ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:恋の職業 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:619字 お気に入り:0人
[削除]

日向君は壊れてる(モブ日、日向がビッチ)

「いーちまーい、にーまい、さーんまい
よーんまい、ごーまい、ふぅん、これだけか」
広いベッドの上で金札をパラパラとばら蒔く
「なーんか、ツマラナイなぁ
あ、同級生でも襲うかな。なんちゃって」
煽情的に微笑む
日向創は恋の職業、なんて簡単なもんじゃない
不純異性行為というものだ
売春、援交際、なんて言うやつである
全ては希望のために、いや、希望ヶ峰学園のため
に。初めは怖いこれも、快楽に馴染んで
今では夜に名前も知らない男の隣で媚びることばかりだ。積極的にだって出来る。
むしろ最近は快楽に身を任せ過ぎて金とかどうでも良くなっている
「疲れたな、シャワー浴びよう」
知らない男の匂いが体に染み付いて
気持ち悪い。されるのは好きだけど他の匂いがつくのは嫌だった
「ふんふふんふふーん♪」
いつのまにやら鼻歌を歌って気分が良くなっていた。嬉しいことなんて何一つ無いのに
「いつまで、続ければいいんだろ…」
たまに殴られたり、無茶ぶりな要求をされて
体はボロボロだ。煙草の焼け跡、痛々しい切り傷改めて自分の体を見ると汚れていて泣きそうになった。「ツマラナイなぁ」
なんて、自分を誤魔化してもこの傷は癒える事など無いのに
「ッはは、もうおれ、どうでもよくなってきた」
体だけじゃなく、心までボロボロなのに
彼は、この先ずっと気付くことはないのだ

