ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1286字 お気に入り:0人

【しゃざすま二次】春を捜しに!

「探偵さんはさがしものもとくいですか?」

アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように言います。アルジュナが、ありがとうございます、ときちんとお礼を言って飲み始めると、探偵さんは向かい合わせのソファに腰を下ろしました。

「探し物だけではないが、やれることはやろう。何か探して欲しいものがあるのかね?」
「はい!でもとっても難しいんです」
「ほう?」

探偵さんが言うと、アルジュナは背負っていたリュックサックを下ろし、中から図鑑を取り出します。そこには「はるのずかん」と書かれています。

「せんせいがこの本をくれたので、私、はるをさがしてみようと思ったんです。でもぜんぜん見つからなくて、こまっているんです」
「なるほど。春を見つけなければならないのか。それはどうして?」

探偵さんが聞くと、待ってましたとばかりにアルジュナの顔が輝きます。そうして春の図鑑をぱらぱらとめくり、開き癖のつきはじめたページを開いてふふふ、と笑いました。

「みてください、これ、さくらというお花なのです。とってもきれいですよね!おねえちゃんににあうと思うのです!」

ぱっとアルジュナの表情に、それこそ春風に誘われて踊る花びらのような明るさが差し込みます。

「私もアルジュニーも、村のそとのはるははじめてです」

探偵さんはふむ、と顎を撫でながらアルジュナの言葉の先を促します。

「だから、たくさんはるを見つけてみたいんです」

秋も、冬も、春も、それから夏も。季節を一回りして、そこに楽しいものを見つけたい。それを姉と共有したいといういじらしさに、探偵さんも首を振る選択肢はどこかへ飛んで行ってしまいます。

「君たちは本当に似ているな」
「?」
「つい先日、君のお姉さんもここにやってきたよ」
「えっ!」
「春にはこの近くの川べりの桜が満開になる。それを君と、弟と見たら、きっととても素晴らしいものになるだろうと伝えたんだ」
「さくら!これですか!?」

アルジュナが、開いたままの図鑑を指差して頬を上気させます。姉と自分が同じことを考えていたということに嬉しさを感じていたのでしょうし、更に言うのなれば、さくらが見れるかもしれないということも、アルジュナの嬉しさを倍増させています。

「そうだ。桜祭りはな、出店もある。お弁当を作って、一緒にでかけても楽しいだろう。お姉さんと…そうだな、おにぎりを作って、先生や助手の彼も誘ってみんなで行くといい」

探偵さんが言うと、益々アルジュナは瞳を煌かせ、とうとう立ち上がってリュックを背負い直します。

「ありがとうございます!私、お姉ちゃんのところにいきます!」
「お、おい」
「あっ!」

入り口まで戻ったところでアルジュナは振り向き、それこそ満開の花のように笑いました。

「たんていさんとよよぎさんも行きましょうね!」

年齢相応の純粋な願いに、探偵さんは毒気を抜かれ、テーブルに忘れていかれた図鑑のことも、しばらくたってから思い出したそうです。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