそれを聞かされたとき、既に私の目は見えていなかった。両親の声が聞こえる方に置いてある手の甲の辺りだろうか、かすかに温かい液体が落ちたように思えた。



「主」

 聞き慣れた声に私は目を開けた。目が開いていることを理解できたのは、彼の姿を視界に捉えていたからだ。彼は病室の銀枠に大きな足を乗せていた。緑色の戦装束を身に纏い、栗色のつんつんした髪が光に透けている。

「おつかれさん」

 そう、この朝日が来るのを、私はずっと待っていた。ぐっと体に力を込めると、筋肉が蠢いて脳まで信号を飛ばし、その命令で私は立ち上がることができた。命を繋ぎとめていた管も線も、もう私には必要ない。ただ、彼の声のする方にいけばいいのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぱな(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:綺麗な祖母 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:546字 お気に入り:0人
「じゃあね、ユウキさん」「気をつけろよ」 少女は駅で人ごみに消える青年に手を振った。少女の手には先ほどユウキに奢ってもらったコロッケがある。それを嬉しそうに頬張 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぱな(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:ゆるふわな踊り 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
バレンタインデー、なるものがあるらしい。それは、恋人や家族、友だちやお世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈り物をする日らしい。という知識を本丸のテレビから仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪降らし ※未完
作者:ぱな(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:かっこいい大雪 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:723字 お気に入り:0人
「おねがい!たすけて!ゆきうさぎがしんじゃうの!」 現世での集会の帰りに、御手杵と審神者はそうねだられた。5歳くらいの男の子の中には、一匹の雪うさぎがいた。もち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぱな(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:勇敢な魔法使い 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:512字 お気に入り:0人
御手杵が審神者の「魔法」を見たのは、顕現したばかりの当時、初の出陣で受けた傷を手入れ部屋で癒していたときだった。襖の間から様子を窺うように瞳を覗かせる彼女に御 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:裏切りの笑い声 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1729字 お気に入り:0人
はらりと解かれた風呂敷から、取り出された笹の包み。 かさかさと音をたててた中から出てきたのは、餡子の塊がふたつ。 茶をすすりながら、二人でつまみあげる。 甘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:856字 お気に入り:0人
――みて。 主は、指をむけた。 それはひどく美しい光景だった。 人が見れば、それはただの見晴らしのいい丘から見下ろした街並みだ。 特別な遺産もなければ、世界一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユウダチ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷たい小雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字 お気に入り:0人
さっきまでは、本当に暑かったんだ。8月初旬。夏の真っ只中であり、降水確率は0%手のひらで輪を作り空にかざして覗き込むが、括られた輪の中には白い雲はなかった。本丸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:やわらかい平和 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:817字 お気に入り:0人
鼻唄を唄いながら、モミの木に飾りつけをしていく。ふわふわの白い綿や、キラキラの紐や、つやつやの玉や。おおよそ、こんな人を幾人も殺めてきた手で触るものではないであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:興奮したハゲ 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:751字 お気に入り:0人
こつこつこつ靴を鳴らしながら夜道を歩く薄暗い、小さな道こつこつこつ同じ音が鳴る今のは自分ではない。後ろから聞こえた音。普通の通行人だろうとそのまま進むこつこつこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:壊れかけの帰り道 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3154字 お気に入り:0人
頬を撫でる、生ぬるい風。 足下はまっくらでなにも見えない。 手にもつのは、あのひとがくれたたった一つの提灯だけ。 すぐにゆらいで消えてしまいそうな灯をかかげ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:部屋とYシャツと高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
人生で、特に高望みということをしていた覚えはない。 こんなもんだろうと自分の力に見切りをつけて、平坦に、平凡にやってきたつもりだった。 なのに、どうしてこうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:たった一つの第三極 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2775字 お気に入り:0人
二極化、というのはどんな世界でもわかりやすい。 赤と白、または北と南、どちらかが正義あるいは悪。 ところが現実というのはそこまではっきりしている事などなく、覗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:ワイルドな船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
はぁ、と熱い息が頬にかかり、その小さな躯の限界を知らせる。世間一般、深夜と呼ばれる時間。本当なら、鍛練に使う船の上、夏の暑さに犯された頭は、穏やかに呼吸を乱すひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄床 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
宗三くん、と言えば彼はなんですか、とけだるげに返してきた。ベッドサイドでずりおちた肩の着物を手でなおす仕草は、いつか色っぽいなとしみじみと感じたあのころを思い 〈続きを読む〉