ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:フニャフニャの宿命 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
[削除]

カッコイイフニャフニャ

どうしても、映える個性というのは差があるものだ。
華やかなヒーローを目指す者が大多数の世の中で。
思想や、スタイルがフニャフニャと定まらない者と言うのは。

つまはじきにされるか、うまく擬態するかだ。

ホークスは羽根を弄りながらふっと自重気味な笑みを浮かべる。

自由に、フットワークの軽い風雲児。

誰の事だ?それは。

仕方がなかった、そういった経緯を汲むしかなかった。
フニャフニャな存在であるコトを決めたその想いはある意味強固で、柔軟性からは程遠い。
ソレを見透かすようなプロヒーロー、エンデヴァーの視線は、胸元を締め付ける。

そんな目をしないでくれよナンバーワン。
俺だってわかっているさ。
どこにも属せない、どこにも属すそんなコウモリのようなヤツの居場所はいつか足元を掬われ露と消える事ぐらい知っている。

「ホークスはすごい。」
ふて腐れたような常闇との習慣となった夜間飛行中。
ボソリといじけるようなその声が現実に引き戻す。

職場体験での最期の不満だろうか。
そういえばそろそろ終了だったか。
「ん?」
そういった事に気づいていない振りをするのも大人の優しさだろう。
曖昧な笑みで振り返ると。

真っ直ぐに、射抜くような瞳で見すえた彼は続ける。
「貴方は、いい加減な……、柔軟、いや、なんというか。違うな。こう……他のヒーローにはない。その。」
「……俺はその辺は平凡だよ。」
彼の気の効く言葉を待たずに結論を出そうとすると。
「いや、そう!!フニャフニャ!!」
「はぇ?」
想定外の単語にポカンとしていると。
会話終了を遮ろうと咄嗟だったのだろう。
もだもだと恥ずかしがる様子を浮かべながら。
消え入りそうな声で細くする。

