ジャンル:戦勇。 お題:疲れた錬金術 制限時間:15分 読者:620 人 文字数:963字 お気に入り:0人
[削除]

きみをつくる ※未完

戦士ロスの元となるものは至極単純なもので、材料を集めるのに苦労しなかった。
こんな鉄きれと、簡単な呪文で彼は出来上がる。定められたレシピ通りに作り上げれば彼は再び今の世界で生きるための心臓を取り戻し、世界の重荷なんてものを背負うこと無い身体を手に入れるのだ。
祝詞を唱えるようにつぶやく。彼の死、新しい彼の生誕、それを心よりおめでたく想うべく感情が高ぶっている。こんなに息を荒げていては、自分がまるでバカみたいだ。
ロスのことを助けるにはこれしか無い。魔界とか、魔王とか、勇者である自分がそれを一番理解していなければいけないのに、これ以上知ってしまったら、いけないと思った。きっと戻りできないと思ってしまった。ロスが膨大な魔力を手にしていて、みずからの身を剣にして封印されていたとか、おとぎ話そのままの宿命を彼は、いままで隣に居た時でも考えていたのかもしれない。ルキのような非力な魔王相手では無く、もしかすると強敵になりうるかもしれない本物の魔王にずうっと対抗していたのだ。自分一人で抱え込んでいたのだ。それを一切話さず隠し通していたのだ。知ったボクが真っ先に思ったことは、恐怖だった。
どれだけ強いロスだろうと千年間、あれだけ十字架を背負う苦しみを味わわされて、どうして笑えるんだろう。ボクならきっと耐えられない。真っ白な世界に戻ってしまったロスは、きっと魔王を封印している。そこでまた眠り続ける。物語のクレアシオンのように、安らかな顔を浮かべているだろうか。ロスが笑っている顔を想像できないのは、諦めているからだ。現にボクは唱えている。この呪文を。すべて解決するための、運命すら決められていないまっさらなロスだ。ロスはロスでも、全てから解放された違うロスだ。いつものように笑って、ボクをけなして、幸せそうな顔をすることだろう。ああ、ボクはロスのことを救えるんだ。もうすぐ叶うんだ。呪文を唱え終わるのは、あとちょっとだった。歌をうたうようになだらかに、ゆっくり、奏でる。終わりの、始まり。ここからロスの人生は再スタートを決める。鉄の塊が動き出す。鉄人形は目をぱちくりとせわしなくまばたきさせた。鉄で出来たロスは、ボクを見る。ボクはささやかに笑った。あの時よまったく同じ笑顔で、ロスは、笑って、頬をゆるませて、言った。
「い」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:冷たい天使 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:652字 お気に入り:0人
ここ最近で、とても冷えるようになった。そういう時期に限って街に辿り着けず、野宿続きの日々。夜中は特に寒いので、焚き火の火だけではとても耐えきれない。「…戦士、大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:穢された馬鹿 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:696字 お気に入り:0人
俺が貴方にどう思っているのか知らないから、貴方はやりたい放題だ。「友達だから」って、俺にからかわれても何だかんだ許してくれるその無垢な笑顔を見るたび、俺はどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:おいでよ恋愛 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:726字 お気に入り:0人
「…アルバさんがサッカー部に?」「…ああ」「……本気なんですか?」アルバは強く頷いてみせた。「いやいや、無理でしょ」語尾に草が生えそうなほどロスは吹き出して、腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いよや ジャンル:戦勇。 お題:でかい男の子 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:768字 お気に入り:0人
その背中は、故郷のお父さんを思い出すほどに大きい。だけど振り向くと、ボクよりも無邪気な笑顔を向けて、子どものようなイタズラをして来る。やっぱりボクよりもずっと大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みこと ジャンル:戦勇。 お題:10の死 制限時間:15分 読者:608 人 文字数:342字 お気に入り:0人
初めは試し撃ちのときだった。次は追いついたときだった。初めて相対した魔王の魔力に足が竦んだ。しかしそれではダメだと刀を握り直した、その瞬間にはもう腹が穿たれてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤櫛/推しPUまでガチャ禁 ジャンル:戦勇。 お題:フニャフニャのオチ 制限時間:15分 読者:716 人 文字数:1369字 お気に入り:0人
よくわからない空間にいた。確立した空間といえば床ぐらいで、終わりの見えない左右だとか白くてどこまで高いのか判別出来ない天井だとか、そのうち果たしてこの空間は"白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:苦しみの地獄 制限時間:15分 読者:623 人 文字数:938字 お気に入り:0人
外は雪がちらつく程寒かった。部屋の中は暖房器具ですっかり暖かくしているし、先程までの行為の為に寒さは特に感じない。窓の近くに行かない限りは暖かいだろう。となりに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:明るい死刑囚 制限時間:15分 読者:573 人 文字数:750字 お気に入り:0人
