ジャンル:世界樹の迷宮 お題:男の笑顔 制限時間:15分 読者:472 人 文字数:602字 お気に入り:0人
[削除]

FOE

…いつまでそうしていただろうか。
衛士である自分の手を浅い階層の泉に浸す。
樹海で無防備に背中を晒しているというのは、あまり褒められた話ではないが、そんなことは全く気にもならなかった。
こびりついていたのだ。手に。
だから、こうして水にくぐらす。
こする。両の手をこすり合わせる。ぼんやりと浮かぶ赤は、清廉な水の色にも、周りの美しい緑にも、ちらほらと咲く同系色であるはずの花とも合っていなかった。だから、消えるまで、手をこすり合わせる。一定のリズムでぬらり、ぬらりと。いつまでも。いつまでも。忘れるために。
三階には、決して個人では立ち入ってはいけない部屋がある。蟷螂が巣食う部屋だからだ。自分でも自分が不思議だった。
悲しげな、どこまでも悲しげな声が聞こえてきたから。そんな理由で扉を開いた自分。
そこにはーーー

通路に向けた背中に、砂利を踏む音は伝わらなかったようだ。

ーーー蟷螂のように両手に刃を構えた男が立っていた。その男は、とてもとても悲しげな声を上げながら、もう動くことはない、年若い冒険者に刃を突き立て、突き立て、突き立て突き立て突き立て突き立てーーーとてもとても嬉しそうに笑顔を浮かべていて、呟いたのだ。「どうしてすぐに壊れてしまうのか…もっと楽しみたいんだ。もっと聴きたいんだ」

男の笑顔を祈る手でかき消す。不可能だ。

衛士は最後まで気付けなかった
脳天に花がまた一輪、咲いた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:ぐふふ、正義 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:992字 お気に入り:0人
ひどい匂いのする腐った水をモロに浴びた仲間たち、そして私は、駆け出しの安っぽい生地でできた装備をばらばらと地面に一個ずつ置いていく。その姿が、なぜだか愉快で仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
敬天愛人 ※未完
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:きちんとした愛人 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1031字 お気に入り:0人
彼女はいつだって礼儀正しくて、私とも仲良くしてくれた。家に来る時は手ぶらじゃなくて、みんなで食べようねってお菓子とか色々持ってきてくれたし、今までの女の人と違 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:汚い人々 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:869字 お気に入り:0人
非道い人間というものはどこにでも存在するもので、私を両親の元から連れ出した男は特別非道い人間だった。 なにしろ、文字の読めない両親に支離滅裂な文章もどきを書い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:昼間の冬 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「寒い」 主が呟くと、尖らせた唇から真っ白な吐息が漏れた。零した八つ当たりは音もなく凍りつき、ふわりと空中に消えていく。 両腕の袖口に手首を突っ込み何とか暖を取 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター ジャンル:世界樹の迷宮 お題:そ、それは・・・外資系企業 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:1006字 お気に入り:0人
明日も知れぬ冒険者の一人として、カグツにも覚悟はそれなりにあったはずだった。 当たり前だと思っていたものが、一瞬でなくなる恐怖。確かなものなど、何一つとしてあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:美しいブランド品 制限時間:30分 読者:133 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
「これを。あとこれと、それにこれをもう一つ。あー、あと」「棚の端から端までお買い上げということで宜しいですか?」 ああともうんともつかない唸りを上げ、主がこめか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:楽しい母性 制限時間:30分 読者:121 人 文字数:1698字 お気に入り:0人
「美味しい?」 尋ねると、一心不乱にクッキーを咀嚼しながら少年がぷるぷると頭を上下に振る。膨らんだ頬は餌を溜め込んだリスによく似ていた。「そう」 美味くても不味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:許されざる団欒 制限時間:30分 読者:110 人 文字数:1502字 お気に入り:0人
「えっと」 握り締めたコーヒーカップを持ち上げたくても腕が動かない。指先から冷たくなって、中に注がれた茶色液体が何なのかも分からなくなる。喉の奥が胃液の味でいっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:誰かと恋人 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:1554字 お気に入り:0人
とにかく暇な日だった。世界の終わりが来るからみんな家に引きこもり愛する者と過ごしているために、こんな場末の食堂に足を運ばないんだと思いたくなるほど、暇だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:光流 ジャンル:世界樹の迷宮 お題:今年の善人 制限時間:1時間 読者:112 人 文字数:2118字 お気に入り:0人
奴隷という身の上に生まれてから、善人に分類される人間に出会ったことなどなかった。 善人、善良で心穏やかで誰に対しても優しく接する聖人。果たしてそんな生き物がこ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:名付けるならばそれは眠り 必須要素:じゃがいも 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:838字 お気に入り:0人
ああ、なんということだろう。「空認?」「違う違う、ソラニン。じゃがいもの芽に含まれる、毒のことだ。なんだ、天才ときいていたがそんなことも知らなかったのか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:無意識の排泄 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:518字 お気に入り:0人
う○こなんかするはずじゃなかった。古明地こいしは思った。それはおならのはずだった。音の出ない、いわゆる透かしっ屁というやつ。そのはずだった。いかなる直腸のいたず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:彼が愛したプレゼント 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:360字 お気に入り:0人
どこにでも行ける「きって」、というものを貰ったことがあったな。いまわのきわに、彼はそのことをふと、思い出した。彼は切手を知らない。切手が何であるかを知らない。近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄夜風 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:258字 お気に入り:0人
「八咫様。依代やめてもいいですか」「おうさ。好きにしろ」 かくて霊烏路空は八咫烏の依代を辞した。 いまの彼女はただの地獄鴉だ。 体が軽い。 神さまっていうのは、 〈続きを読む〉