ジャンル:キルミーベイベー お題:彼の船 制限時間:15分 読者:873 人 文字数:1028字 お気に入り:1人

仁義無き戦い

 最近どうにも、やすなの様子がおかしい。ソーニャは昼食のバードカフェおせちを食べながらそんなことを考えていた。
 常人と比べると様子がおかしいのはいつものことなのだが、ソーニャがやすなの異変に気付いたのは一週間ほど前のことだ。
 やすなが身体を動かす度に、金属音のようなものが小さく鳴っている……ような気がする。ソーニャは最初、自分の空耳に過ぎないと思っていたが、それからというものの、いつものようにオイタをするやすなにツッコミを伴った物理的なダメージを与えようとすると、その皮膚が人間離れをした固さを持っているように感じるのだ。実際、普段なら肋骨の一本でも折れていたっておかしくないボディーブローをお見舞いしてみたが、逆にソーニャの手の指が本来曲がってはいけない方向に曲がってしまっていた。
 やすなが機械化しているのではないか。そんな疑念がソーニャの頭をよぎる。よく見るとちょっとネジが出ていた。
 どうせこれは、あぎりのイタズラに違いない。ソーニャにはそんな確信があった。奴もいよいよ人体改造に手を付けるようになったのか。
 だとするとちょっと問題だ。普段のツッコミが効かなくなってしまえば、やすなはますます増長し、バカ特有の行動原理から生じるオイタは今以上にヒートアップするだろう。今度は天皇に手紙でも渡すに違いない。
 嫌な予感はそれからほどなくして的中した。ソーニャの机にやすなからの果たし状が入っていたのだ。付き合っていられないと思いながらも、ソーニャは重い足を引きずり、呼ばれるがままに屋上へと向かった。

「きたね、ソーニャちゃん! 今日は決着をつけるからね」

「なんの決着だよ。いつお前と私が争ったんだ」

「いっつも厳し目のツッコミをしてくるソーニャちゃんに対抗すべく、あぎりさんに頼んで機械の体を手に入れたんだ!」

 なんということだ。これはやすなの自発的な改造だったのだ。だったら頭の中もいじってもらえばよかったものの。

「さあ、遠慮はいらないよソーニャちゃん。行かないならこっちからいくからね!」

 やすなの姿が消えた。

(――早い!)

「捉えたよ、ソーニャちゃん! 斬影拳!」

 やすなの攻撃がソーニャのみぞおちにヒットした瞬間、カチッという音がした。

「へ?」

「バカ、そこは私の自爆スイッチ……!」

 瞬間、世界は崩壊した。ソーニャもまた機械だったのだ。一方あぎりは彼の船に乗って地球から逃げていた。 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:東大池田講堂@コミティア127 ジャンル:キルミーベイベー お題:素晴らしい外資系企業 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:568字 お気に入り:0人
薄暗い部屋の中、私の傍らには跪いた一人の人間がいた。オレンジ色のツナギに身を包み、その頭には布袋を被せられている。「目標の確保には成功した。ヘリはまだか」 地 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの、と彼は言った 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:445字 お気に入り:0人
出ていけ。死んだ方がマシだ。この家から消えろ。体も心も痛めつけられて、私と母は帰る場所を失くした。母は必死に入れてくれと訴えていた。私は、酒に取り憑かれた男とそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの風 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
私は今、彼女を強く憎んでいる。彼女とは、そう。数年前、私が雇ったメイド、やすなのことだ。「やすな……どういうつもりだ。」桃色のメイド服で身を包んだ彼女は、微かに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しゅりゐんぷ ジャンル:キルミーベイベー お題:贖罪の蟻 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
嗚呼、私はやってしまった。やってしまったのだ。赤黒い血液に汚れた、自らの両手を見る。どうして、どうしてこんなことをしてしまったのだろう。目の前に倒れているのは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:フハハハハ!それは就職 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:462字 お気に入り:1人
ソーニャちゃん、私やっぱり無理だったよ。今日ね、久しぶりに面接を受けてくれる会社に行ったんだ。私、ちゃんと書類選考も通ったんだって。でもね。「率直に言わせてもら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこいい雲 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:500字 お気に入り:0人
「ね、ソーニャちゃん」「……なんだよ」春の日。いつかの土手の緑に身を投げて。「あの雲さ、ソーニャちゃんみたいじゃない?」「どれだよ」何をするでもなく、空を見上げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:最弱の狙撃手 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:533字 お気に入り:0人
ぱふん一兵卒の頭が鮮やかな華を咲かせる。周りの兵士達は慌てふためいた様子で姿勢を低くした。ぱふんかしゃりぱふんかしゃり一人、二人、三人四人とその頭、胴、足が真っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:箱の中の戦争 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:615字 お気に入り:0人
「おいやすな!お前なにしたんだよ!?」「わっかんないよぉ!私今回はほんとに何もしてないからね!!!」「そんな訳ないだろ……じゃあなんで私たちは今輸送機の中でパラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
成長 ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:商業的な娼婦 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「おじゃまします、アスナです」来た。隣室のターゲットを仕留める為入ったホテル。あぎりに『時間繋ぎの用意はしてありますよ〜』と言われて身構えていたが、ただのレズ風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:大きな成功 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:488字 お気に入り:0人
部屋の隅、膝を抱えて座り込んだ。不採用の通知は破り捨てた。社会不適合者の自分が憎かった。「ただいま、ソーニャちゃん」スーツ姿の女の人は、今日もこのアパートに帰っ 〈続きを読む〉

七億の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:七億 ジャンル:キルミーベイベー お題:彼の船 制限時間:15分 読者:873 人 文字数:1028字 お気に入り:1人
最近どうにも、やすなの様子がおかしい。ソーニャは昼食のバードカフェおせちを食べながらそんなことを考えていた。 常人と比べると様子がおかしいのはいつものことなの 〈続きを読む〉