ジャンル:イナズマイレブンGO お題:灰色の悲劇 制限時間:1時間 読者:2389 人 文字数:1739字 お気に入り:0人
[削除]

灰色の悲劇。※死ネタ注意

灰色は嫌いだ。





「どうした、剣城」
気分でも悪いのか?

「いえ、」

平気です、と小さく首を振る。
それでもまだ心配そうにしている神童に、剣城は俯いていた顔を上げた。

――神童先輩に迷惑をかけるわけにはいかないだろ。

頭が痛い。暑いのは苦手だ。
全身に汗が伝い、気持ちが悪い。しかし、それを我慢して、無理矢理笑顔を作った。

「本当に何もないのか?」

「えぇ、問題ないです」

さぁ、早く行きましょう! 久しぶりのデートなんですから、と明るく言った。

「あ、あぁ。分かった」

早く早く、と言うように神童の手を引く。
そんな剣城に驚いたような神童だったが、すぐに笑顔になった。

よかった、何とか誤魔化せたようだ。

ほっと息を吐いたが、

「辛くなったらすぐ俺に言うんだぞ?」

「分かってますよ」不貞腐れた子どものように答えた。





デートはとても楽しかった。

小動物にメロメロになっていたり、俺だってイルカに乗れるぞ! と、ムキになって水槽に飛び込もうとした神童を止めるのは大変だった。
どれも、普段は冷静な神童の初めて見た別の表情で、自分だけが知っているというのが剣城には嬉しかった。

「全く、我慢しないで俺に教えろと言っただろう」

「……すみませんでした」

そんな中、暑さに負けぶっ倒れるとは何という失態だ。
抵抗できず、素直に公園のベンチに寝かされた剣城は己を呪った。

せっかくのデートだったのに、神童先輩も呆れただろうな…。

優しく介抱してくれる神童だが、実際はどう思っているのだろうか?
デートを台無しにした剣城をもう好きではなくなってしまったのかもしれない。

神童先輩にもし、フラれてしまったら…。きっと自分は生きていけないだろう。

身体も心も、気持ちが悪くて吐きそうだ。



「…神童、さん?」

「大丈夫、俺は剣城を嫌いになんてならないよ」

髪に、温かいものが触れた。
それが愛しの人の手だと気づき、つい涙を流してしまいそうになった。

「ありがとう、ございます…」
俺も神童先輩のことが大好きです。

最後の方は掠れてしまった。

「うん、分かってる」

けれど、神童はまた、優しく髪を撫でた。



「そうだ。何か飲み物買ってくるな」

剣城はそこで待っていろよ、そう言って走っていった神童を見送った。

(神童さんの背中、なんて頼もしいんだろう…)

背は自分の方が大きい筈だ。
しかし、「剣城を守る」と力強く言った神童は誰よりも格好良かった。

ちょっと前までは俺が泣かしてやってたのにな。

今じゃこの俺が泣かされる側かよ、先程のことを思い出して、急に恥ずかしさがこみ上げてきた。
顔に熱が集まる。暑さのせいじゃない。思っていたよりも自分は、彼に惚れていたのだ。

「(神童先輩が戻ってきたら、どんな顔をしたらいいんだ?)」

剣城は一人、両手で顔を覆った。



――だから、灰色は嫌いなんだ。



「遅いな…」
どこまで買いに行ったんだ?

あれから神童は、なかなか戻ってこない。
しばらくジッとしれいたら体調も大分回復したので、もしかしたら迷っているのかもと思い、探しに行こうとベンチを降りた。



「(いた…!)」

やはり、迷っていたようだ。
反対側の歩道に神童を見つけた。

「神童せんぱい……っ!」

「剣城…?」

もう大丈夫なのか? …心配そうに彼は。

「あぶないっ……!」

絶叫は、届かなかった。

キキィィィ―――…!
トラックが急ブレーキをかける。

…間に合わなかった。

「神童…さん…?」

女の人が甲高い悲鳴を上げた。
運転手がその血まみれの彼に近寄った。通行人が道路の真ん中へと輪を作り……。

「止めろ…、神童さんに近づくな…」

小さく震えた声は誰の耳にも届かなかった。

「嫌だぁぁぁぁ…!」

頭を鷲掴んで、その場に崩れた。

神童さん、神童さん、神童さん…。

もう彼は、返事をしない。
俺の元に、彼はもういない―――。





だから、灰色は嫌いなんだ。

(あの夏の日を思い出してしまうから)
























