ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:疲れたクリスマス 必須要素:東京 制限時間:1時間 読者:414 人 文字数:1845字 お気に入り:0人

夢から雨たら貴方と雪が

 
  ††
 
 東京都心は雨模様、しとしと時雨が降っています。
「まあ、都合よくホワイトクリスマスになったりとか、しませんよねえ……」
 そもそも首都圏で雪が降る方が珍しいと、以前プロデューサーさんが言っていたのを覚えています。ドラマや漫画などでは、クリスマスのイルミネーションを背景に初雪がはらはらと降り始めるシーンがよく見られるけれど、クリスマスの日に東京で雪が降ることなんて滅多にない、と。
 それを聞いた時は流石にプロデューサーさんにはロマンが無いです、と心の中で憤った記憶があるのですが、確かにプロデューサーさんの言うとおりでした。クリスマスの日に都合よく東京が白く染まるなんて、フィクション限定の出来事だったみたいです。
 とはいえ今日は、アニバーサリーパーティーの日。せめて記念日ぐらいは、冬の空も気を利かせて、演出に気を配ってくれてもよかったのではないでしょうか。
 そんなこと、天気に訴えても、詮無いことですが。
「雨は雨で悪くないとは思いますが、冬の雨は濡れると身体が冷えちゃいますし……」
 濡れると冷える。トラウマです。
 あの件については今でも恨んでいますからね、プロデューサーさん!
 それはさておき、山梨では、この時期にはもう雪がちらほらと降り始めていたりします。富士山は秋頃には既に冠雪を迎えていますが、初雪を迎えた翌朝の富士山は特に綺麗です。中腹から麓まで真っ白に染まったあの光景は筆舌に尽くしがたいものがあります。
 まあ、世界で一番カワイイボクの出身地、そこに聳える霊峰なのですから、美しいのは当然の理。
 つまり、富士山が美しいということは、ボクが美しいということでもあるのです!
「懐かしいですね……上京して、早一年ですか」
 とんてんかんてん、とんてんかん。
 金槌を振るいながら回顧してみましたが、この一年、実にいろいろなことがあったように思えます。ある日突然プロデューサーさんにスカウトされて、ガラスの靴で走り出して、邪険にされていた時期もありましたが、ボクの有り余るカワイさで次々にファンの人たちを魅了し、CDデビューの後に初ライブ、何度かミニライブを行って、そして最早伝説として語り継がれているスカイダイビングのサマーライブ。
 あれは、我ながら、やりきったと思います。
 確かに、怖かったですが。
 それでも、プロデューサーさんがいてくれたから。
 ――なんて、プロデューサーさんの前では、言えませんけどね。
 それから、遊園地でデートもして、撮影もしました。水を被ったのは不満ですが、ボクは寛容なので許してあげます。まあ、楽しかったですし、その後プロデューサーさんにも罰として水を被ってもらったのでおあいこです。
 そして。
「――これで完成ですね」
 これから作るのは、冬の思い出、とっておきのサプライズ。
 ようやく完成した木箱に赤と緑のテープをぺたぺたとストライプ状に貼りながら、事前に用意していたぬいぐるみやら何やらを箱の中に入れていきます。とはいえ、ただ放り込むだけでは味がありません。神は細部に宿るのです。最終的に自分が入る空間も確保しつつ、クリスマスグッズの配置に気を配ります。これも全てボクの為であり、同時にプロデューサーさんの為でもあります。このプレゼントの最たる主賓はボクなのです。ボクのカワイさを十二分に演出する為に、そして受け取ったプロデューサーさんが満面の笑顔を浮かべてくれるように、心血を注がなければいけないのです。
「うん……よし、これでオッケーですね」
 綺麗に飾りつけたれた箱の中にいそいそと身を投じ、もう一度箱の外側のテープに貼り残しがないかを確認、蓋を両手で支えてしゃがみこみ、プレゼントの完成です。
「ふふふ……プロデューサーさんの驚いた顔が楽しみです!」
 瞼を閉じると、プロデューサーさんの驚愕の表情がありありと浮かんできます。それにしても、プロデューサーさんはボクのことをきちんと受け取ってくれるでしょうか? あの人のことなので、意地悪で誤魔化される可能性もあります。
 それでも、気持ちが伝われば、それで十分かもしれません。
 窓の外は未だに雨が降り続いているようです。その雨音と疲労とで、だんだん眠くなってきてしまいました。少し寝てしまいましょう。
 もしも目が覚めたら、雨が雪に変わっていますように。
 おやすみなさい、プロデューサーさん。
 メリークリスマス。

