ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:夏の人間 制限時間:1時間 読者:444 人 文字数:1533字 お気に入り:0人

眩しいくらいに赫い夏



  ††

 プロデューサーとしてアイドルをプロデュースするようになってから大分経つが、しかし未だに理解できないことがある。
「プロデューサーさん、どうですか? カワイイですか? 素直にカワイイって言ってくれてもいいんですよ? フフーン♪ さっすがボクは何を着ても似合いますよね! むしろボクに似合わない服なんてこの世には存在しませんよ! 全ての服は、ボクに着られる為に存在するんです!」
 初夏。蝉が喧々と鳴き始め、木々の緑が一層青々と生い繁る時節。アスファルトはかんかんと照りつける太陽の熱でチョコレートのように溶けきって、道路の向こう側では架空の水がゆらゆらと手招きするように揺らめいている。じわりと額に浮いた汗は定規で直線を引くようにこめかみからまっすぐに滴り落ちて、しかし顎の先に到達する前に、あっという間に熱にやられてて霧散する。汗でさえも蒸気と化し、屋根に放り投げた水銀温度計が内圧に耐え切れずに割れてしまいそうな、そんな季節の、こんな炎天下で。
 あろうことか、黒ストッキングである。
「……暑くないのか?」
「? 何を言ってるんですか、プロデューサーさん。暑いに決まってますよ」
 つばの広い麦わら帽子は、夏空の青によく似合う。とはいえ、春先に一緒に買い物をした時に着ていた半袖のワンピースはどこへやら、この草木も茹だる真夏日に、幸子が着ているワンピースの袖は、夏至の昼のように長かった。
 その上ワンピースの下には黒いストッキングを穿いている。ワンピースの裾から顔を覗かせているふくらはぎはしなやかで、黒色に縁取られた曲線は魅力的ではあるけれど、しかし今は夏である。その忍耐力は一体どこからやってくるのだろうか。
「長袖で、ストッキングって……俺だってクールビスでノーネクタイだぞ」
「全く……プロデューサーさんは、本当に女の子のコトを知らないんですね。可哀相な人です」
 いつも通りの失礼な幸子ではあるが、しかし鼻頭にうっすらと汗を浮かべながらそんなことを言われても全く説得力が無い。最上川が五月雨を集めて流れているように、幸子の鼻頭の雫はじわじわと珠のように大きくなり、そして静かに滴り落ちた。
「いいですか、プロデューサーさん。女の子っていうのは、おしゃれの為なら暑いのも寒いのも我慢できちゃういきものなんです。それにボク、紫外線にちょっと弱いので、長袖じゃないとすぐ赤くなっちゃうんですよ。もうすぐライブなのにアイドルの肌がまっかっかだったら、幻滅しちゃうでしょう?」
 ほら、と見せびらかすように幸子は腕捲りをする。色は、白。夏の光を反射する、白磁のような、無垢の白。確かにこの肌理細やかな肌が赤くなっていたら、幻滅してしまうかもしれない。ならばスキンケアの一環として、無理をしてでも長袖のワンピースを着る。それはきっと女の子としての矜持でもあり、アイドルとしての意識の高さなのかもしれない。プロデューサーとして、一人静かに感心する。
 しかし、おしゃれか。不意に疑問が浮き上がる。
「おしゃれはいいが、一体誰に見せるんだ?」
 そんなことを訊ねると、幸子は豆鉄砲を食らった鳩のような顔をして、それも束の間、みるみるうちに耳の先まで真っ赤になった。
「ほ――――っんとうに、プロデューサーさんは鈍感ですね! 無神経です! デクノボーです! ふーんだ!」
 ――ひょっとして。
 そう気づいたときにはもう幸子は顔を真っ赤にしながら怒ったように数歩先を歩いていて、なんとなく、せっかく肌が焼けないように長袖のワンピースまで着ているのに自分のせいで幸子を真っ赤にさせてしまったなあ、なんて、ついつい笑ってしまうのだった。