同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:イナズマイレブンGO お題:幸福な雑草 制限時間:1時間 読者:93 人 文字数:2629字 お気に入り:0人
おれ、おまえに見つけてもらってよかったなあって。蹴ったボールにあわせて言った言葉に、剣城は首を傾げていた。 風がからだをなぞって入り込んで、血液をめぐるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絶命 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:暑い狂気 制限時間:1時間 読者:1003 人 文字数:2391字 お気に入り:0人
炎天下の真っ只中。僕は何故か木陰でもなく、日陰でもなく、直射日光が当たる場所に立たされていた。「ザナークの奴め……!」ただひたすらムカつくあいつの名前を連呼して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絶命 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:冷たい傑作 制限時間:1時間 読者:663 人 文字数:2696字 お気に入り:0人
※ガンマとレイルクねつ造話ただの妄想にすぎないある日棚の整理をしていたら何冊かの分厚い本が出てきた。「アルバム……?」本の裏には年月が刻まれており、見たところ数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のねみゅ ジャンル:イナズマイレブンGO お題:小説のパラダイス 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:761字 お気に入り:0人
夜。僕の手元を照らす月明かり。TMキャラバンの上で僕はちょこんと座っている。そこには、穏やかな時間が流れていた。「フェイ、それは何を書いているんだ?」ふいにワン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:イナズマイレブンGO お題:僕が愛したぐりぐり 制限時間:30分 読者:183 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
剣城は真面目だ。俺が宿題やるの忘れてきたから見せて!って言っても見せないし、自分の責任だろって怒るし、ねーお願い!ってしつこく言ったら折れてくれるかな、って思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:イナズマイレブンGO お題:危ない血液 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:1540字 お気に入り:0人
この世は地獄の形をしている。それはどうやったってきっと変えられないことで、こんな自分が考えていることだから、変化することがないという話なのだけど。 寝不足で虚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと ジャンル:イナズマイレブンGO お題:とびだせ嫉妬 制限時間:30分 読者:216 人 文字数:1597字 お気に入り:0人
「剣城!」 名前を呼んで、そうしたら彼が力強く頷いて、力を纏ったボールがそらを舞う。せかいでいちばんかっこいいシュートを決めてくれる。それが雷門中サッカー部エー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すばるんば ジャンル:イナズマイレブンGO お題:刹那の味 制限時間:15分 読者:372 人 文字数:438字 お気に入り:0人
ふと空を見上げた。空はいつも通りに真っ青で、特に何も言ってくれはしなかった。いつもと変わらない、ようやく見慣れた月山国光の空だ。あの試合からもう、今日で3ヶ月が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘナ弧 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:愛と欲望の殺人犯 制限時間:30分 読者:519 人 文字数:761字 お気に入り:0人
随分とあっけなかった。肉に沈むナイフを見てただ呆然と立ち尽くした。悪い気はしなかった。いけないことをした。まずい事をした。そんなことは微塵も思わずただ、ああ、死 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:優音ζ(σ - σζ ジャンル:イナズマイレブンGO お題:混沌の嘔吐 制限時間:15分 読者:680 人 文字数:332字 お気に入り:0人
耐えられない、そう思ったのは何度目だろうか。剣城という名前のシードが加入したことによって、サッカー部は壊滅状態。その上、松風とかいう一年が気に障る。今のこの状態 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:おいでよ女 制限時間:2時間 読者:1 人 文字数:3101字 お気に入り:0人
「死にたい」 控えめに言って死にたい。最悪の気分だ。 そもそも、今日は朝から晩まで最低最悪の一日だった。朝から雨、牡牛座は最下位、おまけに車から降りた直後に水溜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