ジャンル:ポケットモンスター お題:恋の運命 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:875字 お気に入り:0人
[削除]

アカヒカ

アカギさんに恋をした。
私ヒカリはアカギさんに恋をしてしまったのだ。
彼がやぶれたせかいで姿を消した後も私は彼を探している。何度もやぶれたせかいに足を運んだこともあった。
だが彼は見つからなかった。
私は彼を救いたかった。だけれど彼は救われずに世界から姿を消した。
彼は世界を憎んで、世界を作り変えることを宣言し、私の前から去っていった。
感情など捨てた、と言いながら感情的に宣言した彼の目がどうしても忘れられなかった。
彼の過去がどんなものだったのか、それは私にもわからない。心をなくして生きる世界を目指すようになったのは、彼がどうしようもなく心に囚われていたからに他ならない。心を無くしたいと願うほどの出来事があったから、心に縛られた。
心はユクシー、アグノム、エムリットの三体がシンオウを飛び回り出来たものだとされる。アカギさんは彼らを憎んだのだろうか?
心などというものを与えた彼らを。
今となってはわからない。だが、
私はついに覚悟を決めた。
アカギさんから渡されたマスターボール。これで私はディアルガを捕まえた。
このディアルガの力で私は過去に戻り、アカギさんを救うと決めた。
ディアルガはそれを承諾した。代わりに私には後遺症が残るかもしれないということをディアルガがテレパシーを使って語りかけてきたが、そんなことは関係ない。私は彼にもう一度会いたいのだ。

------
ディアルガの力を使った私は過去へ戻ることができた。
しかし、私は代わりに感情を無くした。あんなに好きだったアカギさんに対して何も感じなくなった。救いたいとも思わなくなった。
今目前にいるアカギさんに対して、何も感じなかった。
アカギさんは私を空虚な目で見つめていた。
どうしようもなく空虚な目だった。
彼が何を考えているのかわからない。
彼の過去に何があったかもわからない。
ただ、私は彼に対してもう何かを思うことはないだろう。
彼も私に対して何かを思うこともないだろう。
「さようなら、アカギさん」
そんな言葉がひとりでに口からこぼれ落ち、意識が遠のいていった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ユルモ ジャンル:ポケットモンスター お題:愛、それは祝福 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:458字 お気に入り:0人
今日も小さな子供たちが、トレーナーになろうと努力をする。優しく見つめるのは、明日10才になって、旅に出る二人の少年少女。メイ「明日だね!キョウヘイくん!わたし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:ポケットモンスター お題:激しい男 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:635字 お気に入り:0人
(オリトレ居ます)【激しい感情】「この痴れ者が!!」カロス・ポケモンリーグにある建物のホール内で、四天王の一人であるズミの怒声が響いた。耳を塞いでいたのは、ポケ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:香辛料おじさん ジャンル:ポケットモンスター お題:帝王の寒空 制限時間:15分 読者:627 人 文字数:389字 お気に入り:0人
鈍色の切っ先に、雪が落ちた。シンオウを放浪していたノボリは、ある情報を追っていた。裏社会の裏ルートで出回る情報を。彼らは最初こそ穏便に、情報を提供してくれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ポケットモンスター お題:わたしの嫌いな善人 制限時間:15分 読者:723 人 文字数:1313字 お気に入り:0人
※女の子主人公vs悪の組織ボス※プリキュア使用でお送りいたします夕方から始るカウンター式の居酒屋。まだ暖簾が出ていないにも関わらず店内には既に数名の人影がいた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:香辛料おじさん ジャンル:ポケットモンスター お題:オチは豪雪 制限時間:15分 読者:701 人 文字数:577字 お気に入り:0人
時空の塔から外を眺める。上はかなり肌寒い。もうすぐオルゴールが鳴る頃だろうか?オラシオン…。一緒に聞きに行こうと願って、漸く形にしたこの旅行。本当に来てよかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:香辛料おじさん ジャンル:ポケットモンスター お題:冷静と情熱の間にあるのは列車 制限時間:15分 読者:720 人 文字数:793字 お気に入り:0人
深夜の地下鉄。高速で走るその列車は、昼間のポケモンバトルとは少し違う。武器を手に、最後尾にて待つ車掌の首をとれと、ざわつく。命のやりとりだ。黒い車掌の名をノボリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:ポケットモンスター お題:夏のカップル 制限時間:15分 読者:627 人 文字数:558字 お気に入り:0人
(オリトレ居るよ。エンジュジムジムリーダーが暑さで頭がおかしいよ)【夏の日のこと】エンジュジムジムリーダーであるマツバは夏の日、居間で眠っているジョウトチャンピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にゃさぎ@カガリたんとアナライズしたい ジャンル:ポケットモンスター お題:漆黒の闇に包まれし場所 制限時間:15分 読者:867 人 文字数:711字 お気に入り:1人
ずっともぐり続けて、もう何分ほど過ぎただろう。「・・・・・・ねえ」世界の破滅が危ぶまれた隕石が、消えた。その時、ボクは隣にいたライバルのことなど微塵も思っていな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:┌( .-.┌ )┐ ジャンル:ポケットモンスター お題:間違った駄洒落 制限時間:15分 読者:906 人 文字数:495字 お気に入り:0人
「カルム君カルム君」お隣さんがそう声をかけてきたのは、のんびりとカフェで休憩していた時のことだった。飲みかけだったカフェオレを飲み下し、なあにと続きを促せば、彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Iku3 ジャンル:ポケットモンスター お題:自分の中の成熟 制限時間:15分 読者:612 人 文字数:480字 お気に入り:0人
ピチュー♂、レベル1。彼は厳選された親同士から生まれた超サラブレット個体である。性格、特性、個体値も完璧のめざパ(氷)とまさに完璧な個体であった。「あとは努力値 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