事態を理解できぬまま、鮫島は上部を見上げた。空が丸く切り抜かれたようだった。手を伸ばしてもジャンプをしても半分にも到達できないだろう、深い深い穴に鮫島は落ちてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろさく ジャンル:戦勇。 お題:無意識のヒロイン 制限時間:15分 読者:619 人 文字数:716字 お気に入り:0人
そこにいたのは、彼女一人のはずだった。その道を知っているのは彼女一人のはずだったし、それまでその道で魔物に出会うこともなかった。しかし、今彼女の目の前には、出会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いつる ジャンル:戦勇。 お題:たった一つの償い 制限時間:15分 読者:659 人 文字数:1235字 お気に入り:0人
『勇者』ってなんだろう。多分、それの答えは人それぞれで、価値観によって違うんだろう。 ただ、ボクに限って言うなら、『勇者』とはただひとり、『勇者クレアシオン』 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:ありきたりな四肢切断 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:310字 お気に入り:0人
怨霊を調伏しようとして、へまをしただめだ、猛烈な反発で、1人では抑えきれない?直江はまだか?千秋でもいい、もうもちこたえれそうにない、、。 瓦礫に足をとられ高耶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キラッとプリ☆チャン お題:12月の裏切り 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:138字 お気に入り:0人
Qw月と言えばクリスマスだと思う。私の名前は桃山みらい。中学二年生だ。今年のクリスマスはミラクル☆キラッツのメンバーと虹の咲さんと過ごす予定だ。今日はクリスマス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス 太中 お題:明日の町 必須要素:生理痛 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
橋の手摺から下を見下ろす。遥か下では、先程迄の豪雨で水かさも流れる激しさも増した川が流れている。微笑み、手摺に上る。そして、両腕を広げ、寒々とした夜風を細身の躰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハンター×ハンター お題:トカゲの事故 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:575字 お気に入り:0人
突然ぶつんと電源が抜けた様に画面が暗くなった。画面といっても脳内にある画面の事で、ぶつんと切れたのは電源ではなく、念能力の効果だ。小動物を自在に操り、一時的にカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:苦い復讐 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:3546字 お気に入り:0人
アニメ56話を基にしました。クルーガーとクサヴァーが、ヒィズルの為に働く諜報員のような存在だったら・・・という妄想と捏造甚だしい拙作でございます。アニメ56話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:くじら お題:戦争と木 必須要素:200字以内 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:199字 お気に入り:0人
幼い頃私の胸に植わった木は、いつの間にか憧れに変わり、枯らせぬまま御歳三十を迎えようとしている。 ただその世話をし続けた私は純粋な心持ばかりでは無い。より熱心に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
踊る ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い踊り 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
とんとんかたんとんとんかたん。目を閉じれば聞こえてくるそれは、鍛冶場の音だという。ある短刀は、人間の心臓の鼓動の音のようですね、と言った。産まれた時のその記憶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:漆黒の闇に包まれし流刑地 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:964字 お気に入り:0人
楽屋に備え付けのソファで武智は眠っている。その顔に疲労と焦燥を見てとって、田中は(まだ、そうなのか)と思った。M-1グランプリ──芸人であれば誰もが望んでやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:小説家の床 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:209字 お気に入り:0人
廊下と和室を仕切る襖を開けた途端、何も書かれていない原稿用紙が滑り落ちてきた。和室の床じゅう、手付かずの原稿用紙が散乱している。高耶は溜め息をこらえつつ、大股で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ お題:同性愛の潮風 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:616字 お気に入り:0人
鯉登は海が苦手だ。認めたくない辛い記憶が呼び起こされるからだ。なるべく海に近寄らないように生きてきたが、それでもこの度、敬愛する鶴見中尉からの命令で樺太へ渡るた 〈続きを読む〉