ジャンル:ワールドトリガー お題:遅い外側 必須要素:難解な設定 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:895字 お気に入り:0人

髪の長いあの子(ミラエネ)

髪の長いあの子
 エネドラの髪が随分伸びたので、そろそろ切りなさいな、と肩に触れる黒髪を撫でてやると、「伸ばしてんだよ」と返された。
「どうして? 邪魔でしょう」
 聞けば、エネドラはぷいとそっぽを向いて答えるつもりはないとでも言うように黙ってしまう。
 年頃の男の子の髪型やファッションに口を出すなんてお節介な女だと思われたかしら、なんて思っていると、黙って隣に立っていたランバネインが
「あんまり触れてやるな。ミラの真似をしているんだよ」
 エネドラがばっと振り向いて、ランバネイン! と大声をあげた。あら……、本当に余計なことを聞いてしまったわ、と思っていれば、「ちげえから!」とエネドラが泣きそうな顔で喚いた。ランバネインがははは、と笑っている。
 
 髪が随分伸びたな、そろそろ切ったらどうだ。
 ハイレインがエネドラに言った。エネドラの髪はかつての私よりずっと長く伸びて、泥の王のような漆黒の髪は胸元に届きそうだ。私は彼に少し似ているのが怖くなって逆に短く切ってしまっていた。兵隊の女よりずっと髪の長いエネドラは、その髪でブラックトリガーに侵食された目を隠すようにしていた。ハイレインはそれをコンプレックスを隠すためだと思ったのだろうけれど、それなら後ろ髪を伸ばす必要はないと思ったんだろう。でも私は、昔のことを思い出して少し怯えた。ハイレインの傍に立つランバネインが、昔のように「ミラとお揃いにするためだよ兄貴」なんて言おうものならどうしようかしら。
 そう思っていたら、エネドラはくだらない私の思いを鼻で笑い飛ばして、
「俺の死体を戦場で見つけやすいだろ」
 と酷いジョークを言った。いつもは誰よりも強いことを声高に言って回るのに。どういう風の吹きまわしなの。
ハイレインは情緒不安定なエネドラに元から興味がないのか、冷ややかに「確かにな」とだけ返した。エネドラはその返事に、チッ、と舌打ちをして、俺が死ぬわけねーだろとぶつぶつ言いながらどこかへ行ってしまう。ランバネインが私を呼んだ。
「良かったな、俺のことを探してくれだと。まだまだかわいいお前の甘えん坊じゃないか」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:人妻の美術館 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:482 人 文字数:717字 お気に入り:0人
飲み物を買いに入ったスーパーはやけにごった返していた。狭い範囲をうろつく人々の足音が精肉売り場に集中している。今日は肉の日で、夕方からのタイムセールに主婦が殺 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あったか~い(若三) ジャンル:ワールドトリガー お題:美しい子犬 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:753 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
「あ゛ー!解らん!わかんねーよ!推理ゲーム嫌い!もう嫌だ!」ばたん、と勢いよくコアラが後ろに倒れ込む。その姿を見てあーあと思ってしまった。だから言ったのに。「う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:自分の中のテロリスト 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:841字 お気に入り:0人
もし明日世界が終わるとして、多分あんたとは一緒に居ないと思うんだよ。だけどそれ、嫌いってことじゃなくてさ。あんたとは居ないけど、でも俺の母親がもし俺に一緒にい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:神の絶望 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:988字 お気に入り:0人
腹に回った手がちょっとくすぐったかった。背中に人の頬がくっついていて何となくあったかいのももうそろそろ慣れてきた。いつも乗せるのとは違う身体というだけで、何と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:2つの冥界 制限時間:30分 読者:158 人 文字数:1132字 お気に入り:0人
その背中を見かけた城戸は、ほんの少し歩幅を広げた。声を掛けようと歩みを早め、顔をしかめる。「ここは禁煙だぞ、迅」 いつものブルゾンを羽織り、いつものサングラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:遠いサッカー 制限時間:30分 読者:140 人 文字数:456字 お気に入り:0人
渋谷にはもうたくさんのサポーターが集まっています!青いユニフォームを着た若いレポーターが蒸気した顔で陽々と伝える画面。やっと重い腰を上げるきっかけができた、と息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:ありきたりな顔 制限時間:30分 読者:823 人 文字数:671字 お気に入り:0人
ーー嘘をつくなとお前は言うが、嘘をつきたい気分なんだ。「悪いな、迅」得意のサイドエフェクトで何を見たのか。迅の顔はひどく歪んで見えて、何だか無性に触れたくなった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:359 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:元気な理由 制限時間:30分 読者:728 人 文字数:715字 お気に入り:0人
「撃てないと駄目ですか?……駄目ですよね」こちらの返答を待たずに、そう決めつけて眉を下げて笑う鳩原に二宮は苛立ちを覚えた。※「負けたのは俺のミスだったんです」本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:523 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