  ††
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:きりたに ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:初めてのユートピア 必須要素:iPhone 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:2991字 お気に入り:0人
未央ちゃんとお家デート、といえば私の家がほとんどです。私の家が事務所から近いこともありますが、未央ちゃんは兄弟がいますから、お家にお邪魔するのが悪いというのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きりたに ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:真実の朝飯 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:3745字 お気に入り:0人
ポテト好きであることからファーストフードならなんでも好き、と思われがちだけれど。いわゆるフライドポテトが好きなだけで、別にファーストフードが特別大好物ってわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きりたに ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:イギリス式の恋人 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:2797字 お気に入り:0人
私の所属する事務所には数多くのアイドルがいる。誰かの誕生日はそれこそ毎週のようにあるし、誰かのために逐一派手なパーティを開いていたらキリがない。 だから概ねお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:うるさい正義 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:3821字 お気に入り:0人
※みおあい なおかれ うづりん前提 あたしは頭を抱えていた。「で、どうやったら手を出してもらえるのかって話なんです」「いや……手って……えー……」「むしろ口がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:おいでよ平和 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2984字 お気に入り:0人
※おいでよ平和(ピンフ) なお←かれ うづ←りん みお→あい 前提「そもそもさ」「何、凛」「なんで事務所に麻雀卓があるの? しかも全自動のやつ」「兵藤さんが知り 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:シンプルな百合 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
『たまには小洒落たお食事と』 お昼はなんかファミレスとかそういうのがいい。そう言って入った店内で、注文を終えてすぐに奈緒が切り出した。「加蓮がファーストフード以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:あいつの雨 制限時間:1時間 読者:86 人 文字数:2390字 お気に入り:0人
「…雨の前ってね、匂いがするんだ。」シキちゃんまた呟く。今や一般的な雑学となったそれ、ぺトリコールとグルナントカ。アタシが知らない演技で、「そうなの?」と首をか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さと塩坂なふれ ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:僕の嫌いなもこもこ 必須要素:全力のグロテスク 制限時間:1時間 読者:127 人 文字数:347字 お気に入り:0人
モコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコもこモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコもこモコモコモコモコモコモコモコモコモコモコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「白黒の線画みたいな人」ギオン ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:綺麗な曲 必須要素:日本酒 制限時間:1時間 読者:306 人 文字数:1935字 お気に入り:0人
「こんな時にしまむーもしぶりんも居ないだなんて……」ステージ上を睨みながら、本田未央が歯噛みする。シンデレラの武闘会を前にして、突如移籍が発表され、渋谷凛はチー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢川ゆいのユメカワ根性 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:汚れた彼方 必須要素:セリフのみ 制限時間:1時間 読者:1394 人 文字数:1892字 お気に入り:0人
家を出て、少し歩いて、歩道橋を越える。駅に向かう途中、馴染みのコンビニに寄って贔屓にしているガムを買う。つもりだったのに、今日に限って売り切れだった。自動ドアと 〈続きを読む〉

空色遊の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:夏の人間 制限時間:1時間 読者:424 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
†† プロデューサーとしてアイドルをプロデュースするようになってから大分経つが、しかし未だに理解できないことがある。「プロデューサーさん、どうですか? カワイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:頭の中の任務 制限時間:2時間 読者:406 人 文字数:2025字 お気に入り:0人
†† 一般道って、はやい。 普段ならば高速道路の方が圧倒的に早いのですが、しかし今は年末年始。高速道路は帰省ラッシュの車達で溢れ返っていて、高速も全く意味を成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:疲れたクリスマス 必須要素:東京 制限時間:1時間 読者:414 人 文字数:1845字 お気に入り:0人
†† 東京都心は雨模様、しとしと時雨が降っています。「まあ、都合よくホワイトクリスマスになったりとか、しませんよねえ……」 そもそも首都圏で雪が降る方が珍しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:知らぬ間の帝王 制限時間:1時間 読者:507 人 文字数:1526字 お気に入り:0人
†† 長い眠りから目を覚ますと、そこは阿鼻叫喚でした。「…………」 いくらボクが賢くて聡明だからといって、寝惚けた頭で状況を把握するのはムツカシイというもので 〈続きを読む〉