ジャンル:戦勇。 お題:疲れた錬金術 制限時間:15分 読者:596 人 文字数:963字 お気に入り:0人
[削除]

きみをつくる ※未完

戦士ロスの元となるものは至極単純なもので、材料を集めるのに苦労しなかった。
こんな鉄きれと、簡単な呪文で彼は出来上がる。定められたレシピ通りに作り上げれば彼は再び今の世界で生きるための心臓を取り戻し、世界の重荷なんてものを背負うこと無い身体を手に入れるのだ。
祝詞を唱えるようにつぶやく。彼の死、新しい彼の生誕、それを心よりおめでたく想うべく感情が高ぶっている。こんなに息を荒げていては、自分がまるでバカみたいだ。
ロスのことを助けるにはこれしか無い。魔界とか、魔王とか、勇者である自分がそれを一番理解していなければいけないのに、これ以上知ってしまったら、いけないと思った。きっと戻りできないと思ってしまった。ロスが膨大な魔力を手にしていて、みずからの身を剣にして封印されていたとか、おとぎ話そのままの宿命を彼は、いままで隣に居た時でも考えていたのかもしれない。ルキのような非力な魔王相手では無く、もしかすると強敵になりうるかもしれない本物の魔王にずうっと対抗していたのだ。自分一人で抱え込んでいたのだ。それを一切話さず隠し通していたのだ。知ったボクが真っ先に思ったことは、恐怖だった。
どれだけ強いロスだろうと千年間、あれだけ十字架を背負う苦しみを味わわされて、どうして笑えるんだろう。ボクならきっと耐えられない。真っ白な世界に戻ってしまったロスは、きっと魔王を封印している。そこでまた眠り続ける。物語のクレアシオンのように、安らかな顔を浮かべているだろうか。ロスが笑っている顔を想像できないのは、諦めているからだ。現にボクは唱えている。この呪文を。すべて解決するための、運命すら決められていないまっさらなロスだ。ロスはロスでも、全てから解放された違うロスだ。いつものように笑って、ボクをけなして、幸せそうな顔をすることだろう。ああ、ボクはロスのことを救えるんだ。もうすぐ叶うんだ。呪文を唱え終わるのは、あとちょっとだった。歌をうたうようになだらかに、ゆっくり、奏でる。終わりの、始まり。ここからロスの人生は再スタートを決める。鉄の塊が動き出す。鉄人形は目をぱちくりとせわしなくまばたきさせた。鉄で出来たロスは、ボクを見る。ボクはささやかに笑った。あの時よまったく同じ笑顔で、ロスは、笑って、頬をゆるませて、言った。
「い」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:冷たい天使 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:652字 お気に入り:0人
ここ最近で、とても冷えるようになった。そういう時期に限って街に辿り着けず、野宿続きの日々。夜中は特に寒いので、焚き火の火だけではとても耐えきれない。「…戦士、大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:穢された馬鹿 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:696字 お気に入り:0人
俺が貴方にどう思っているのか知らないから、貴方はやりたい放題だ。「友達だから」って、俺にからかわれても何だかんだ許してくれるその無垢な笑顔を見るたび、俺はどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:おいでよ恋愛 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:726字 お気に入り:0人
「…アルバさんがサッカー部に?」「…ああ」「……本気なんですか?」アルバは強く頷いてみせた。「いやいや、無理でしょ」語尾に草が生えそうなほどロスは吹き出して、腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:でかい男の子 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:768字 お気に入り:0人
その背中は、故郷のお父さんを思い出すほどに大きい。だけど振り向くと、ボクよりも無邪気な笑顔を向けて、子どものようなイタズラをして来る。やっぱりボクよりもずっと大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みこと ジャンル:戦勇。 お題:10の死 制限時間:15分 読者:582 人 文字数:342字 お気に入り:0人
初めは試し撃ちのときだった。次は追いついたときだった。初めて相対した魔王の魔力に足が竦んだ。しかしそれではダメだと刀を握り直した、その瞬間にはもう腹が穿たれてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛 ジャンル:戦勇。 お題:フニャフニャのオチ 制限時間:15分 読者:687 人 文字数:1369字 お気に入り:0人
よくわからない空間にいた。確立した空間といえば床ぐらいで、終わりの見えない左右だとか白くてどこまで高いのか判別出来ない天井だとか、そのうち果たしてこの空間は"白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:苦しみの地獄 制限時間:15分 読者:599 人 文字数:938字 お気に入り:0人
外は雪がちらつく程寒かった。部屋の中は暖房器具ですっかり暖かくしているし、先程までの行為の為に寒さは特に感じない。窓の近くに行かない限りは暖かいだろう。となりに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:明るい死刑囚 制限時間:15分 読者:554 人 文字数:750字 お気に入り:0人
事態を理解できぬまま、鮫島は上部を見上げた。空が丸く切り抜かれたようだった。手を伸ばしてもジャンプをしても半分にも到達できないだろう、深い深い穴に鮫島は落ちてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:無意識のヒロイン 制限時間:15分 読者:602 人 文字数:716字 お気に入り:0人
そこにいたのは、彼女一人のはずだった。その道を知っているのは彼女一人のはずだったし、それまでその道で魔物に出会うこともなかった。しかし、今彼女の目の前には、出会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつる ジャンル:戦勇。 お題:たった一つの償い 制限時間:15分 読者:645 人 文字数:1235字 お気に入り:0人
『勇者』ってなんだろう。多分、それの答えは人それぞれで、価値観によって違うんだろう。 ただ、ボクに限って言うなら、『勇者』とはただひとり、『勇者クレアシオン』 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