ジャンル:世界樹の迷宮 お題:男の笑顔 制限時間:15分 読者:459 人 文字数:602字 お気に入り:0人
[削除]

FOE

…いつまでそうしていただろうか。
衛士である自分の手を浅い階層の泉に浸す。
樹海で無防備に背中を晒しているというのは、あまり褒められた話ではないが、そんなことは全く気にもならなかった。
こびりついていたのだ。手に。
だから、こうして水にくぐらす。
こする。両の手をこすり合わせる。ぼんやりと浮かぶ赤は、清廉な水の色にも、周りの美しい緑にも、ちらほらと咲く同系色であるはずの花とも合っていなかった。だから、消えるまで、手をこすり合わせる。一定のリズムでぬらり、ぬらりと。いつまでも。いつまでも。忘れるために。
三階には、決して個人では立ち入ってはいけない部屋がある。蟷螂が巣食う部屋だからだ。自分でも自分が不思議だった。
悲しげな、どこまでも悲しげな声が聞こえてきたから。そんな理由で扉を開いた自分。
そこにはーーー

通路に向けた背中に、砂利を踏む音は伝わらなかったようだ。

ーーー蟷螂のように両手に刃を構えた男が立っていた。その男は、とてもとても悲しげな声を上げながら、もう動くことはない、年若い冒険者に刃を突き立て、突き立て、突き立て突き立て突き立て突き立てーーーとてもとても嬉しそうに笑顔を浮かべていて、呟いたのだ。「どうしてすぐに壊れてしまうのか…もっと楽しみたいんだ。もっと聴きたいんだ」

男の笑顔を祈る手でかき消す。不可能だ。

衛士は最後まで気付けなかった
脳天に花がまた一輪、咲いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
敬天愛人 ※未完
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:きちんとした愛人 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1031字 お気に入り:0人
彼女はいつだって礼儀正しくて、私とも仲良くしてくれた。家に来る時は手ぶらじゃなくて、みんなで食べようねってお菓子とか色々持ってきてくれたし、今までの女の人と違 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:汚い人々 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:869字 お気に入り:0人
非道い人間というものはどこにでも存在するもので、私を両親の元から連れ出した男は特別非道い人間だった。 なにしろ、文字の読めない両親に支離滅裂な文章もどきを書い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:昼間の冬 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「寒い」 主が呟くと、尖らせた唇から真っ白な吐息が漏れた。零した八つ当たりは音もなく凍りつき、ふわりと空中に消えていく。 両腕の袖口に手首を突っ込み何とか暖を取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:美しいブランド品 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「これを。あとこれと、それにこれをもう一つ。あー、あと」「棚の端から端までお買い上げということで宜しいですか?」 ああともうんともつかない唸りを上げ、主がこめか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:楽しい母性 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:1698字 お気に入り:0人
「美味しい?」 尋ねると、一心不乱にクッキーを咀嚼しながら少年がぷるぷると頭を上下に振る。膨らんだ頬は餌を溜め込んだリスによく似ていた。「そう」 美味くても不味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:許されざる団欒 制限時間:30分 読者:86 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「えっと」 握り締めたコーヒーカップを持ち上げたくても腕が動かない。指先から冷たくなって、中に注がれた茶色液体が何なのかも分からなくなる。喉の奥が胃液の味でいっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:誰かと恋人 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1554字 お気に入り:0人
とにかく暇な日だった。世界の終わりが来るからみんな家に引きこもり愛する者と過ごしているために、こんな場末の食堂に足を運ばないんだと思いたくなるほど、暇だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:今年の善人 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:2118字 お気に入り:0人
奴隷という身の上に生まれてから、善人に分類される人間に出会ったことなどなかった。 善人、善良で心穏やかで誰に対しても優しく接する聖人。果たしてそんな生き物がこ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:17 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