ジャンル:忍たま乱太郎 お題:かたい机 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:267字 お気に入り:0人

綾部喜八郎と机 ※未完

教科書や実習道具でいっぱいの机のうえで埋もれて寝ているのは、同室の綾部喜八郎だ。ホコリまみれのその机で、よくもまあそんなに気持ちよさそうに眠れるものだ、と呆れる。綾部喜八郎という男は、布団よりも机で寝ている方が多いのではないか。いや、布団よりも机よりも穴の中で寝ていることの方が多いが、そんなことはどうでもいい。なぜ、この男は机で眠るのか。さしずめ本でも読みながらうとうとしていたのだろう。顔の下に敷かれている本にはよだれが湖を作っている。汚いな。ほら、そんなところで寝ていたら風邪をひくぞ、と起こしてみるが、一向に起きる気配がない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:どうあがいても大雪 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:654字 お気に入り:0人
喜八郎は悩んでいる大雪の中落とし穴を作りに山奥に来たのだが…色々あって雪に埋もれた。あがいたら余計埋もれた…助けを待つか…まぁ、この大雪の中助けは来ないけど。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:暗黒の屍 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:501字 お気に入り:0人
洞窟で雨宿りをしている。落とし穴を作り終わり、学校への帰り道の途中で雨が降りだして、今、洞窟にいる。暇だし洞窟の中でも探険しようか。近くにあった木の枝に火を灯し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:嘘の言い訳 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:938字 お気に入り:0人
僕は見ている。僕の彼女が浮気をしているのを。「んぁ、ぁぁ、もっと激しくぅ」勘左衛門という奴とヤっている。「もう、イきそうだぁ…!」「…ああぁぁあん!」「もう一発 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:怪しいお尻 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:542字 お気に入り:0人
就寝しようと部屋に戻ったら、部屋に春画が一冊あった。…同じ部屋で過ごしてる奴のだろう。だって、裏に名前が書いてあるし。今日は、みんな里帰りに行ったらしい。だけど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:奇妙な屍 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:175字 お気に入り:0人
僕が昨日、山奥に作った落とし穴に誰か落ちたか確認したところ、そこには奇妙な屍があった。それは、若い女性である。ただ、頭が無い。そうだ、きり丸が昨日アルバイトで山 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:鳥の社会 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:219字 お気に入り:0人
「あー、疲れた」今日の授業が終わった社会に出たら忍者になるため、学校にいる。楽しみといえば、落とし穴を作る事である。あとは、くノ一の学校に行ってる僕の彼女と週二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:穢された時雨 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:297字 お気に入り:0人
僕はこの時期の時雨が嫌いだ僕の心を写してるみたいで僕の初恋の人が去った時も雨が降っていた。いつものように落とし穴を作っていた時に彼女は現れた彼女は僕が作った落と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
隠れていた家 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:殺された家 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:681字 お気に入り:0人
夏特有の風が吹く中、私たちはきり丸のアルバイトのお手伝いに出掛けていました。「いや~、儲けた儲けた!乱太郎、しんべヱ、今日はありがとな!」「いいよ~、私も楽しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:古白(こはく) ジャンル:忍たま乱太郎 お題:そ、それは・・・接吻 制限時間:15分 読者:434 人 文字数:613字 お気に入り:0人
鬼蜘蛛丸は南蛮の書物を読む事もある。ドクタケには南蛮帰りのキャプテン達魔鬼もいるし、南蛮の策略を知っておいて損はない。しかし、言葉がわからなければそれを読み解く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人妻の凶器 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:人妻の凶器 制限時間:15分 読者:577 人 文字数:253字 お気に入り:0人
「どうなっているんだ」道行く人を横目に、仙蔵は一人呟いた。ー佐渡の村に住む、氷屋の嫁を調べる事ーそう実習として学園から出された巻物には記されている。なんでも、氷 〈続きを読む〉

化体弱する人間の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:化体弱する人間 ジャンル:忍たま乱太郎 お題:かたい机 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:267字 お気に入り:0人
教科書や実習道具でいっぱいの机のうえで埋もれて寝ているのは、同室の綾部喜八郎だ。ホコリまみれのその机で、よくもまあそんなに気持ちよさそうに眠れるものだ、と呆れる 〈続きを読む〉