ジャンル:ときめきレストラン お題:弱い映画 制限時間:4時間 読者:38 人 文字数:698字 お気に入り:0人
[削除]

むだい ※未完





彼と一緒にお出かけしたくて。
彼と一緒に何かを共有したくて。
彼を連れ出したくて。



思い立ったら行動あるのみ、とばかりにスマホで召喚をかけ(30分ほど渋られた)、いかにも「メンドウクサイでーす」といわんばかりにあくびをした彼を見て少し安心したのが2時間前。


近場じゃ目立つんじゃない?という助言を受け、電車で少し離れた街へ向かった。
目的地に近づくにつれて減っていくお客さんを尻目に、次のライブにむけて「あの曲のここが難しい」「あの振り付けを逆に覚えた」なんて些細なことを(一方的に)話せば、彼からもぽつりぽつりと返事がある。僕とは違って、「ケントの食欲が増えてウザイ」「キョウヤさんがオカーサンみたい」なんていうメンバーの動向ばかりなのだけれど。
曲とかで苦労したりしないの?なんて聞けば「トーゼンじゃん?」と得意げに笑った。
いつものダルそうな顔が優しく綻ぶのが可愛くて、つられて僕も「そっか」と微笑んでしまう。


彼が時折触るトオル君のスマホと一緒にゆらゆらしている猫のキーホルダーは、僕が昔あげたものだった。
あげた時はただの気まぐれで、トオル君が猫好きだということも知らなかったのに、今でも大切につけていてくれる。「もらいものなんだからタイセツにすんのは当たり前じゃん」と言われたこともあったが、そのとき見えていたみみたぶが少し赤かったから、多分「トクベツ」にしてくれていたんだと思う。じわじわポカポカと温まっていく感覚が、とても愛おしく思えた。



寮から1時間20分、電車に揺られ続けてついた街は、はばたき市なんかより田舎で、はばたき市よりずっと静かだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:木村さん ジャンル:ときめきレストラン お題:昼間の墓 制限時間:15分 読者:541 人 文字数:914字 お気に入り:0人
剣人と透 捏造万歳 剣人が出かけたいと伝えると、透は無言で頷いてくれた。それなりに付き合いが長いふたりではあるので、相手が考えていることは手に取るように、とはい 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ゆめみ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:いしかり お題:消えた人々 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:413字 お気に入り:0人
朝。石切丸が日課の加持祈祷に励んでいる。その様子を見ているのが好きで、今日も静かに襖を開けた。するとはっきりと聞こえる彼の声。凛としている、が、久しく聞くことの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鋼の錬金術師 お題:漆黒の闇に包まれし闇 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:561字 お気に入り:0人
彼には、闇がよく似合った。===光と闇=== 艶やかな黒髪は、光の角度で緑がかって見えて。 黒を基調とした露出の多い服は、その白い肌を闇によく映えさせた。 紫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:綺麗な極刑 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:608字 お気に入り:0人
蒼い空の下には草花が咲き乱れ、爽やかな風は喧騒どころか鳥の囀りや虫の羽音すら乗せず、ただ涼しさと花の香りだけを運んでいた。楽園のような、しかしただ綺麗なだけの停 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:激しい罪人 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:490字 お気に入り:0人
俺はなんてことをしてしまったんだろう。そう思ったってもう遅い。どんなに考えたって悩んだって時間は戻ってこないのに。俺と三好さんが出会ったのは本当に偶然だった。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
甘庶(1%未完) ※未完
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:僕の好きな略奪 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:506字 お気に入り:0人
敗者の物は勝者の物。湖賊だった頃から、甘寧にとってそれが常識だった。いくさに勝てば、相手の財産を奪うのは当然のことで。だから今回だって、大敗した曹操軍の物は何だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:薄汚いパソコン 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:443字 お気に入り:0人
※ユーゴとリン。過去話。ユーゴがDホイールの調整に使うパソコンは、彼とリンが一から作り上げたものだ。モニターやキーワードは闇市で購入、細かい部品は少しずつ貯めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:フニャフニャの宿命 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
どうしても、映える個性というのは差があるものだ。華やかなヒーローを目指す者が大多数の世の中で。思想や、スタイルがフニャフニャと定まらない者と言うのは。つまはじき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:過去の恋人 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:829字 お気に入り:0人
それはゆきずりだった。雨がしとしとと降っている。部屋の中からガラス越しに薄暗い、灰色の世界を眺めながら、平賀は頬杖をつく。「なんだい、浮かない顔をして」カフ○ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:ダイナミックな超能力 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:748字 お気に入り:0人
平賀は飢えていた。物理的にお腹が空いている。彼にさてどれだけ基本的欲求が備わっているのか、あるいは感じているのかは不明だが、稀有なことに彼はおなかがすいてどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:捨てられた本 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:705字 お気に入り:0人
うちの本丸の中には、小さいが書物の保管庫がある。刀剣男士や審神者の私物であったり、政府から送られてきた必読のものであったり、様々な時代のものが一部屋に収められて 〈続きを読む〉