ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:理想的な朝日 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:631字 お気に入り:0人
[削除]

朝日

 病を理由に審神者の職を退いたのは3年程前のことだ。病名はもう忘れてしまった。やたらめたら難しい漢字が連なっていて、恐らくこの病名が記されているカルテがあるのは世界中の病院を見てもここだけだろうなと思ったことだけは覚えている。

 どうやら体が少しずつ不自由になっていく病らしい。小難しい漢字が並んでいたくせに、割とありきたりな症状だと思った。力が入らなくなっていく四肢にはなにも感じなかったが、少しずつ暗くなっていく視界には絶望した。光を感じる神経が弱っていくという症状らしい。少しずつ少しずつ狭まっていく視界に、かつて近侍を勤めていた彼の姿を懸命に探した。いるはずもないのに。

 そうやってやがて眠るように死んでいくのだそうだ。両親からそれを聞かされたとき、既に私の目は見えていなかった。両親の声が聞こえる方に置いてある手の甲の辺りだろうか、かすかに温かい液体が落ちたように思えた。



「主」

 聞き慣れた声に私は目を開けた。目が開いていることを理解できたのは、彼の姿を視界に捉えていたからだ。彼は病室の銀枠に大きな足を乗せていた。緑色の戦装束を身に纏い、栗色のつんつんした髪が光に透けている。

「おつかれさん」

 そう、この朝日が来るのを、私はずっと待っていた。ぐっと体に力を込めると、筋肉が蠢いて脳まで信号を飛ばし、その命令で私は立ち上がることができた。命を繋ぎとめていた管も線も、もう私には必要ない。ただ、彼の声のする方にいけばいいのだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:パパパーナ(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:綺麗な祖母 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:546字 お気に入り:0人
「じゃあね、ユウキさん」「気をつけろよ」 少女は駅で人ごみに消える青年に手を振った。少女の手には先ほどユウキに奢ってもらったコロッケがある。それを嬉しそうに頬張 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:パパパーナ(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:ゆるふわな踊り 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
バレンタインデー、なるものがあるらしい。それは、恋人や家族、友だちやお世話になった人に感謝の気持ちを込めて贈り物をする日らしい。という知識を本丸のテレビから仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪降らし ※未完
作者:パパパーナ(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:かっこいい大雪 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:723字 お気に入り:0人
「おねがい!たすけて!ゆきうさぎがしんじゃうの!」 現世での集会の帰りに、御手杵と審神者はそうねだられた。5歳くらいの男の子の中には、一匹の雪うさぎがいた。もち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:パパパーナ(ちゃんと書くよ・・・!) ジャンル:刀剣乱舞 おてさに お題:勇敢な魔法使い 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:512字 お気に入り:0人
御手杵が審神者の「魔法」を見たのは、顕現したばかりの当時、初の出陣で受けた傷を手入れ部屋で癒していたときだった。襖の間から様子を窺うように瞳を覗かせる彼女に御 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:名付けるならばそれは眠り 必須要素:じゃがいも 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:838字 お気に入り:0人
ああ、なんということだろう。「空認?」「違う違う、ソラニン。じゃがいもの芽に含まれる、毒のことだ。なんだ、天才ときいていたがそんなことも知らなかったのか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:無意識の排泄 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:518字 お気に入り:0人
う○こなんかするはずじゃなかった。古明地こいしは思った。それはおならのはずだった。音の出ない、いわゆる透かしっ屁というやつ。そのはずだった。いかなる直腸のいたず 〈続きを読む〉