ジャンル:刀剣乱舞 お題:汚れたあいつ 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:679字 お気に入り:0人

長谷部が包丁に歯磨きを教える話

「は、って、歯のこと? もしかして」
「そうだ。なんだと思ったんだ」
「そりゃあ俺たちだったら、刃、でしょ。長谷部はそう思わなかったわけ?」
「ああ、まあ、確かにな。いや、どうだったかな。ともかく、これがお前の分だ。包丁藤四郎」
 長谷部が首をかしげながらも俺に小さいブラシを押し付けてくるので、しぶしぶ受け取る。
「歯を磨いたからってなんだっていうのさ」
「歯がきれいになる」
「別にきれいじゃなくてもいい」
「だが歯が汚いのは、口臭の元だ」
「ええ」
 臭い口の刀剣男士には幸いまだ出会っていない。ということは、この本丸の男士たちは皆、歯を磨いているのだろうか。
「ばかみたいだ」
「そうだ、口が臭いのはみっともないんだ」
 長谷部は俺のぼやきの意味をすっかりはき違えてうなずいている。
「ほら、歯ブラシをこっちに出せ」
「あげるって」
「いらん、それはお前のだ。で、これが歯磨き粉」
 長谷部によってチューブから押し出された白色のねっとりしたものが俺の歯ブラシの上に乗せられた。ますますこれを口に入れる気がしない。全然粉じゃないじゃん。
「人の身を得たのだから、できることはなんでもやるのがいいと、俺は思う」
 しゃこしゃこと歯を磨いている長谷部のことが、俺はまだちょっと信じられない。
「それでなんかいいことあるかな」
「あるさ」
 どうして即答できるんだよ、と思う。とりあえず歯ブラシを口の中に入れてみる。
「まずい」
 長谷部がくっくっくと肩を震わせて笑っている。顕現したての俺に本丸を案内してくれるこの刀は、ずいぶんといい性格をしているらしい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:258 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:つらい小説トレーニング 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「はぁ‥‥。」いくつかの本丸を定期巡回しているこんのすけが、今回持ってきた政府からの業務連絡。毎度毎度、とんでもない量の提出物を求めてくるとはいえ、今回ばかりは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:たった一つの、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:333字 お気に入り:0人
審神者には、大事な御守りがある。いつも首から下げ、入浴等を除いて、外すことがない。あまりにも大事にしているものだから、とある日、近侍が尋ねてみた。その御守りは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:可愛い喜び 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:929字 お気に入り:0人
(※腐向けです)(※燭へし)燭台切光忠の同位体は、基本的に料理スキルが高い。これはどの本丸でもほぼ共通しているだろう。この本丸の燭台切光忠も例に漏れず、料理を作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:許せない帝王 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:267字 お気に入り:0人
「俺が許せないのは、君だ。三日月」鶴と月が睨み合う。審神者は、三日月宗近にしがみついて、離れそうとしない。他の刀剣は、鶴丸国永の後ろから、様々な思いを乗せて、一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:贖罪の結婚 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:464字 お気に入り:0人
もう何もいらないと思ってしまった。この人さえいてくれるなら。自分がもといた時代で生きる、家族も、友人も、自分自身の過去も未来も、なにもかも。置いていこう。そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:ぐちゃぐちゃの娼婦 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:268字 お気に入り:0人
そこに居たのは、ただの女になれ果てた主だっ。こうして、刀剣たちが肌に触れることを許し、その身を委ねてくる。選り好みをせず、求められれば、それに応える。なぜ、唯一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
燭へし? ※未完
作者:水鳥@ 通販はじめました ジャンル:刀剣乱舞 お題:それいけ決別 必須要素:つけ麺 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:451字 お気に入り:0人
「待たせたねぇー!」「うわっ!?な…なんだ、燭台切か。いきなり入ってくるな!」 部屋で書き物をしていた長谷部は、慌てて文机に広げていた紙を掻き集めた。抱きかかえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くりすぴーしゃーべっと@かたつむり ジャンル:刀剣乱舞 お題:暑い体験 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:955字 お気に入り:0人
夏は、嫌いだ。何度も体験したわけじゃなく、これが初めてだ。それでも、自分は夏が嫌いなのだと言い切れる。 まず一つ目に、喉が渇いて仕方が無いということ。喉を通り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:不屈の理由 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:641字 お気に入り:0人
「ごめんな。俺、あんたのこと、もっと弱い奴かと思ってた。」もうすぐ夕餉の時間だ。そして本日の近侍の仕事も、終わりを告げようとしていた。書類業務の仕上げに集中して 〈続きを読む〉

英子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:英子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:汚れたあいつ 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:679字 お気に入り:0人
「は、って、歯のこと? もしかして」「そうだ。なんだと思ったんだ」「そりゃあ俺たちだったら、刃、でしょ。長谷部はそう思わなかったわけ?」「ああ、まあ、確かにな。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
と、尋ねた。 ※未完
作者:英子 ジャンル:ハイキュー!! 兎赤 お題:うへへ、娼婦 制限時間:15分 読者:785 人 文字数:419字 お気に入り:0人
木兎光太郎は女を買う。風俗店に行って適当な女を選んでセ○クスをして金を払って家に帰る。鍵を回してドアを開ける。木兎に反応して自動で電気がつく玄関以外は真っ暗だ。 〈続きを読む〉