ジャンル:血界戦線 お題:光のエデン 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:464字 お気に入り:0人
[削除]

多分ここが。

光のエデンはどこにあるか、と聞いてきやがったやつを知っている。修行中に立ち寄ったさびれた村とかそこらで声を掛けてきた男はやけに静かで真剣だった。けれどガキで素直だった俺はその問いにろくに答えるはずも無く、鼻で笑って隣を掛けていくことしかできなかった。忘れればよかったのにその事がやけに記憶に残っていて、俺は偶にベッドを共にした女に聞く。
光のエデンはどこにあるか。ある女は此処にと笑い、ある女は好きな男の名前を、またこのヘルサレムズロットの名前を。各々が違う答えを答えるのは楽しかった、正解なんててんで知らないし昔に出会ったソイツだってどうせ知るわけもない。隣に寝ころぶ夜のベッドにはひどく場違いに見えるくしゃくしゃの頭にそれを聞けば、少しだけ迷った後に一つの名前を口にした。からかってやろうとか、あの頃の俺みたいに戸惑う姿を想像してた俺は面食らって。それでも変に顔が緩むのも堪えきれなくてリアクションに迷う。泣かないでください、と焦る声がする。泣いてねーよ馬鹿。
熱くなった瞼でみたソイツの目は乱反射する石みたいで綺麗だった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:血界戦線 お題:昨日食べたおっさん 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:1264字 お気に入り:1人
霧けぶるHLに来て、純朴というよりは野生だったザップは秒で擦れた。それは番頭役のスティーブンのせいであり、敬愛すべきボスであるクラウスのせいである。子どもの成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こけら。 ジャンル:血界戦線 お題:間違ったブランド品 制限時間:15分 読者:582 人 文字数:437字 お気に入り:0人
「なあ。それ、なんなんだ?」スティーブンが指差した先。積まれた本の上には、硝子の小瓶が鎮座していた。中身には粒状の白い何かが詰まっている。「頂き物だ。なんでも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あずき//ありがとうございました! ジャンル:血界戦線 お題:何かの命日 制限時間:15分 読者:542 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
「ザップ・レンフロはどこにもいない」 てのひらにどろりと流れる赤黒い感触も、踏みつぶした躯の感覚も、スティーブンは決して忘れようとしなかった。目を背けようとしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:灰色の狼 制限時間:15分 読者:481 人 文字数:536字 お気に入り:0人
うねりを上げながら、駆け抜ける銀色の狼。その身を血で汚すこともなく、どこまでも精錬に獲物を狩り尽くす。 紅い月の瞳、頬に一閃の傷跡。ぞっとするほど、美しい。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:大きな魚 制限時間:15分 読者:507 人 文字数:1091字 お気に入り:0人
求められたかった。レオナルド・ウォッチが事務所の扉を開いたのは午前二時を回ったころで、おかしなことにドアを開けてみると電気が付いていて人の気配があった。丑三つ時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たかみ ジャンル:血界戦線 お題:楽観的な国 制限時間:15分 読者:402 人 文字数:500字 お気に入り:0人
この地に住めば住む程に思う 此処では何が有っても可笑しく無いし、なんていうか皆其れを受け入れて。どんな騒ぎも【そういうものだ】といった感覚で、ハレの日みたいな扱 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:宿命のモグラ 制限時間:15分 読者:628 人 文字数:770字 お気に入り:0人
まるで陽に焼かれて終わるようで、実のところ、野垂れ死ぬように。 自分はそういう死に方をするのだろうと、スティーブン・A・スターフェイズは漠然と思っていた。「地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:本田屋あさ ジャンル:血界戦線 お題:清い雑踏 制限時間:15分 読者:597 人 文字数:586字 お気に入り:0人
ハロー、ミシェーラ。今日もここHLでは霧が立ち込めています。まぁそのおかげで異界人も普通に街を歩けてるんだと思うけどね。さすがHLって感じだよ。僕あんまりここの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:小説家たちのサッカー 制限時間:30分 読者:454 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
僕が文筆家を目指したのはなんてことはない、僕にとって多くのものをことばにするという行為が息をするのと同じだったからだ。こういうと難しいけれど、つまり僕は日記を書 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