藤下峠10/80の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:sideM お題:恥ずかしいところてん 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1446字 お気に入り:0人
あ、と声を出したのは俺の方が早かったと思ったけれど、思わず溢れた小さな驚きの声よりも、紅井の「あ! 恭二さん」という声の方がよっぽどでかくて、その声のでかさに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:ワールドトリガー お題:遅い外側 必須要素:難解な設定 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:895字 お気に入り:0人
髪の長いあの子 エネドラの髪が随分伸びたので、そろそろ切りなさいな、と肩に触れる黒髪を撫でてやると、「伸ばしてんだよ」と返された。「どうして? 邪魔でしょう」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:戯言シリーズ 兎軋 お題:苦い町 制限時間:1時間 読者:185 人 文字数:2308字 お気に入り:0人
なんだか急に寂しくなって犬を飼いたくなったからペットショップについてきてくれないかと滋賀井に声を掛けられて面倒だなと思いながらも、あの滋賀井に誘われるなんてな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:戯言シリーズ 兎軋 お題:苦い町 制限時間:1時間 読者:200 人 文字数:2987字 お気に入り:0人
ゲームをつくったんだよ、と兎吊木はスカイプで言った。通話ではなくチャットにしていたから言った、というよりは打ち込んだ、の方が正しい。青と白の画面に、兎吊木の方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:戯言 兎軋 お題:俺と慰め 制限時間:1時間 読者:184 人 文字数:1947字 お気に入り:0人
たった今兎吊木垓輔を殺してしまった。言い訳をさせてほしいのだが殺したくてやったわけではない。気が付いたら殺していたのだ。嘘だ。殺意はあった。 そもそも原因は奴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:鉄血のオルフェンズ お題:宿命の検察官 制限時間:1時間 読者:450 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
死にたくなかったなあ、とそいつは大して思い入れもなさそうに呟いた。金髪で、はっと目が覚めるような美丈夫だ。宝石のように瞳はきらきらと輝き、身体は彫刻のように洗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:FGO お題:天才の寒空 制限時間:1時間 読者:233 人 文字数:3096字 お気に入り:0人
それを、恋だ! と思ったのが何故かと問われると、うまく説明はできない。かれこれ十数年という短い年月を生きてきて、恋愛というものはこれだ、と初めて思ったのだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:FGO お題:去年の風 制限時間:30分 読者:279 人 文字数:1340字 お気に入り:0人
宝蔵院胤舜の着物の裾からは、いつも白檀の、よいにおいがする。俺が彼をこのカルデアに喚びだしてから、何日も経過したというのに、その甘くて爽やかな線香のにおいは彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:ワールドトリガー お題:真紅の怒りをまといし声 必須要素:テレビ 制限時間:15分 読者:463 人 文字数:858字 お気に入り:0人
「死んだ後は地獄へ行きたい」 きっと辛くて苦しい場所なんだろう、と三輪は言い出した。「なんで?」「きっと人を殺した近界民や、人を○すトリオン兵を開発した奴らはこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠10/80 ジャンル:ワールドトリガー お題:僕の嫌いな高給取り 必須要素:男使用不可 制限時間:15分 読者:772 人 文字数:1023字 お気に入り:0人
唯我は貧乏人が自分に対して妬みや羨む感情を持っているだとか、殺したいほど恨んでいるとか、そういうことを思っているだなんて考えたことがなかった。それは唯我自身が 〈続きを読む〉