ジャンル:大乱闘スマッシュブラザーズ お題:経験のない屍 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1248字 お気に入り:0人
[削除]

屍と山頂

※アイ+マル


 剣を振るう動作というものは、元より身についていたものだった。元の世界で幾度となく振るった剣を、この世界に来てからも振るい続けている。というより、こちらの世界に来てからは、そうして剣を振るうことこそが主軸になっている。
 僕らは生きるために剣を振るうのではなく、戦い、競い、高め合うために剣を振るっているのだ。


「今日は随分と剣筋が鋭いな、マルス」
「そうかい? 自分では、あまり自覚はないけど」
「ああ。間違いない」
 しばし打ち合った後、アイクは感心を載せたような視線でマルスを見た。は、と息を吐き、額の汗を拭う仕草は、歴戦の戦士のようでもあり、気品を損なわない王族そのものでもあった。マルスはアイクの視線を受け、ゆるく瞬きをする。今日は確かに、迷いがあまりなかったような気がする。
「何か吹っ切れるようなことでもあったか?」
「吹っ切れる……どうだろう。元々、そう悩みがあった訳でもないし、……」
 言いかけて、はた、と止まる。
「……違うな。ねえ、アイク」
「ん」
「ここで剣を振るうのは、どういった感覚だい」
 真っ直ぐな空色の眼差しを受けたアイクもまた、真っ直ぐな海色の視線を以て応える。
「……正直なところ、楽しくて仕方がない。俺より強い奴が大勢いて、俺も強くなっていることを、日々実感している」
 それは、一切の迷いのない言葉だった。強くなるのがとにかく楽しい、戦うのが楽しい、と。そう告げる口ぶりは、ひどく正直なものだ。マルスは何度かその言葉を咀嚼し、なるほど、と一度頷いた。
 楽しい。
 その感情を持って剣を振るうことが、許された世界だ。
「マルスはどうなんだ」
「僕?」
 ファルシオンの柄に指を滑らせながら、マルスはそっと視線を下げた。

 剣を振るうということは、戦うということは、ひどく恐ろしく、使命的で、避けられないことだと思っていた。誰も傷つけたくはないというのに、勝利して大勢を救い、仲間や民を守り抜くには、剣を振るうしかなかった。
 人の身に切っ先が触れた時の感覚を、今でもありありと思い出せるし、その度に指先が震えもした。

