ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:頭の中の任務 制限時間:2時間 読者:354 人 文字数:2025字 お気に入り:0人

サイト・インサイト


  ††

 一般道って、はやい。
 普段ならば高速道路の方が圧倒的に早いのですが、しかし今は年末年始。高速道路は帰省ラッシュの車達で溢れ返っていて、高速も全く意味を成していません。車が高速の道路というよりも、もはや車が道路を梗塞、といった具合です。
 プロデューサーさんも、そうなることを見越していたのでしょう。ひっくりするほど空いている一般道を泳ぐように走りながら、プロデューサーさんはラジオから流れてくる交通情報に耳を傾け、鮮やかなハンドル捌きで交差点を器用に曲がっています。プロデューサーさんが選んだルートはことごとく空いていて、まるで帰省ラッシュなんてどこにも存在していないように思えてきます。
 流石ボクのプロデューサーさん、老後はタクシードライバーとしてやっていけるんじゃないでしょうか。
 まあ、プロデューサーさんは十年後だろうと五十年後だろうと、いつまで経ってもボクのプロデューサーとして働く運命なんですけどね!
 そんなストレスレスな一般道を走る、プロデューサーさんが運転する車の助手席に座りながら、ボクはプロデューサーさんの横顔をなんとなく見つめてみます。ボクが見つめていることに気付いているのか気付いていないのか、プロデューサーさんは軽やかに鼻歌を歌いながらハンドルを握っています。――いや、こんなに凝視しているのに視線を感じていないということは、ボクが見つめていることに全く気付いていないようです。
 むむむむむ。
 全く、プロデューサーさんは鈍感ですね!
 確かに余所見運転は危険ですし、助手席に人気急上昇中のカワイイアイドルを乗せているのですから、事故を起こさないように運転に傾注してしまうのも無理はありません。
 けどけどけれども!
 このカワイイボクが見つめてあげているんですから、少しくらいは気付いてくれたっていいじゃないですか!
 フーンだ!
 ここまで気付いてもらえないからといってプロデューサーさんに呼び掛けるのも、それはそれで敗北感に打ちのめされそうなので、ボクは仕方なく窓の外の景色を眺めることにしました。
 とはいえ、窓の外にはこれといって面白いものはありません。まあ、東京から山梨への帰路なんてそんなものです。それはそれはありふれた景色しか広がっていません。無感動は心を乾かせてしまうので、なるべくいろんな事に関心を持つようにはしていますが、しかしここは一般道、普通の家々が立ち並ぶ普通の風景に関心を持てといわれても、流石のボクにもそれは難しかったりします。
 いやまあ、誰にも関心を持てなんて言われていませんけど。
 そんなことを、とりとめもなく考えていたときでした。
 不意に、忍者が現れました。
「…………えっ?」
 視界の中央、ありきたりな一戸建ての屋根の上。心なしか浜口さんに似ているその忍者は、車の走る速度に合わせて軽やかに屋根の上を飛び跳ねていきます。赤い屋根から蒼い屋根に、かと思えばアンテナの上にバランスよく立ち、次の瞬間には集合住宅の屋上に飛び降り、首に巻いたマフラーを翻しながら次々に屋根から屋根へと留まることなく移っていきます。
 けれど、そんな忍者はどこにもいませんでした。
「フフン……ボクは一人遊びも得意ですからね」
 そうです、これは、ボクの頭の中の忍者なのです。
 ミッションは、屋根の上だけを伝って、目的地の山梨へ辿りつくこと。流れていく景色に流されないように、頭の中で忍者をぴょんぴょんとジャンプさせて、上手く屋根の上を辿っていくのです。
 これが案外難しいもので、自分の想像上の遊びなのに、なかなか思い通りに動いてくれないのです。どう考えてもきちんと屋根の上に着地しているはずなのに、何故か着地に失敗して残機が1減ってしまう――このゲームのマスターはボク自身なのに!
 そんな風に忍者を自分の思い通りに動かすことに苦心していたからでしょうか、ボクは見事に意趣返しをされてしまいました。
 誰にって? ――プロデューサーさんに、です!
「やっと気付いたか、幸子」
「ぷぷぷぷぷプロデューサーさん、い、いつから、み、見てたんですか!?」
「少し前から」
 見つめていたのに気付いてもらえなかったからといって窓の外を眺めていたら、いつの間にか自分が見つめられていたことに気付いていなかったみたいです。
 一生の不覚!
「いやあ、面白かったぞ。路肩に車を止めても一切反応がないし、首がこう、上下にぴょこぴょこ動いてたし」
「きょ、許可なくボクのことを見つめるなんて、法律違反ですよ! 罰金です!」
「それじゃあ、違反切符を切られる前に出発するか」
 そう言って含み笑いをしながら、プロデューサーさんは車のアクセルを踏みました。
 見つめてくれていた嬉しさなんてどこへやら、ボクはもう悔しくて悔しくて、結局また、窓の外へと逃げ果すしかなかったのでした。

