ジャンル:刀剣乱夢 鶴さに お題:彼の病院 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:771字 お気に入り:0人
[削除]

鶴丸!ピアス開けたいから手伝って! ※未完

「なんだこの、へんてこなカラクリは……」
 手渡したそれを見下ろし、鶴丸国永は予想通り怪訝な顔をした。
「ピアッサーっていうの」
「ぴあっさー」
 初めて聞く単語をたどたどしく復唱する鶴丸。刀剣男士のそういう姿はいつだって微笑ましい。目の覚めるような驚きを愛する彼ならそれは尚更のこと。何に使うんだ、と眉を顰めながらもその瞳はキラリと輝いている。好奇心旺盛な短刀たちと一緒に遊べるのも頷ける。
「耳たぶに穴を開けるの」
「はっ!?」
 わたしの言葉に今度は顔面蒼白になる鶴丸。片手にピアッサーを乗せたまま、もう片方の手で自身の耳たぶを触ってさらに青ざめる。これは面白い。
「ご、拷問具の類か?こうして持っているのも恐ろしいぜ……」
「いやいや、自分の耳たぶに使うの。穴をあけて、耳飾りをつけるんだよ」
 黄金の瞳が大きく開いて、それからとても困ったように垂れ下がる。
「きみ……そこまでしなくたってきみは充分華やかだぞ。自信を持っていい」
「あらありがとう。でも飾りをつけるの楽しいじゃない」
「なら髪飾りでいいだろう!街に行って買いに行こう。付き合うから」
「いーや、耳がいいのー。だから手伝って」
 鶴丸はハッと息を呑んだ。
「手伝う」
 本日二度目の復唱。ただしこれはさっきのとは意味が違う。
「ソレ使って、わたしの耳に一発バチンッ!と」
「そ、そんなことできるわけないだろう!」
「あ、両耳だから二発か」
「尚更無理だ!やめてくれ!こんな危ないものは遠いところに捨ててくる!」
 鶴丸はパニックを起こしかけている。
「こういうのって病院で……お医者さんのところでやったりもするんだけどさ。わたしは鶴丸に頼みたいな」
「そんなこと言われても困る」
「今日は鶴丸がわたしのお医者さんになって」

**

 written by はときゅう

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:856字 お気に入り:0人
――みて。 主は、指をむけた。 それはひどく美しい光景だった。 人が見れば、それはただの見晴らしのいい丘から見下ろした街並みだ。 特別な遺産もなければ、世界一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユウダチ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷たい小雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字 お気に入り:0人
さっきまでは、本当に暑かったんだ。8月初旬。夏の真っ只中であり、降水確率は0%手のひらで輪を作り空にかざして覗き込むが、括られた輪の中には白い雲はなかった。本丸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:やわらかい平和 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:817字 お気に入り:0人
鼻唄を唄いながら、モミの木に飾りつけをしていく。ふわふわの白い綿や、キラキラの紐や、つやつやの玉や。おおよそ、こんな人を幾人も殺めてきた手で触るものではないであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:興奮したハゲ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:751字 お気に入り:0人
こつこつこつ靴を鳴らしながら夜道を歩く薄暗い、小さな道こつこつこつ同じ音が鳴る今のは自分ではない。後ろから聞こえた音。普通の通行人だろうとそのまま進むこつこつこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:壊れかけの帰り道 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:3154字 お気に入り:0人
頬を撫でる、生ぬるい風。 足下はまっくらでなにも見えない。 手にもつのは、あのひとがくれたたった一つの提灯だけ。 すぐにゆらいで消えてしまいそうな灯をかかげ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:部屋とYシャツと高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
人生で、特に高望みということをしていた覚えはない。 こんなもんだろうと自分の力に見切りをつけて、平坦に、平凡にやってきたつもりだった。 なのに、どうしてこうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:たった一つの第三極 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2775字 お気に入り:0人
二極化、というのはどんな世界でもわかりやすい。 赤と白、または北と南、どちらかが正義あるいは悪。 ところが現実というのはそこまではっきりしている事などなく、覗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:ワイルドな船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
はぁ、と熱い息が頬にかかり、その小さな躯の限界を知らせる。世間一般、深夜と呼ばれる時間。本当なら、鍛練に使う船の上、夏の暑さに犯された頭は、穏やかに呼吸を乱すひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄床 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
宗三くん、と言えば彼はなんですか、とけだるげに返してきた。ベッドサイドでずりおちた肩の着物を手でなおす仕草は、いつか色っぽいなとしみじみと感じたあのころを思い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:僕の好きな大学 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1616字 お気に入り:0人
忍術学園という学園をご存じだろうか。知らないのも無理はない。何せ山奥で、まるで誰かに見つけられることを拒むように聳える校舎なのだから。さて、この学園は名前通り忍 〈続きを読む〉