ジャンル:刀剣乱舞 お題:汚れたあいつ 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:679字 お気に入り:0人

長谷部が包丁に歯磨きを教える話

「は、って、歯のこと? もしかして」
「そうだ。なんだと思ったんだ」
「そりゃあ俺たちだったら、刃、でしょ。長谷部はそう思わなかったわけ?」
「ああ、まあ、確かにな。いや、どうだったかな。ともかく、これがお前の分だ。包丁藤四郎」
 長谷部が首をかしげながらも俺に小さいブラシを押し付けてくるので、しぶしぶ受け取る。
「歯を磨いたからってなんだっていうのさ」
「歯がきれいになる」
「別にきれいじゃなくてもいい」
「だが歯が汚いのは、口臭の元だ」
「ええ」
 臭い口の刀剣男士には幸いまだ出会っていない。ということは、この本丸の男士たちは皆、歯を磨いているのだろうか。
「ばかみたいだ」
「そうだ、口が臭いのはみっともないんだ」
 長谷部は俺のぼやきの意味をすっかりはき違えてうなずいている。
「ほら、歯ブラシをこっちに出せ」
「あげるって」
「いらん、それはお前のだ。で、これが歯磨き粉」
 長谷部によってチューブから押し出された白色のねっとりしたものが俺の歯ブラシの上に乗せられた。ますますこれを口に入れる気がしない。全然粉じゃないじゃん。
「人の身を得たのだから、できることはなんでもやるのがいいと、俺は思う」
 しゃこしゃこと歯を磨いている長谷部のことが、俺はまだちょっと信じられない。
「それでなんかいいことあるかな」
「あるさ」
 どうして即答できるんだよ、と思う。とりあえず歯ブラシを口の中に入れてみる。
「まずい」
 長谷部がくっくっくと肩を震わせて笑っている。顕現したての俺に本丸を案内してくれるこの刀は、ずいぶんといい性格をしているらしい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:282 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い軽犯罪 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:484字 お気に入り:0人
見てくれ、このはちきれんばかりの青い空を。季節は夏。真っ盛りの夏。俺と審神者殿は草木が茂って陰になっている納屋の後ろにいた。「ちょーぎくん、だめだって」「口では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:重い汗 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:350字 お気に入り:0人
「ぬぅぅ…うぐぅ…処理が追いつかないぃぃぃ…!」何重ものクラッキングを躱し、呪術的な妨害の手数も退けた。神剣たちを荒御魂の鎮魂の舞に集中させたくて一人防御方を任 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独なピアニスト 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:241字 お気に入り:0人
弾き続ける鍵盤は、実は割と硬いくらいが好きなんですわ。自分のやる気のなさを知る連中からしたら「意外」と言われるやろうけど。ま、好みに一貫性がある道理はありまへん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
踊る ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い踊り 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
とんとんかたんとんとんかたん。目を閉じれば聞こえてくるそれは、鍛冶場の音だという。ある短刀は、人間の心臓の鼓動の音のようですね、と言った。産まれた時のその記憶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:ダイナミックなダンス 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:370字 お気に入り:0人
「そこ! テンポが遅いぞ!!」激が飛ぶそこは、本丸の中で、道場と見間違うほどの多きな部屋だが、実際はダンススタジオだ。何故、ダンススタジオがあるかというと、現在 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:かたい雪 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:121字 お気に入り:0人
「よーし」和泉守兼定がパンパンと叩いているのは、雪を固めた壁だ。「これで、思いっきり、雪合戦ができますね!」その横ではしゃぐのは、堀川国広だ。テレビで見た、競技 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない月 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:281字 お気に入り:0人
「すごく大きなお月様ですね!」大喜びして、小さな手を伸ばしたのは秋田藤四郎だった。この本丸の主は月が大変好きだという理由で、過去の観測データが残っているある月の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の帰り道 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:749字 お気に入り:0人
「うー、さむっ」寒い寒い、と手をこすり合わせれば、それだけ着ているのに何を言っているんだ、という顔の国広と目があう。「あんたはあったかそうだよね……」簡単な遠征 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:彼女の百合 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:313字 お気に入り:0人
整然とした机の上。その正面奥に透明な花瓶に生けられた白い百合の花が慎ましやかにたたずんでいた。へし切長谷部は自身の机の上のその花を眺めていた。普段彼は険しい顔を 〈続きを読む〉

英子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:英子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:汚れたあいつ 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:679字 お気に入り:0人
「は、って、歯のこと? もしかして」「そうだ。なんだと思ったんだ」「そりゃあ俺たちだったら、刃、でしょ。長谷部はそう思わなかったわけ?」「ああ、まあ、確かにな。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
と、尋ねた。 ※未完
作者:英子 ジャンル:ハイキュー!! 兎赤 お題:うへへ、娼婦 制限時間:15分 読者:799 人 文字数:419字 お気に入り:0人
木兎光太郎は女を買う。風俗店に行って適当な女を選んでセ○クスをして金を払って家に帰る。鍵を回してドアを開ける。木兎に反応して自動で電気がつく玄関以外は真っ暗だ。 〈続きを読む〉