「………うぷぷぷぷ」
「絶望に堕ちておいで」
「日向創クン」
絶望の女神が彼に微笑むとは知らずに

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
夜のかいぶつ ※未完
作者:青海たまな ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:夜の愛人 制限時間:30分 読者:166 人 文字数:1627字 お気に入り:0人
ああ、日が暮れる。 橙色に染まる帰路に落ちた影が、どんどんと細長く伸びていく。 どんどんどんどんと伸びていって、その影はコテージの扉へと届いた。 届いてしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:せな ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:煙草と悪 制限時間:30分 読者:325 人 文字数:1108字 お気に入り:0人
「うえっ、げ、ほ……」「それは大袈裟じゃない?」 なんだか萎えたような目を向けられる。それも上の方から。……むわ、と、また漏れ出たけむりがその視線を遮った。いや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はぎこ ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:許されざる人々 制限時間:30分 読者:772 人 文字数:730字 お気に入り:0人
その美しい島にやってきたのは何度目だったか、とにかく忙しかった頃だ。事務的な処理はくさるほどあった。「これ、頼めるかな」「……」無言で書類をひったくられて苦笑す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はぎこ ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:忘れたいおっさん 制限時間:30分 読者:739 人 文字数:663字 お気に入り:0人
変な髪型に結った色黒で髭面のおっさん。それが日向創の目下の悩みであった。「どうしたの? 日向くん」こうやって超高校級のゲーマー呼ばれる少女と楽しく遊んでいてもそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もくお ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:残念な雑踏 制限時間:30分 読者:813 人 文字数:1331字 お気に入り:0人
「ボクはボクと言う人間が生まれた意味を見つけたいんだ」何処までも続く線路の上に狛枝は横になり呟いた。狛枝の横で、鉄の塊の下へ体を潜らせる左右田はそうかと生返事を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:末期患者いみさん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:誰かと別れ 制限時間:30分 読者:608 人 文字数:1157字 お気に入り:0人
声がして、左右田は顔をあげたのだ。わずか上から降ってくる声の招待を確かめるべく、視線を足下から真正面に。しかしそこにあると思った顔はなく、モザイクのような、靄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
マージナル ※未完
作者:末期患者いみさん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:愛と死のネット 制限時間:30分 読者:595 人 文字数:770字 お気に入り:1人
生きるために必要なものはこの世にごまんと揃っているのにどうして手に入れにくいのだろう。いくら嘆いたところで求めるものがやってくるわけではなく、世界とはギブアンド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イヤンセル種市 ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:記録にない春 制限時間:30分 読者:851 人 文字数:1368字 お気に入り:0人
ばちっ、と音がしそうな程、頭から冷水をかけられたように目が覚めた時、日向はそれまで見ていた夢が何だったのか、うまく思い出せなかった。変な夢を見たような気がして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山木:春W43b ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:灰色のパイロット 制限時間:30分 読者:833 人 文字数:1007字 お気に入り:0人
【狛枝と日向】(普通の学園生活を送る二人の話) 空を見上げた日向は、流れる飛行機雲を見つけて横にいる狛枝を小突いた。 昼食を終えて本を読んでいた狛枝は、視線を上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:山木:春W43b ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 お題:小説の昼食 制限時間:30分 読者:871 人 文字数:1013字 お気に入り:0人
【狛枝と日向】(普通に高校生活を送る二人の話)「放課後、付き合ってよ日向くん。」「断る。」 良いでしょどうせ暇なんだし。 言って、狛枝は日向の腕をとる。 今はま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石商リチャード氏の謎鑑定 お題:3月の経験 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:208字 お気に入り:0人
春先とはいえ、三月の朝はまだ肌寒い。豪奢なホテルのロビーから外に出ると、冷水のような風が仕立ての良いスーツに身を包んだ俺の体に吹きつけて、思わず縮こまる。リチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:今日の牢屋 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「イライさん」「おはよう、イソップくん。今日はこの鎖を外してくれるのかな」「さぁ、どうでしょう。貴方が僕の元からいなくならなければ、の話ですが」「手厳しいね。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキプロ お題:僕と男の子 必須要素:囚人 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
「こっちだよ!早く早くっ」俺が小さな男の子に手を引かれて、小走りで辿り着い先は何も無い砂漠のような場所。遠くに陽が落ちて空が美しい光と闇の境目を見せる、踏み締め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:スポーツの地下室 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:710字 お気に入り:0人
夏の祭典サバフェスに送り込まれた私たちは、ジャンヌダルクオルタと一緒にサークル出店するべく、日がな作品を作っている。「オルタは今回のループでは、どんな話が描き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:早い口 必須要素:キノコ 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
俺の恋人は、とにかく口が上手い。人を欺く天才だ。よく回る舌で嘘に嘘を重ねてべらべらとよく喋る。おしゃべりは先に死ぬ、と姐さんは云っていたが、太宰が物を云えなくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:愛の稲妻 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:1120字 お気に入り:0人
珍しくお互い仕事がなかったが、生憎の嵐で出掛けるのは無理そうだ。そんな日の昼。食器を片付け終わり、ソファに並んで座って珈琲を呑んでいたとき、暇をもて余した太宰が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:来年の神話 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:652字 お気に入り:0人
「ハスター様、どうなされました?」蒼い瞳を輝かせ、まるで幼子の様に愛らしく笑う邪神とも呼ばれるハスターにとって人間等降ってきた雪の粒のように触れただけで消してし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:情熱的な表情 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:1030字 お気に入り:0人
何時もふとした瞬間に思うことがある。私の恋人の中原中也だ。大体は私から甘えて中也が構ってくれて事に発展するのがいつものパターンだ。でも本当にそんな関係でいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:コーヒーとアレ 必須要素:お盆 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:409字 お気に入り:0人
私はお盆を持って部屋にはいった。「しつれいするよー。」「だっ太宰さん、すみません。」そう。うちの社員の中島くんが風邪を引いたので看病をしに来たのだ。「お粥だよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:団地妻の電話 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:511字 お気に入り:0人
プルルルルルその音と同時に目覚めた。「…はいはい…」まだ寝ぼけている目を擦りながらスマホを開く、名前は不明で見たこともない電話番号だった。するとプーップー 〈続きを読む〉