ジャンル:DD! お題:小説の扉 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:1228字 お気に入り:0人

ある日のデリミラバー ※未完

「あれ、これ誰の本だ?」
「んー? ああ、それ俺のです。学校で友達に借りたやつなんだけど、そこ置きっぱなしだったか」
「そっかぁ。これすごい良い話なんだよなぁ……」
「そうなんですか? おすすめだからって言われて借りたばっかだから内容知らないんだよな」
「これさぁ、主人公が犬なんだよ。まだ子犬なんだけど、飼い主兼友達な少年が遠くに行っちまってさ……ふたりともまだ小さいのに……グスッ……でさ、友達がどうしていなくなったのかとかも旅の途中で知っていくんだけど……うぅっ……それがまた泣けるんだよ」
「それは見れば分かります」
 小説の表紙を眺めながらあらすじを説明する店長が思い出し泣きするレベルだ。感動系のストーリーであることは想像できる。
「──っていう感じの話なんだ。あ、確か映画にもなってたから気に入ったら観てみたら良いんじゃないか」
「うん、それより店長は顔拭いてくるか洗ってきたら良いんじゃないですか?」
「そうだなあ……ちょっと洗ってくる」
 涙やら何やらでぐしゃぐしゃな顔の店長はそのままキッチンの奥へと姿を消した。友人はそこまで話していなかったが、そんなにも感動するストーリーなのだろうか。
「あ、ガス君。おはよう」
「おはようございます、ミラさん」
「ガス君ひとり? デリックさんは?」
「店長はさっき号泣したからいま顔洗ってますね」
「へ? なんで?」
 遅れて出勤してきたミラを出迎えつつ、ことの始まりを話すとミラは納得した様子だった。ここでアルバイトを始めてから然程日数の経っていない俺にとってはそこまででもないが、ミラの表情から察するにこういったことは日常的にあるのだろう。
「デリックさんは、こういう感動ものに弱いからね。一緒に映画観てても、デリックさんがすごく泣くんだよ。それがちょっと面白くて笑っちゃう時もあるくらい」
「あ、なんかそれ想像できるな。ひとりで号泣してそう」
「多分ガス君の想像通りだよ。今度一緒に映画観る?」
「映画鑑賞ってよりは店長鑑賞になりそうですね」
「ふふ、それも楽しそうだね」
 2人で笑っていると前髪が少し濡れた店長が戻って来た。まだ少し目元の赤い彼を見てから顔を見合わせて再び笑う。
「ねえ、デリックさん。今度3人で映画観ようよ」
「次の休みなら俺も空いてますし!」
「え、え? 別に良いけど、なんで突然?」
「あ、俺これ観たい。この本が原作になってる映画」
「良いね。確かビデオならキリルが持ってたから借りておくね。場所はデリックさんの家で良いかな?」
「ああ、うん。俺は構わないけど……」
 首を傾げる店長から一滴水が落ちる。そんな店長に気付いたミラがおしぼりで軽く前髪を拭うと、彼は分かり易く表情を緩めた。ナチュラルにいちゃつく夫婦だとつくづく思う。
「あ、客来た」
「本当だ、いらっしゃいませ」
 彼らのじゃれあいタイムを邪魔した自覚のない家族連れは、楽し気に喋りながら席に着いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

ろと@お原稿中の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:苦しみの男 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1469字 お気に入り:0人
「あ、この曲……」「切ないわよねぇ、誰だって好きな人の運命の人になりたいのに。それをこんなに綺麗に歌われちゃうとさ。傷心の時なんかは特に沁みるのよー……って、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:走るしきたり 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1279字 お気に入り:0人
日曜昼、吾妻橋をのんびりと歩いている最中の事だった。「走って!」「は?」 どこか懐かしいロングヘア―の一稀が、ハイヒールのまま走って来たと思ったらこちらの右手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
霊律 ※未完
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:mp100 お題:くだらないサイト 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1685字 お気に入り:0人
学校帰りの通学路で見知った詐欺師と遭遇したのも、それが7月2日の午後5時だったのも、ただの偶然でしかなかった。今日は従業員がみんな休みだとか、幸いにも依頼が来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:当たり前の誰か 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
当たり前の日常なんてもの、実は存在しないんだってことを知ったのは中学生の時だった。今度こそ大切にしたいと思った繋がりを失いかけたり、それでも手を伸ばしたり。結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:オレだよオレ、美術館 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:897字 お気に入り:0人
例えば知らない間に見知った店が閉店していたり、別の店に変わっていたり。建物ごと消えたり増えたり。それによって道路や街の景色さえ変わっていたり。時間が経つという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:暴かれた祝福 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1194字 お気に入り:0人
良くも悪くも無関心であることは、幸福なのか不幸なのか。良かったのか悪かったのか。今となっては分からないけれど。それでも、この想いが漏洩したその後でも友人でいら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル: お題:ぐちゃぐちゃのコンサルタント 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1160字 お気に入り:0人
隣でスマートフォンの画面を無表情に眺め時折画面をタップするその指先を、見るともなしに眺める。先程までの笑顔が嘘のように、凪いだ瞳はまるで無機物のようだ。「久慈 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:今日のゲストはクリスマス 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1149字 お気に入り:0人
『それでは! ここで一曲挟んでからお待ちかねのゲストが登場です! なんと、今日のゲストは……クリスマスといえば、この人なあのお方が登場です! お楽しみにぃ! で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:混沌の町 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:873字 お気に入り:0人
窓から見えるふたつの太陽が沈んでいき、夕日の赤色に夜の色が混じり始める時間帯。インクを幾つも混ぜ込んだような複雑な色合いの空が、存外に好きだった。「お客さん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@お原稿中 ジャンル:DD! お題:ワイルドなフォロワー 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1193字 お気に入り:0人
「取材、ですか?」「ええ、『街中で見付けた絶世の美女!』って特集なんですけどね。噂の美人店員を密着取材させて頂きたくって。いかがです? 全国放送なんで、良い宣伝 〈続きを読む〉