ジャンル:メギド72 お題:日本式の空 必須要素:新聞 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1558字 お気に入り:0人

その空が青いかは、新聞には書いていない

旅の道すがら、異変や異常がどこで起こったかについての情報を集めて次の目的地を決めなければならないことがたびたびある。
しかしながら、旅人が遠い遠方の地の異変を知れる機会などたかが知れており、気づいてから出向いても手遅れだったことも山ほどあった。
いくらポータルが使えるとはいえ、この広いヴァイガルドのすべての町に置けているわけでもなければ、そもそも行ったことのない土地や、辺境の小さな村で幻獣が暴れて壊滅、といったこともある。むしろその方が多かった。
やはり俺たちは、俺は、英雄にはなれないのか、と自分に落胆することも数えきれないほどあった。

しかしながら最近、ある光明が見えるようになった。
ソロモンの登場に端を発した、目覚ましい実績とそれに伴う信頼である。

彼がいないときに比べれば、彼が現れてからの戦果は、劇的と称しても申し分のないものであり、それは今や遠くの地でも聞こえるものとなった。
その軍団の存在が、かの"シバの女王"にも認められているとあって、それまでは、"得体のしれない、幻獣を倒す一団"から、"女王にも認められた幻獣退治のエキスパート"として名を馳せるようになったのだ。
名前が知られ、信頼できる集団であることが分かると、態度を変えた人たちがいた。
商人たちである。
それまでは、旅の護衛とその対象としてキャラバンと行動を共にすることはあっても、情報などはなかなか渡してもらえず(曰く、メシのタネをただでやるやつはいない、とか)、キャラバンからの品物で何とか食いつなげているような辺境の村などは、実際にキャラバンが立ち寄るまではその存在も知らない、なんてこともたびたびあり、いかにヴァイガルドが広いかを痛感させられた。(一人で旅を長々とやっていたのに、行ったことも聞いたこともないような村も何個もあった!)

それが一転して、王都を治める女王が直々に認めたソロモン王の一派であり、その高く積み上げられた実績を見るや、手のひらを返したように情報をくれるようになったのだ。
曰く、私どものメシのタネを守ってくれ、と。
前からもそうしていたのだから今さら素直に渡されても、という気持ちもあったが、それ以上に今までは守れなかったものも守れるのでは、ということもあって、商人が形成する連絡網の一部をありがたく使わせてもらうようになった。

その網のひとつが、この新聞だ。
"店のどこそこがつぶれた""あそこが流行だ"、なんて町の流行り廃りの話から、"あそこの森の中にはお宝が眠ってる""山の向こうでいるはずのない化け物を見た"というヴィータから見たら眉唾物の話、"あそこの村までの道すがらに変な生き物を見るようになった""最近東のほうに行ったキャラバンの話を聞かない"といった今まさに起きていること、などが事細かに書かれている。
これと、ソロモン王の召喚や説得によって大所帯となったわれらが一団の力を合わせることで、以前と比べれば格段に活動がしやすくなった。

「しかし、次は未踏地の調査とはね・・・」
そこは、その名が示す通り、ほとんど人の行き来がなく、何が起こっているかが分かっていなかった地方である。いや、あった。
赤い月の一件から、どうも幻獣が活発に動き始めていることが、外から見ていても分かるほどであるらしく、その調査として、我らが一団がご指名と相成った形だ。
今までに分かっていることは少ないが、それでも読んでおけと渡された報告書と新聞に目を通しながら、俺の心のなかには、何も起こっていてくれるな、という平和を願う感情と、英雄譚を刻むにふさわしい冒険を臨む、なんとも言えない悪魔らしい感情が飛び交っていた。
それをごまかすように、「未踏地の空も、こちら側のように青いといいな」と呟いてみた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:闇のエリート 制限時間:1時間 読者:160 人 文字数:1985字 お気に入り:0人
※アンドラスさん幼少期捏造 モブ視点 ほのぼのしてない「ねぇ聞いた? 転校生、成績トップだって」「古典と詩文以外は、だいたい満点だったらしいよ」「嘘、あの教授、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:紅茶と円周率 制限時間:1時間 読者:256 人 文字数:1782字 お気に入り:0人
ソファーに偉そうに腰かけたフラウロスが、紙飛行機に折った問題用紙を飛ばす。紙飛行機がマルコシアスの肩をかすめる。「ぎゃはは、惜しかったな」「いけませんよ! し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:蓋然性のある魔物 制限時間:1時間 読者:173 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「あ、悪い」 きっかけはほんのささやかなことだったのだが。 誰かがコップを倒した音に、アモンがひどく反応した。派手な音を立ててガラスが砕け散る。椅子から立ちあが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:メギド72 お題:うへへ、女 制限時間:1時間 読者:339 人 文字数:2451字 お気に入り:0人
※カスピエルさんとソロモン +のつもりで書いてたけど怪しくなった カスピッピどうしてアジトであんなにデレるの。同脳内では腐ったことも考えてるので注意してね!!! 〈続きを読む〉

あんまんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:あんまん ジャンル:メギド72 お題:日本式の空 必須要素:新聞 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:1558字 お気に入り:0人
旅の道すがら、異変や異常がどこで起こったかについての情報を集めて次の目的地を決めなければならないことがたびたびある。しかしながら、旅人が遠い遠方の地の異変を知れ 〈続きを読む〉