  ††
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:きりたに ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:真実の朝飯 制限時間:1時間 読者:41 人 文字数:3745字 お気に入り:0人
ポテト好きであることからファーストフードならなんでも好き、と思われがちだけれど。いわゆるフライドポテトが好きなだけで、別にファーストフードが特別大好物ってわけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きりたに ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:イギリス式の恋人 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:2797字 お気に入り:0人
私の所属する事務所には数多くのアイドルがいる。誰かの誕生日はそれこそ毎週のようにあるし、誰かのために逐一派手なパーティを開いていたらキリがない。 だから概ねお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:うるさい正義 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:3821字 お気に入り:0人
※みおあい なおかれ うづりん前提 あたしは頭を抱えていた。「で、どうやったら手を出してもらえるのかって話なんです」「いや……手って……えー……」「むしろ口がい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:おいでよ平和 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:2984字 お気に入り:0人
※おいでよ平和(ピンフ) なお←かれ うづ←りん みお→あい 前提「そもそもさ」「何、凛」「なんで事務所に麻雀卓があるの? しかも全自動のやつ」「兵藤さんが知り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:シンプルな百合 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1797字 お気に入り:0人
『たまには小洒落たお食事と』 お昼はなんかファミレスとかそういうのがいい。そう言って入った店内で、注文を終えてすぐに奈緒が切り出した。「加蓮がファーストフード以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:あいつの雨 制限時間:1時間 読者:103 人 文字数:2390字 お気に入り:0人
「…雨の前ってね、匂いがするんだ。」シキちゃんまた呟く。今や一般的な雑学となったそれ、ぺトリコールとグルナントカ。アタシが知らない演技で、「そうなの?」と首をか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢川ゆいのユメカワ根性 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:穢された接吻 制限時間:1時間 読者:1168 人 文字数:2354字 お気に入り:0人
手を繋げば体温が伝わってくる。顔を見れば表情がわかる。仕草と合わせて相手の気持ちがわかる。もちろんそのわかるの前には「それなり」という連語がくっつきはするが、新 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:『過負何』 ◆muOlzNYfS. ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:意外な育毛 制限時間:1時間 読者:471 人 文字数:587字 お気に入り:0人
プロデューサーは独り、職場で悩んでいた。あまり大きな声では言いたくないがカツラの下は殆ど毛が無いのである。「しかし、どんな育毛法も効果がなかったんだよなぁ……」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おっぽ@音ゲーリハビリ中 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:天国の闇 制限時間:1時間 読者:691 人 文字数:1590字 お気に入り:0人
暑い。 というよりも、暑い。 ああ、変わっていなかった。 こんなふうに思考がまともに働かない程度には、暑い。 まだ五月だというのに真夏日とのことだし、当然では 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:芝浦澪音 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:絵描きの豪雪 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:1744字 お気に入り:0人
奈緒)なぁ、加蓮加蓮)どしたの?奈緒)外、凄い雪だな加蓮)こんなに降るの初めてじゃない?奈緒)だな加蓮)さて、身体が冷えないようにっと奈緒)うわっ、ちょ、ちょっ 〈続きを読む〉

空色遊の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:夏の人間 制限時間:1時間 読者:444 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
†† プロデューサーとしてアイドルをプロデュースするようになってから大分経つが、しかし未だに理解できないことがある。「プロデューサーさん、どうですか? カワイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:頭の中の任務 制限時間:2時間 読者:419 人 文字数:2025字 お気に入り:0人
†† 一般道って、はやい。 普段ならば高速道路の方が圧倒的に早いのですが、しかし今は年末年始。高速道路は帰省ラッシュの車達で溢れ返っていて、高速も全く意味を成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:疲れたクリスマス 必須要素:東京 制限時間:1時間 読者:424 人 文字数:1845字 お気に入り:0人
†† 東京都心は雨模様、しとしと時雨が降っています。「まあ、都合よくホワイトクリスマスになったりとか、しませんよねえ……」 そもそも首都圏で雪が降る方が珍しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:知らぬ間の帝王 制限時間:1時間 読者:521 人 文字数:1526字 お気に入り:0人
†† 長い眠りから目を覚ますと、そこは阿鼻叫喚でした。「…………」 いくらボクが賢くて聡明だからといって、寝惚けた頭で状況を把握するのはムツカシイというもので 〈続きを読む〉