ジャンル:刀剣乱舞 お題:誰かの円周率 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:695字 お気に入り:0人

円周率と卵 ※未完

【誰かの円周率】


3.15

円周率。円環の理の数字。ぐるぐるまわる歴史の中で僕たち私たち俺たちは続いている。

まんまる。円。和。いろんな人のいろんな歴史。鶏が先に生まれたのか、卵が先に生まれたのか。ねえ、君はどちらだと思う?


カンカン、カツッ、パカ……

そんな音を立てて卵の中身はボウルに落ちて行った。ぐつぐつと鍋から煮立つ音がする。歌仙くんが忙しそうに手際よく動きまわっている。

トントントンと加羅ちゃんが菜っ葉を切っている。丁寧に切るものだから「遅い!」とそわそわした歌仙くんに怒られても取り付く島もない。気にせず一定のリズムを刻んでいる。

堀川くんが鍋を振るう。ジャーーーと景気のいい音を立てて美味しそうな匂いをさせている。細腕の彼も刀剣男士、そしてこの本丸の調理部の一員だ。料理は根気と力とすこしの繊細さが必要であるからにして、堀川くんにはそれはぴったりのところだと思う。

「光忠」

ボウルの中の黄身も、まんまるだった。お月様のようなまんまるの円。僕は歪(いびつ)だって気にしないよ。それが卵であることに変わりはないからね。望月さんとかは実装されないのかなあ……。そうしたらこの本丸の円周率は彼のものになるのにね。

「光忠」
「ん?なに、加羅ちゃん」
「……手が止まってる」
「ああ、ごめん。つい考え事をしていてね。そうだ、加羅ちゃん。鶏と卵、黄身はどちらが先に生まれたと思う」
「ふん、そんなことに思いをはせる暇があったら手を動かしたらどうだ。部長」

彼なりの心配だということは、元同じ持ち主であることから分かった。偵察値がまたあがったかな、加羅ちゃん。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:ぐふふ、コメディ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:477字 お気に入り:0人
可哀想になと、少し同情気味に同田貫は視線をそらした。まあ、相手が悪かったと思ってもらうしかない。同田貫の後ろに並ぶ面々を見れば早々怒り出すこともなかろう。同田貫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:煙草と借金 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:567字 お気に入り:0人
それを見た時には、心底驚いた。遠くを見つめながら、指に手挟まれてた白く細い筒。そいつの時代には見たこともないだろうに、どこで手に入れたんだろう。しばし呆然と見つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:騙されたにわか雨 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:529字 お気に入り:0人
咄嗟に飛び込んだのは、古びた茶屋のひさしの下だった。自分一人なら濡れていくのもいいが、そういった雑な振る舞いを、連れ合いは非常に嫌うだろうと考えたからだ。案の定 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:犬の電撃 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:935字 お気に入り:0人
最近、大倶利伽羅の様子がおかしい。原因はわかっている。全面的に俺が悪い。けれど大倶利伽羅は責めてすらくれなくて、どうしたらいいか、わからない。その日は、久々の宴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:進撃の冒険 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:317字 お気に入り:0人
山の中の散策には少々蒸し暑い日和には、何故だかさらに暑くならざるを得ない出来事がやってくる。「我々の土地に侵入するとはいい度胸だ」蜻蛉切は背負った籠を水平に保ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:重い汗 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:350字 お気に入り:0人
「ぬぅぅ…うぐぅ…処理が追いつかないぃぃぃ…!」何重ものクラッキングを躱し、呪術的な妨害の手数も退けた。神剣たちを荒御魂の鎮魂の舞に集中させたくて一人防御方を任 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独なピアニスト 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:241字 お気に入り:0人
弾き続ける鍵盤は、実は割と硬いくらいが好きなんですわ。自分のやる気のなさを知る連中からしたら「意外」と言われるやろうけど。ま、好みに一貫性がある道理はありまへん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:ダイナミックなダンス 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:370字 お気に入り:0人
「そこ! テンポが遅いぞ!!」激が飛ぶそこは、本丸の中で、道場と見間違うほどの多きな部屋だが、実際はダンススタジオだ。何故、ダンススタジオがあるかというと、現在 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さの ジャンル:刀剣乱舞 お題:かたい雪 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:121字 お気に入り:0人
「よーし」和泉守兼定がパンパンと叩いているのは、雪を固めた壁だ。「これで、思いっきり、雪合戦ができますね!」その横ではしゃぐのは、堀川国広だ。テレビで見た、競技 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:とんでもない月 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:281字 お気に入り:0人
「すごく大きなお月様ですね!」大喜びして、小さな手を伸ばしたのは秋田藤四郎だった。この本丸の主は月が大変好きだという理由で、過去の観測データが残っているある月の 〈続きを読む〉

小夜子@絵を描くため片付け中!の即興 二次小説


ユーザーアイコン
円周率と卵 ※未完
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:誰かの円周率 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:695字 お気に入り:0人
【誰かの円周率】3.15円周率。円環の理の数字。ぐるぐるまわる歴史の中で僕たち私たち俺たちは続いている。まんまる。円。和。いろんな人のいろんな歴史。鶏が先に生ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:文豪とアルケミスト お題:限りなく透明に近い狐 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:631字 お気に入り:0人
――存外きれいな横顔だ。隣に座る太宰を見て特務司書は思った。この人、黙っていればイケメンなのでは?あまりにも見つめていたからだろう。途中までは気づかぬふりをして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:彼の正月 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:504字 お気に入り:0人
始まりはお正月。彼らの始まりはバラけたグラフを均一化するように、お正月にスタートラインを収束させられる。年の玉だけお餅を千切った。熱々のお餅は突き立てで柔らかく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:青い軽犯罪 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:484字 お気に入り:0人
見てくれ、このはちきれんばかりの青い空を。季節は夏。真っ盛りの夏。俺と審神者殿は草木が茂って陰になっている納屋の後ろにいた。「ちょーぎくん、だめだって」「口では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:暴かれたブランド品 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:754字 お気に入り:0人
「ちょーぎくんって、山姥切りなんだね」何を今更……と思ったがその通りなので、首肯で肯定を返す。「ああ、俺こそが山姥を切った山姥切そのものさ。偽物くんとは違ってね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:嘘の動揺 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:3817字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑!」「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の復讐 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:4646字 お気に入り:0人
電子の海折り返し8 ※未完電子の海折り返し7 ※未完電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:計算ずくめの血痕 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:3786字 お気に入り:0人
電子の海折り返し7 ※未完電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知りだね」「平野、主は分かっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:意外なエリート 制限時間:15分 読者:93 人 文字数:3774字 お気に入り:0人
電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知りだね」「平野、主は分かっててやってる」そうだろう? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子@絵を描くため片付け中! ジャンル:刀剣乱舞 お題:暴かれた階段 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:3602字 お気に入り:0人
電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知りだね」「平野、主は分かっててやってる」そうだろう? 〈続きを読む〉