ジャンル:キルミーベイベー お題:彼の船 制限時間:15分 読者:831 人 文字数:1028字 お気に入り:1人

仁義無き戦い

 最近どうにも、やすなの様子がおかしい。ソーニャは昼食のバードカフェおせちを食べながらそんなことを考えていた。
 常人と比べると様子がおかしいのはいつものことなのだが、ソーニャがやすなの異変に気付いたのは一週間ほど前のことだ。
 やすなが身体を動かす度に、金属音のようなものが小さく鳴っている……ような気がする。ソーニャは最初、自分の空耳に過ぎないと思っていたが、それからというものの、いつものようにオイタをするやすなにツッコミを伴った物理的なダメージを与えようとすると、その皮膚が人間離れをした固さを持っているように感じるのだ。実際、普段なら肋骨の一本でも折れていたっておかしくないボディーブローをお見舞いしてみたが、逆にソーニャの手の指が本来曲がってはいけない方向に曲がってしまっていた。
 やすなが機械化しているのではないか。そんな疑念がソーニャの頭をよぎる。よく見るとちょっとネジが出ていた。
 どうせこれは、あぎりのイタズラに違いない。ソーニャにはそんな確信があった。奴もいよいよ人体改造に手を付けるようになったのか。
 だとするとちょっと問題だ。普段のツッコミが効かなくなってしまえば、やすなはますます増長し、バカ特有の行動原理から生じるオイタは今以上にヒートアップするだろう。今度は天皇に手紙でも渡すに違いない。
 嫌な予感はそれからほどなくして的中した。ソーニャの机にやすなからの果たし状が入っていたのだ。付き合っていられないと思いながらも、ソーニャは重い足を引きずり、呼ばれるがままに屋上へと向かった。

「きたね、ソーニャちゃん! 今日は決着をつけるからね」

「なんの決着だよ。いつお前と私が争ったんだ」

「いっつも厳し目のツッコミをしてくるソーニャちゃんに対抗すべく、あぎりさんに頼んで機械の体を手に入れたんだ!」

 なんということだ。これはやすなの自発的な改造だったのだ。だったら頭の中もいじってもらえばよかったものの。

「さあ、遠慮はいらないよソーニャちゃん。行かないならこっちからいくからね!」

 やすなの姿が消えた。

(――早い!)

「捉えたよ、ソーニャちゃん! 斬影拳!」

 やすなの攻撃がソーニャのみぞおちにヒットした瞬間、カチッという音がした。

「へ?」

「バカ、そこは私の自爆スイッチ……!」

 瞬間、世界は崩壊した。ソーニャもまた機械だったのだ。一方あぎりは彼の船に乗って地球から逃げていた。 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこ悪い囚人 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:395字 お気に入り:0人
「おい、時間だ」無愛想だが優しげな声が独房の私を連れ出す。ようやくやすなに会える。やすなに触れられる。「ソーニャちゃんっ!」囲いから出たところで飛び付いてきたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:474字 お気に入り:0人
「ねね、ソーニャちゃん!狐の嫁入りって知ってる?」「なんだよそれ、縁起悪そうだな」「お天気雨が降ると、どこかで狐の嫁入りがあるっていう言い伝えですね〜」確かに今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:せつない武器 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「なんだよ、これ……」思わず手に掴んだそれを投げ捨てた。新しい武器ですよぉとあぎりに貰った怪しい紙袋、中から出てきたのは……所謂、大人の玩具。「確かに、次のター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:やば、テロリスト 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:520字 お気に入り:0人
今回の指令は反社会組織の構成員の始末、普段と比べると確実に難易度は高い。私は今、都心のデパートへ来ている。標的のグループに不審な動きがあったうえ、このデパートに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:秋の14歳 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:756字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃんが中学生だった頃ってどんなだったの?」「どうした急に。」「いや、中学生の頃からそんな乱暴な性格だったのかなって思って。」──バシッ「いたた。もー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:たった一つの「えいっ!」 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:557字 お気に入り:1人
あ、ソーニャちゃんだ。前を歩く背中は少し寂しそうに見えて。「ソーニャちゃ、あふん……」「うぉあ!?なんだ、やすなか」いつもの様に私を〆る表情は、少し嬉しそうに見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの薔薇 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:570字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃん、今日という今日は行かせないからよ!」仕事に向かおうとする私の前に立ちはだかるやすな。後ろ手になにか隠し持っているのがバレバレだ。「食事に行くだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの食事 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:723字 お気に入り:0人
「お前が、いけないんだからな……」薄ら暗い荒屋〈あばらや〉の隅で、金の髪を埃と血に染めた少女が独り言ちる。がつ、がつと硬い何かを貪るような音がただ響いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:斬新な人間 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「お二人の仲を深めてもらうためぇ、こちらを使ってみましょ〜!」てってれ〜っ、とネコ型ロボットよろしく不可思議なヘルメットを二つ取り出したあぎり。怪訝そうな顔とわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:ワイルドな事件 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:762字 お気に入り:0人
そこにあったはずのものがない。そんなことは有り得ない。何故ってそれは冷蔵庫の中身だから。つまるところこれは。「事件ですねぇ〜」あぎり邸に集められた、3人の容疑者 〈続きを読む〉

七億の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:七億 ジャンル:キルミーベイベー お題:彼の船 制限時間:15分 読者:831 人 文字数:1028字 お気に入り:1人
最近どうにも、やすなの様子がおかしい。ソーニャは昼食のバードカフェおせちを食べながらそんなことを考えていた。 常人と比べると様子がおかしいのはいつものことなの 〈続きを読む〉