ジャンル:戦国BASARA お題:無意識の霧雨 制限時間:15分 読者:535 人 文字数:347字 お気に入り:0人

あめあめフレフレ

しとしとと降る雨を目の前に、ため息を吐く。
同じようにため息を吐いていた友(…)は、つい今しがた意を決したように外へ飛び出していった。
馬鹿だとは思ったが、同時にそんな馬鹿な行動さえ取れない己の身体が、どうにも腹立たしかった。

「お前さん、こんなところで何を…ああ、この雨じゃなあ。」
「…ヌシ、こそ」

ふと、隣に並んだ男を見上げる。まだ残っていたとは驚きだ。
男の手にはもう嘗てのように枷はなく、それが少しだけ堪えた。

「傘があるなら、はよう行きやれ。」
「お前さんはどうするんじゃ。」
「ナニ、止むまで待つだけのことよ。」

ふいと視線を逸らせば、急に浮遊感に襲われる。
見上げれば、思いもよらぬ程近くに男の顔。

「送っていく。」

触れ合った肌が温かくて、無性に殴りたくなった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:君とセリフ 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:464字 お気に入り:0人
(瀬戸内トリオ。オリキャラ居ます)【ことばづかい】「ずばっ、とやっちゃいますよー」「どーんと破壊しちまうか!」利害の一致と言うことで毛利軍、伊予河野軍、長曾我部 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:軽い宗教 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:469字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ)【信仰とは】「正直なところね、宗教というのは信仰あってのものであって、信仰というのは何だと問われたら想うことであり、そう定義してしまえば無宗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:スポーツの夕方 制限時間:15分 読者:179 人 文字数:516字 お気に入り:0人
(オリキャラいるよー)【いつくしまのゆうがた】「もうそろそろでよるになりそうなのに」十六夜燐火は遠くにいる主とその好敵手を眺めた。彼等は争っている。厳島神社の本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:赤い足 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:216字 お気に入り:0人
【とある戦の終わり】べっとりと。赤い。神聖な島を一つ囮にして、毛利元就はこの戦いに勝利した。戦いというのはそれまでに何を準備するかにかかっている。そう想っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:軽い駄作 制限時間:15分 読者:298 人 文字数:434字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【駄作だらけの日】厳島神社、安芸の国主である毛利元就は一室で手紙を書いていた。「元就様ー飯ですー」右手に皿を抱えた毛利の護衛である世鬼政定が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:女同士の帝王 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:683字 お気に入り:0人
(オリキャラ視点)【加賀温泉にて】「……幸せというのは何だと想う? 孫市殿」「幸せと想うことが幸せなのだろう」加賀温泉にて、あたし、毛利水軍厳島守護隊所属の村上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さと ジャンル:戦国BASARA お題:灰色のヒロイン 制限時間:15分 読者:352 人 文字数:517字 お気に入り:0人
【三左注意】 「今日はですねー、いや、俺ってばめちゃめちゃ活躍したんっすよ!」そうか、と答えてやることもせず、三成は細々と呟く従者の横顔を見た。いつもと変わらぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:見知らぬ村 制限時間:15分 読者:406 人 文字数:460字 お気に入り:0人
大学を出て数日、一人暮らしを始めた政宗は、悪夢にうなされていた。それは何度も同じ夢の続き、己の足元に無数に転がった屍。血の匂い。吐き気がするはずのその状況と反し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:消えたパイロット 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:710字 お気に入り:0人
「おい、長曾我部」相手の名前を読んだが、真っ暗な部屋の中には相手の声は聞こえなかった。ここは、長曾我部軍の富嶽の中。毛利元就は、長曾我部軍総大将長曾我部元親に呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
絆の輪っか ※未完
作者:匿名さん ジャンル:戦国BASARA お題:難しいあの人 制限時間:15分 読者:462 人 文字数:539字 お気に入り:0人
※家三のようなものです俺の上司は気難しい。出会った頃はただ単に尊敬の目で見てて、性格は厳しい人だとしか感じていなかった。この間なんか。「三成様〜差し入れに南蛮菓 〈続きを読む〉

夢々きららの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:失敗の王子 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:957字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※アズキャラ「キャラは魔法で弾を撃てないの?」「そもそも、私の周りには魔法を使える人間なんて居なかったよ」キャラの答えに、ボクは頭を悩ませた。お誕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:同性愛の女の子 必須要素:時限爆弾 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:900字 お気に入り:0人
※TPルート後※aplyne「フリスク、相談があるんだが……」それは特に何の用事もない午後。突然アンダインが訪ねてきてそう言った。相談相手として僕が適切かは分か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:腐った何か 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:791字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※sanster風味「サンズ君、その死体をこちらに運んできてくれ」「……まだ、死体ではないです」「似たようなものだろう。いいから運びたまえ」ガスタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:憧れの伝承 必須要素: 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:831字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※アズキャラカレンダーを眺めた。私が落ちて来た日から今日で丁度一年らしい。落ちてから暫くの間のことは怪我による発熱で曖昧だから、私自身は落ちて来た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:純粋なガールズ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:766字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※alpyne※フリスクは女の子「アルフィーっ! 漫画を読んでて分からないことがあったんだけど、教えてくれるか?」「あ、アルフィー。私も私も」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:小説の中のガール 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:798字 お気に入り:0人
※ゲーム本編前※sansterかつ骨兄弟は博士に造られた設定「兄ちゃん、今日はこの本読んでっ!」「……この本、どこで見つけたんだ?」パピルスが持っていた本は、昔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:ねじれたむきだし 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:883字 お気に入り:0人
※TPルート後※sanster「サンズ、ちょっといい?」「どうした、フリスク」久しぶりに地下世界を散歩していると、隣を歩いていたフリスクが突然立ち止まった。「ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:贖罪のサラリーマン 必須要素:豊胸手術 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:763字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※frans※フリスクは女の子「ねえ、ママ。おっぱいってどうやったら大きくなるのかな。」「あらあら、どうしたのフリちゃん。」「だって、サンズは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:賢い独裁者 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:805字 お気に入り:0人
※サンズは博士の助手設定※ガスターがクズ※sanster博士とサンズの関係は歪だ。それは僕達フォロワーズの共通認識だった。サンズは、謂わば博士の盾だ。博士が俗世 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:突然の洞窟 必須要素:ラーメン 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:924字 お気に入り:0人
※TPルート数年後※フリスク+骨兄弟「サンズ、ラーメン食べたい!」唐突に叫ぶと、サンズがちゃんと反応してくれた。「オイラがラーメン屋台の店主にでも見えるか?」「 〈続きを読む〉