ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:捨てられた蕎麦 制限時間:15分 読者:708 人 文字数:543字 お気に入り:0人
[削除]

そば ※未完



つるつる、そばをすする音が耳をくすぐる。

ず、ず、つ、つる、決して規則的ではないリズムのそれを聞きつつ、綱吉は目の前の女性を見つめる。

紅茶色の目は伏せられていて、視線は、手元のお蕎麦に注がれていた。
華奢な手のひらはお箸を握り、口元まで蕎麦を持ち上げる。音を立てて蕎麦はふっくらした唇に吸い込まれていく。
あの頃と全く変わらない、うつくしくてかわいい、おんなのこ。
学校じゅうのマドンナだった彼女は、十年を経て、それはそれは綺麗に成長した。
ひっそりと一輪咲いた、可憐な鈴蘭のように、しなやかで清廉なうつくしさだ。
ひとりの青年、沢田綱吉は、一人の淑女、笹川京子をみつめていた。

さて、オレ、沢田綱吉はというと。
中学時代からの必死こいた抵抗もむなしく、
マフィアボンゴレ十代目、絶賛君臨中なのです。
はっちゃけで言うと、絶賛君臨なう!みたいな…ははは。笑えねぇ。
そんなこんなで血なまぐさい日々を送っていたわけだが、ついこの前、今目の前にいる京子ちゃんから、今日の日のお誘いが来たわけで。
飛んで跳ねて喜んだわけで。
執務室の壁に風穴が空いたわけで。

久しぶりに見た彼女はやっぱり可愛くて、
こころがきゅうっと唸って、甘酸っぱい気持ちに襲われるのだ、い

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:雪苺 ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:夏の想い 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:557字 お気に入り:0人
夏は暑い。それは自分以前に日本人なら誰しもが持つ季節観というものを端的に表したものに過ぎない。更に自分風に付加するならば、浮かれた輩が増えて風紀が乱れる、と言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Kei@寒色厨(低浮上) ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:今年の魔法使い 制限時間:15分 読者:681 人 文字数:1207字 お気に入り:0人
例えば、ケーキの上のイチゴのような。甘くむせ返りそうな空気の中、甘く愛おしい自分の恋人はその例えよろしく真っ白なシーツに体を横たえていた。 先の行為のまだ火照 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:輝お姉様 ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:恥ずかしい母 制限時間:15分 読者:660 人 文字数:703字 お気に入り:0人
その日はまだ随分と平凡な日のはずだった。なぜならその時、これから来るであろうヒットマンたちの影すら一切無かったのだから。だが、沢田綱吉はのちに語る、母は怖い人だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電車に乗れない ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:愛、それは天国 制限時間:15分 読者:638 人 文字数:250字 お気に入り:0人
六道骸という男は、愛というものから一番遠くにいる人間だった。「愛、って」「ん?」綱吉が知る中で今までそうだったし、これからもそうだろうと思っていた。「ふたりが死 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電車に乗れない ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:疲れた食堂 制限時間:15分 読者:644 人 文字数:380字 お気に入り:0人
「ははん……悪趣味なイラストですね」彼の目で示した先を見やると、古ぼけていてやっているのかどうかもわからない食堂の看板だった。テンガロンハットをかぶった二足歩行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電車に乗れない ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:うるさい円周率 制限時間:15分 読者:788 人 文字数:377字 お気に入り:0人
3月14日に籍を入れたカップルは長続きするなんて言い出したのはどこのどいつだろうか。円周率は割り切れない。つまり終わりがないんだからそれ長続きどころかお互いに一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金欠の壱ヶ谷@17年が殺しに来てる ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:私と部屋 制限時間:15分 読者:917 人 文字数:1121字 お気に入り:0人
ベルは昔は兄といることが当たり前で、当然のように兄は嫌いだったが、兄がいつも傍に居て、いつも殺し合いをしていた。 よくよく覚えている。忘れたことはあまりない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:是空@わりと鬼畜な人 ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:鈍い子犬 制限時間:15分 読者:1478 人 文字数:759字 お気に入り:0人
「……ッ……離せ!」ギリギリと歯を鳴らし、釣り上げた双眼を向けてくる雲雀の両手首を一纏めにしたアラウディはアイスブルーの瞳を細める。華奢なこの身体のどこにこれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:是空@わりと鬼畜な人 ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:あきれた殺し屋 制限時間:15分 読者:1307 人 文字数:878字 お気に入り:0人
「……ッ……」「お痛が過ぎるんじゃねぇか?」しっかりと寝込みを襲ったはずだった。規則正しい寝息と上下する胸を見つめ、非情に突き立てたはずのナイフは身体を貫通す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼師 ジャンル:家庭教師ヒットマンREBORN! お題:調和した血液 制限時間:15分 読者:1545 人 文字数:689字 お気に入り:1人
「お前の馬鹿さ加減にはほとほと呆れ果てたよ」アラウディの視線が冷たい。「…そ、言わないで、よ」「馬鹿を馬鹿と言って何が悪いんだか」転がって血を流す雲雀の側に立ち 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:人妻の快楽 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1224字 お気に入り:0人
おれはねこ。おれはねこだ。名前?教えてやってもいいが長いぞ。人間にはちと荷が重いな。おれはいま人間と暮らしている。うーん、前は別の人間と暮らしていて、それは女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:失敗の喜び 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:2441字 お気に入り:0人
わたしの将軍は今日も浮かない顔をしていた。稚気に溢れた童子の頃からの付き合いである――彼とは生まれた日さえ同じであり、友であり腹心であり、わたしは彼にとっての 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:ワイルドな事件 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:762字 お気に入り:0人
そこにあったはずのものがない。そんなことは有り得ない。何故ってそれは冷蔵庫の中身だから。つまるところこれは。「事件ですねぇ〜」あぎり邸に集められた、3人の容疑者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:誰ソ彼ホテル お題:可愛い喪失 必須要素:受験 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:699字 お気に入り:0人
「むむむむむッ」 いつも通り、”ストレス発散”に付き合ってくれた塚原とカフェでくつろいでいると、何やら塚原が唸っている。「何を難しい顔をしてるんだ」 思わず苦笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:近い口 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:962字 お気に入り:0人
桜庭薫のパーソナルスペースに入るのは簡単だ。そもそも最初から間近で口喧嘩できたわけだし、その後だってそうだ。つい何かと世話を焼く俺に気をよくしたのか困るとすぐに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:騙された黒板 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:591字 お気に入り:0人
いつも通りあてもなく校内を歩いていた時のこと。「ぉ……?なんだこれ?」使われていない教室の黒板にでかでかと書かれているのは、ほぼ確実に私へ宛てたと思われる書き置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:VOICEROID お題:純粋な武器 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:2315字 お気に入り:0人
その日、私は蔵の中を捜索していました。 琴葉家はそれなりにいいところの家――所謂旧家のようなものでありますので、蔵というモノを持っています。蔵にはご先祖様が使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