ジャンル:FGO お題:君と牢屋 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:610字 お気に入り:0人
[削除]

永遠なんて知る予定なかったよ ※未完

廊下に何か、液体か物体かわからないものが落ちていると、つい凝視してしまう。それが、銀色に光っていたなら尚更。
あの、元は人間であったはずなのに驚くべき経緯を超え、しかもその状態のまま何世紀も一国を...世界を統治していた「唯ひとりの御方」は、どういう心理的葛藤を覚えてか、あるいは意外と単なる気紛れであったのか、今はひとの形をしている。
けれどもやっぱり、私のようにどこかの国で当たり前のように、たった十数年ぽっち前に生まれた普通の人間と「同じ」中身はしていない。

1月より2月のほうが寒いねと云うと、大体過半数の相手に首を横に振られる職場ではあるけれど、そのひとが小さく
「そうだな」
と不思議な虹彩の瞳を緩ませた時、私は驚いて、そういう自分の反応にもびっくりして、ついその時持っていた物体を歪めてしまった。
元々そんなに凝ったラッピングではないけれど、メインは食べ物であったので、勿論そういう話題になって、そして途轍もなく想像から外れた「お返し」をもらった。今度は心臓が握り潰されるかと思った。

あのひとは、永世の孤独を生きてゆくのだ。それが事実か、いつかは途切れる夢想なのかは私には定められないのだけど、すくなくとも本人はそのつもりだ。・・・だと、思っていた。
彼が誰かと語り合いたいのを知っている。同じ高さで、同じ永さで、たとえ隣にいなくても、別のものが見たくても、それでも同じものを見ることのできる相手。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ボンゴレーノ麹 ジャンル:FGO お題:どこかの情事 制限時間:15分 読者:175 人 文字数:1394字 お気に入り:0人
「あれ?」小西はふと足を止めた。視線の先、開けた人工中庭には二人の女性が隣同士に腰をかけ、手元の本に目を落としている様子だった。「ますたー?」「あ、あぁ、悪い」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下とうげ ジャンル:FGO お題:去年の風 制限時間:30分 読者:223 人 文字数:1340字 お気に入り:0人
宝蔵院胤舜の着物の裾からは、いつも白檀の、よいにおいがする。俺が彼をこのカルデアに喚びだしてから、何日も経過したというのに、その甘くて爽やかな線香のにおいは彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:早すぎたパラダイス 制限時間:30分 読者:260 人 文字数:2433字 お気に入り:0人
「お?」信長が、アルジュナを見かけたのは、本当に偶然だった。エミヤやタマモキャットが未召喚のこのカルデアでは、食堂には簡素な非常食が山積みになっており、それらを 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:名付けるならばそれは眠り 必須要素:じゃがいも 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:838字 お気に入り:0人
ああ、なんということだろう。「空認?」「違う違う、ソラニン。じゃがいもの芽に含まれる、毒のことだ。なんだ、天才ときいていたがそんなことも知らなかったのか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:無意識の排泄 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:518字 お気に入り:0人
う○こなんかするはずじゃなかった。古明地こいしは思った。それはおならのはずだった。音の出ない、いわゆる透かしっ屁というやつ。そのはずだった。いかなる直腸のいたず 〈続きを読む〉