「なんというか、貴方はナンパな感じで。正直、いい加減だと思った。お調子者だとかそういう。ナナメに構えるのがかっこいいと思っているようなそういう輩かと。」
「おいおい、言ってくれるね。」
思春期ボーイ、ソレを君がいうか厨二病盛りの君が。
苦笑がうかぶこちらのキモチなど無視して彼は続けた。
「だけど、ソレは臨機応変というのだと気づいた。」
「そう?」
「だが、正しい対応というよりは、やはりこう、いい加減な形で。そう思うと的確にあなたを示す言葉が浮かばなかった。」
子供と言うのは時に聡いから困る。
「あなたをあらわすのはだからフニャフニャじゃないかとおもったんだホークス。何者にも囚われないフニャフニャなのに。軽くかっこいい。」
ああ、なんて殺し文句。
無邪気故のホメゴロしに淡く笑い、彼の望むようなフニャフニャなヒーローの宿命を背負いなおそうと。
心に決めるのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:J ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:昨日食べた外側 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:289字 お気に入り:0人
意地っ張りな君の外面を喰らい尽くしてやろうと、僕は確かにそう思った。強がりなんて金輪際言えなくなればいい。甘えたい時には素直に甘えてほしい。そんな恋人としてもっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎蔵@R18 ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:昨日食べた外側 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:181字 お気に入り:0人
操を捧げたところで別段、何か変わるという訳でもなかった。誰よりロマンチックな朝を迎えられると思っていたのに、起きてみれば枕元には恋人の寝顔やプレゼント入りの靴下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎蔵@スウィハニA40 ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:つらい映画館 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:160字 お気に入り:0人
硝煙と共にスプリンクラーが吹き荒れたのを見て、咄嗟に敷金の償却について考えてしまうような自分だからこんな自体を引き起こすのだ。まるで映画の中のお話みたいだ。室内 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:輝く火事 制限時間:15分 読者:110 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「……花火?」「そう、花火。季節外れだけど線香花火だけ余っちゃってたから…、2人でしてみない?」「する」高校でできた初めての友人。緑谷出久に花火を誘われたのは昨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:オレだよオレ、父 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:837字 お気に入り:0人
「もしもし、緑谷ですけど…」「もしもし?オレだよ、オレ、父親だけど」「………人違いじゃあないですか?」「あれ、間違った?緑谷出久の父なんだけど、出久の声じゃない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:生かされた豪雪 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:741字 お気に入り:0人
「雪を見た事がないんだ」そう言う彼の為に、俺はあの日雪を見せてあげようと思ったんです。この力を人前で使ってはいけないと御館様は仰いましたけれど、俺は緑の瞳を瞬か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎蔵@スウィハニA40 ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:素晴らしい船 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:181字 お気に入り:1人
緑谷の行く船路ならば、例え世界の果てまでも付いて行き共に沈んでやろうという勝手な操を、轟は十余年も立て続けていた。しかし緑谷が共に沈むべき相手は他に七十五億人も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:素晴らしい船 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:727字 お気に入り:0人
A組B組合同の授業が二学期になって増えてきたんだけど、今日は組をシャッフルしてできた組み合わせで戦っていくらしい。更に、その組み合わせは試合中に決まっていく仕組 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:騙されたつるつる 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:716字 お気に入り:0人
お昼ご飯の時、毎回轟くんはお蕎麦を頼む。どうしてだろう?恋をしてる相手のことを知りたくなるのは当然のことなので……。毎回カツ丼を食べる僕に聞かれたくはないだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シャークズ河太郎 ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:マイナーな窓 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:692字 お気に入り:0人
どうしたの、走り抜いて行く友人に声を掛けられて、我に返る。なんでもないよと笑い、足を出す。 最近、部活の時間に視線を感じるのだ。私の個性は、人よりほんのちょっ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:ありきたりな四肢切断 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:310字 お気に入り:0人
怨霊を調伏しようとして、へまをしただめだ、猛烈な反発で、1人では抑えきれない?直江はまだか?千秋でもいい、もうもちこたえれそうにない、、。 瓦礫に足をとられ高耶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キラッとプリ☆チャン お題:12月の裏切り 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:138字 お気に入り:0人
Qw月と言えばクリスマスだと思う。私の名前は桃山みらい。中学二年生だ。今年のクリスマスはミラクル☆キラッツのメンバーと虹の咲さんと過ごす予定だ。今日はクリスマス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス 太中 お題:明日の町 必須要素:生理痛 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
橋の手摺から下を見下ろす。遥か下では、先程迄の豪雨で水かさも流れる激しさも増した川が流れている。微笑み、手摺に上る。そして、両腕を広げ、寒々とした夜風を細身の躰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハンター×ハンター お題:トカゲの事故 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:575字 お気に入り:0人
突然ぶつんと電源が抜けた様に画面が暗くなった。画面といっても脳内にある画面の事で、ぶつんと切れたのは電源ではなく、念能力の効果だ。小動物を自在に操り、一時的にカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:苦い復讐 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:3546字 お気に入り:0人
アニメ56話を基にしました。クルーガーとクサヴァーが、ヒィズルの為に働く諜報員のような存在だったら・・・という妄想と捏造甚だしい拙作でございます。アニメ56話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:くじら お題:戦争と木 必須要素:200字以内 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:199字 お気に入り:0人
幼い頃私の胸に植わった木は、いつの間にか憧れに変わり、枯らせぬまま御歳三十を迎えようとしている。 ただその世話をし続けた私は純粋な心持ばかりでは無い。より熱心に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
踊る ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い踊り 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
とんとんかたんとんとんかたん。目を閉じれば聞こえてくるそれは、鍛冶場の音だという。ある短刀は、人間の心臓の鼓動の音のようですね、と言った。産まれた時のその記憶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:漆黒の闇に包まれし流刑地 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:964字 お気に入り:0人
楽屋に備え付けのソファで武智は眠っている。その顔に疲労と焦燥を見てとって、田中は(まだ、そうなのか)と思った。M-1グランプリ──芸人であれば誰もが望んでやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:小説家の床 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:209字 お気に入り:0人
廊下と和室を仕切る襖を開けた途端、何も書かれていない原稿用紙が滑り落ちてきた。和室の床じゅう、手付かずの原稿用紙が散乱している。高耶は溜め息をこらえつつ、大股で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ お題:同性愛の潮風 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:616字 お気に入り:0人
鯉登は海が苦手だ。認めたくない辛い記憶が呼び起こされるからだ。なるべく海に近寄らないように生きてきたが、それでもこの度、敬愛する鶴見中尉からの命令で樺太へ渡るた 〈続きを読む〉