ジャンル:イナズマイレブンGO お題:灰色の悲劇 制限時間:1時間 読者:2442 人 文字数:1739字 お気に入り:0人
[削除]

灰色の悲劇。※死ネタ注意

灰色は嫌いだ。





「どうした、剣城」
気分でも悪いのか?

「いえ、」

平気です、と小さく首を振る。
それでもまだ心配そうにしている神童に、剣城は俯いていた顔を上げた。

――神童先輩に迷惑をかけるわけにはいかないだろ。

頭が痛い。暑いのは苦手だ。
全身に汗が伝い、気持ちが悪い。しかし、それを我慢して、無理矢理笑顔を作った。

「本当に何もないのか?」

「えぇ、問題ないです」

さぁ、早く行きましょう! 久しぶりのデートなんですから、と明るく言った。

「あ、あぁ。分かった」

早く早く、と言うように神童の手を引く。
そんな剣城に驚いたような神童だったが、すぐに笑顔になった。

よかった、何とか誤魔化せたようだ。

ほっと息を吐いたが、

「辛くなったらすぐ俺に言うんだぞ?」

「分かってますよ」不貞腐れた子どものように答えた。





デートはとても楽しかった。

小動物にメロメロになっていたり、俺だってイルカに乗れるぞ! と、ムキになって水槽に飛び込もうとした神童を止めるのは大変だった。
どれも、普段は冷静な神童の初めて見た別の表情で、自分だけが知っているというのが剣城には嬉しかった。

「全く、我慢しないで俺に教えろと言っただろう」

「……すみませんでした」

そんな中、暑さに負けぶっ倒れるとは何という失態だ。
抵抗できず、素直に公園のベンチに寝かされた剣城は己を呪った。

せっかくのデートだったのに、神童先輩も呆れただろうな…。

優しく介抱してくれる神童だが、実際はどう思っているのだろうか?
デートを台無しにした剣城をもう好きではなくなってしまったのかもしれない。

神童先輩にもし、フラれてしまったら…。きっと自分は生きていけないだろう。

身体も心も、気持ちが悪くて吐きそうだ。



「…神童、さん?」

「大丈夫、俺は剣城を嫌いになんてならないよ」

髪に、温かいものが触れた。
それが愛しの人の手だと気づき、つい涙を流してしまいそうになった。

「ありがとう、ございます…」
俺も神童先輩のことが大好きです。

最後の方は掠れてしまった。

「うん、分かってる」

けれど、神童はまた、優しく髪を撫でた。



「そうだ。何か飲み物買ってくるな」

剣城はそこで待っていろよ、そう言って走っていった神童を見送った。

(神童さんの背中、なんて頼もしいんだろう…)

背は自分の方が大きい筈だ。
しかし、「剣城を守る」と力強く言った神童は誰よりも格好良かった。

ちょっと前までは俺が泣かしてやってたのにな。

今じゃこの俺が泣かされる側かよ、先程のことを思い出して、急に恥ずかしさがこみ上げてきた。
顔に熱が集まる。暑さのせいじゃない。思っていたよりも自分は、彼に惚れていたのだ。

「(神童先輩が戻ってきたら、どんな顔をしたらいいんだ?)」

剣城は一人、両手で顔を覆った。



――だから、灰色は嫌いなんだ。



「遅いな…」
どこまで買いに行ったんだ?

あれから神童は、なかなか戻ってこない。
しばらくジッとしれいたら体調も大分回復したので、もしかしたら迷っているのかもと思い、探しに行こうとベンチを降りた。



「(いた…!)」

やはり、迷っていたようだ。
反対側の歩道に神童を見つけた。

「神童せんぱい……っ!」

「剣城…?」

もう大丈夫なのか? …心配そうに彼は。

「あぶないっ……!」

絶叫は、届かなかった。

キキィィィ―――…!
トラックが急ブレーキをかける。

…間に合わなかった。

「神童…さん…?」

女の人が甲高い悲鳴を上げた。
運転手がその血まみれの彼に近寄った。通行人が道路の真ん中へと輪を作り……。

「止めろ…、神童さんに近づくな…」

小さく震えた声は誰の耳にも届かなかった。

「嫌だぁぁぁぁ…!」

頭を鷲掴んで、その場に崩れた。

神童さん、神童さん、神童さん…。

もう彼は、返事をしない。
俺の元に、彼はもういない―――。





だから、灰色は嫌いなんだ。

(あの夏の日を思い出してしまうから)
