  ††
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:きなこもち ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:鳥の死 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:550字 お気に入り:0人
事務所へ向かう途中に白菊ほたるは、道端で鳥の死体を見つけた。嫌なものを見てしまったと自分の不幸を呪ったが、同時に可哀想だという思いも湧き上がった。しかしほたるは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
親友きのこ ※未完
作者:サムラビット ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:突然の性格 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:903字 お気に入り:0人
「今日も誰とも話せなかった」 この学校に入学し、二ヶ月が経った。相も変わらず僕はクラスメイトと話す事が出来ない。 今も昼休みで、他のクラスメイトは席をくっつけこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちゅっちゅ〜 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:優秀な想い 制限時間:4時間 読者:41 人 文字数:982字 お気に入り:0人
神谷奈緒つよくなりたい。例えばたたかうことでも、心のことでも、友だちに対しても、いろいろ。私が好きなアニメの中の女の子たちは、魔法が使えた。けれどそれは、心の状 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:求めていたのは夏 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:650字 お気に入り:0人
「はやく春にならないですかねえ。」事務所の一室で幸子が呟いた。「冬はあまり好きじゃないんですよね。暖房のせいで肌が傷みやすいですから。」「わ、わかるぞ。キノコも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:めっちゃ血 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:374字 お気に入り:0人
「ぷ、プロデューサーさん。す、すごいね。」小梅がこちらに体重を預けた体勢で呟く。「わ、すごい血。うわあ、目の前いっぱい。」小梅の目の前には真っ赤な血がこれでもか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:真紅の怒りをまといし会話 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1610字 お気に入り:0人
……志希さん。 なに? プロデューサー。 飛鳥さんってマックスコーヒー好きそうですよね。 あーうん、そうかもしれないしそうじゃないかもしれない。偏見まみれのキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:ありきたりな借金 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1366字 お気に入り:0人
「お金がない。お金がないと大変だ。水道ガス電気代が滞納する。ごはんがたべられない。研究ができない。生活が成り立たない。お金は現代の人間生活の基礎なんだっていい加 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:左の母性 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1175字 お気に入り:0人
速水奏が、346プロダクションの中でも人気を誇る有名アイドル高垣楓とユニット「ミステリアスアイズ」を組むという話を、速水奏の担当プロデューサー、夜川夜子から聞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:夜と円周率 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1143字 お気に入り:0人
もう二度と朝なんて来ないと思ってしまうような凍えた夜だった。今冬一番の寒気だと、周囲が雑談していたのを、速水奏は耳にしていた。 月の綺麗な夜である。学校の帰り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:杏民望外 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:マイナーな娼婦 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1207字 お気に入り:0人
速水奏が、極寒の冬の、月の綺麗な夜、崖から海に向かって重力に寄り添うように死に向かい、自殺したのを、一ノ瀬志希はプロデューサーの夜川夜子の口から知った。 志希 〈続きを読む〉

空色遊の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:夏の人間 制限時間:1時間 読者:369 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
†† プロデューサーとしてアイドルをプロデュースするようになってから大分経つが、しかし未だに理解できないことがある。「プロデューサーさん、どうですか? カワイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:頭の中の任務 制限時間:2時間 読者:354 人 文字数:2025字 お気に入り:0人
†† 一般道って、はやい。 普段ならば高速道路の方が圧倒的に早いのですが、しかし今は年末年始。高速道路は帰省ラッシュの車達で溢れ返っていて、高速も全く意味を成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:疲れたクリスマス 必須要素:東京 制限時間:1時間 読者:375 人 文字数:1845字 お気に入り:0人
†† 東京都心は雨模様、しとしと時雨が降っています。「まあ、都合よくホワイトクリスマスになったりとか、しませんよねえ……」 そもそも首都圏で雪が降る方が珍しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:知らぬ間の帝王 制限時間:1時間 読者:455 人 文字数:1526字 お気に入り:0人
†† 長い眠りから目を覚ますと、そこは阿鼻叫喚でした。「…………」 いくらボクが賢くて聡明だからといって、寝惚けた頭で状況を把握するのはムツカシイというもので 〈続きを読む〉