 それは元の世界でのことだ。

 ここでは、剣を振るうことは。正当化されている。
 戦う為の剣。強くなる為の剣。
 たくさんの血を浴びながらも、この剣は、そうして純然な目的に辿り着いた。

「……まだ、わからないかな」
 アイクよりも多くの経験を積みながらも、マルスは未だ、答えを出せずにいた。迷いながら絞り出された言葉に、アイクは一度頷き、そうか、と相槌を打った。
「それでいいんじゃないか、お前は」
「そうかな」
「迷いながらでも、あれだけ鋭く剣が振れるんだ。十分だろ」
 剣を振るという事実に対して、迷ってしまうこと、優しさということ。それさえも、彼の剣を光らせるもののひとつだった。
 マルスは少し困ったように、眉を下げて微笑むばかりだった。強く、なりたかった。ここはとうに、屍の山ではないのだから。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:倉川テイラ ジャンル:大乱闘スマッシュブラザーズ お題:幼い目 制限時間:4時間 読者:557 人 文字数:1727字 お気に入り:0人
「夏周期の気温に合わせているんだが、結構な猛暑日になる事が予定されている。熱中症にならない様に、各自気を付ける様に」既に夏仕様の半袖となった赤いシャツを更に捲り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倉川テイラ ジャンル:大乱闘スマッシュブラザーズ お題:素晴らしいむきだし 制限時間:2時間 読者:484 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「あら、御機嫌よう力の君。今日も随分と邪悪な紫炎に塗れて悪臭がしますこと」「ご機嫌麗しい様だな知の姫君。相も変わらず何も成せそうにない細い身体でよくも吠えられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倉川テイラ ジャンル:大乱闘スマッシュブラザーズ お題:悔しい水 制限時間:2時間 読者:557 人 文字数:2739字 お気に入り:0人
鳴り響く剣撃は激しく弾き、向かい合う刃は刹那を生き抜く。大乱闘のお仕事の外でも、その殺陣は今日も賑やかに行われていた。「甘いっ!」低く放たれる言葉と共に、一瞬の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倉川テイラ ジャンル:大乱闘スマッシュブラザーズ お題:悲観的な小説練習 制限時間:2時間 読者:586 人 文字数:1507字 お気に入り:0人
硬い鉛筆の音が静寂の中で鳴り響く。一文字一文字、決して丁寧ではないが言葉を紡ごうと意思を持って書かれている事はよく伝わる空間で、その音は淡々と続く。ふさり、と狐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
朝の日課 ※未完
作者:倉川テイラ ジャンル:大乱闘スマッシュブラザーズ お題:斬新な笑顔 制限時間:30分 読者:416 人 文字数:1737字 お気に入り:0人
一言だけ呟くならば、それだけで済むのだと告げたかった。呼び掛けるならば、一歩近付くよりも容易いと教えたかった。朝に鳴く鳥の音が爽やかに空気を通るこの日に、毎度毎 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:同性愛の絵画 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「これは見てはいけないやつだ…」加州清光は僅かに震えながら呟いた。親切心だった。いつもなんだかんだ世話になっている初期刀殿がなにやら疲れた顔をしていて、主に聞け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:吸血鬼すぐ死ぬ お題:くさい何でも屋 必須要素:ホモ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1149字 お気に入り:0人
新横浜には少し変わった何でも屋がいる。『臭いものにはなんでも蓋をする』略して『くさい何でも屋』だ。正直、これには少し語弊があるかと思う。しかし、当の本人は気に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穢された水 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:607字 お気に入り:0人
「日向クン」名前を呼んでも返事がない名前を呼べば振り向いて眩しい笑顔で返事をしてくれる日向クンはいない絶望的だ。この世の中も、なにもかもキミがいないならどうでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い血液 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:371字 お気に入り:0人
それは、突然訪れた。前置きも、脈絡もなく、本当に唐突に。 風の噂で聞いたことがある。なんらかの影響で普通ではない特徴を持って顕現してしまう刀がいるらしい。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:穏やかな笑顔 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
「ねぇ、予備学科」学校帰りの途中で待ち伏せされていたこいつは人の顔を見ては予備学科、無能、凡人なんて言葉で罵倒してくる。「なんだよ」わざとっぽくうざそうにしてみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:最後の夜風 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:861字 お気に入り:0人
『お前が欲しい。』いつかその言葉を、心を、自分に向けて欲しいと。そう願ってしまったのはいつ頃からだろうか。=========================柄に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:マイナーな理由 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:341字 お気に入り:0人
財前光は見つめ続ける。白石蔵ノ介と遠山金太郎の人生を一人の登場人物として見守り続ける。なぜならば、わかっているからだ。彼だけは唯一、双方の人生をそれなり適当に、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:初めての人 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:211字 お気に入り:0人
「満寵殿は防衛に精通しているとお聞きしておりまが…」「え?防衛に興味があるのかい?防衛とは…で、罠が…さらに…」またやっている、と鍛錬を終えて料理屋に向かってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:恋の職業 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:619字 お気に入り:0人
「いーちまーい、にーまい、さーんまいよーんまい、ごーまい、ふぅん、これだけか」広いベッドの上で金札をパラパラとばら蒔く「なーんか、ツマラナイなぁあ、同級生でも襲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:夜のピアノ 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
暗い真夜中の夜忘れ物を取りに、と本校に足を運んだ時だった予備校の方から美しい音色が聞こえてきたのだ「予備校から、なんて。行きたくも無いけど」と自分に言い訳をして 〈続きを読む〉