同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:七色ちさと♡ジャスオルあ54 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:幸福な雑草 制限時間:1時間 読者:118 人 文字数:2629字 お気に入り:0人
おれ、おまえに見つけてもらってよかったなあって。蹴ったボールにあわせて言った言葉に、剣城は首を傾げていた。 風がからだをなぞって入り込んで、血液をめぐるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絶命 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:暑い狂気 制限時間:1時間 読者:1039 人 文字数:2391字 お気に入り:0人
炎天下の真っ只中。僕は何故か木陰でもなく、日陰でもなく、直射日光が当たる場所に立たされていた。「ザナークの奴め……!」ただひたすらムカつくあいつの名前を連呼して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絶命 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:冷たい傑作 制限時間:1時間 読者:681 人 文字数:2696字 お気に入り:0人
※ガンマとレイルクねつ造話ただの妄想にすぎないある日棚の整理をしていたら何冊かの分厚い本が出てきた。「アルバム……?」本の裏には年月が刻まれており、見たところ数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のねみゅ ジャンル:イナズマイレブンGO お題:小説のパラダイス 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:761字 お気に入り:0人
夜。僕の手元を照らす月明かり。TMキャラバンの上で僕はちょこんと座っている。そこには、穏やかな時間が流れていた。「フェイ、それは何を書いているんだ?」ふいにワン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと♡ジャスオルあ54 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:僕が愛したぐりぐり 制限時間:30分 読者:235 人 文字数:1545字 お気に入り:0人
剣城は真面目だ。俺が宿題やるの忘れてきたから見せて!って言っても見せないし、自分の責任だろって怒るし、ねーお願い!ってしつこく言ったら折れてくれるかな、って思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと♡ジャスオルあ54 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:危ない血液 制限時間:30分 読者:175 人 文字数:1540字 お気に入り:0人
この世は地獄の形をしている。それはどうやったってきっと変えられないことで、こんな自分が考えていることだから、変化することがないという話なのだけど。 寝不足で虚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七色ちさと♡ジャスオルあ54 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:とびだせ嫉妬 制限時間:30分 読者:244 人 文字数:1597字 お気に入り:0人
「剣城!」 名前を呼んで、そうしたら彼が力強く頷いて、力を纏ったボールがそらを舞う。せかいでいちばんかっこいいシュートを決めてくれる。それが雷門中サッカー部エー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すばるんば ジャンル:イナズマイレブンGO お題:刹那の味 制限時間:15分 読者:385 人 文字数:438字 お気に入り:0人
ふと空を見上げた。空はいつも通りに真っ青で、特に何も言ってくれはしなかった。いつもと変わらない、ようやく見慣れた月山国光の空だ。あの試合からもう、今日で3ヶ月が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘナ弧 ジャンル:イナズマイレブンGO お題:愛と欲望の殺人犯 制限時間:30分 読者:541 人 文字数:761字 お気に入り:0人
随分とあっけなかった。肉に沈むナイフを見てただ呆然と立ち尽くした。悪い気はしなかった。いけないことをした。まずい事をした。そんなことは微塵も思わずただ、ああ、死 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:優音ζ(σ - σζ ジャンル:イナズマイレブンGO お題:混沌の嘔吐 制限時間:15分 読者:703 人 文字数:332字 お気に入り:0人
耐えられない、そう思ったのは何度目だろうか。剣城という名前のシードが加入したことによって、サッカー部は壊滅状態。その上、松風とかいう一年が気に障る。今のこの状態 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:愛すべき計算 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:510字 お気に入り:0人
手元が器用そうな様子を出しているのに、すぐに手伝ってくれという刀がいる。その内容は些細なものが殆どである。例えば羊羹を食べたいが丁度良い大きさに切るのが難しいか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:初めての伝説 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:245字 お気に入り:0人
民話は人の口から口へと語り継がれてきたものだ。そんな民話には、伝説というジャンルがある。例えば、天の羽衣伝説である。ある語りだと、天女が地上に降りて松の木に羽衣 〈続きを読む〉