ジャンル:ハイキュー!! お題:左の許し 必須要素:ギター 制限時間:30分 読者:535 人 文字数:781字 お気に入り:0人
[削除]

左の許し

 薬指に輪っかを嵌めるだけで、自分に恋人がいると主張できるのはいい。
 月島は今日もカムフラージュとして、無機質な銀色の指輪を、右の薬指に嵌めた。結婚していない、まだ恋人同士のカップルは敢えて右にすることで主張するらしいと聞いたからだ。
 それまでも割と異性には好かれる方だったが、大学に進学して以降は異性間交遊に対していくらかオープンになるらしく、声を掛けられることが多くなった。ただでさえ浅い人付き合いを好む月島が、音を上げたのは本当に入学してすぐのころだった。
「だったら、恋人がいますってウソをつけばいいよ、ちょっと女の子にはかわいそうだけどね」
 にじみ出るお人好しさ加減に少しあきれながらも、それは妙案と、長年の友人から出たアイデアを採用した。架空の女性と付き合い始めたのだと嘯いて、無意味な輪っかを常に身に付ける。声を掛けてくる女性はがくっと減り、最近では彼女がいることも厭わないという強気な者くらいになった。
 そう結果を報告すれば、よかったねツッキー、と何年経っても変わらない呼び名と笑い顔で返された。
 帰り道、いつものように友人を横に侍らせ、やれあのギターはヘタだ、このドラムは安定感がと、音楽の話題を繰り返す。いつものように友人は、真剣に自分の話を聴き、神妙に相づちを打っている。
 しかしどうした、今日はいつもと違う。やけに薬指に違和感を感じる。ここ数日つけ続けた輪っかは、もうすっかり指に馴染んできたと思っていたのだが。
 ふと友人の何もない薬指を盗み見て、気付く。
「僕、好きな人ができたみたいなんだ、カムフラージュのための、ウソなんかじゃなく」
 突然の告白に、当然友人は呆けた顔をして、表情で説明を求めてきた。友人の鈍さは知っているが、さすがにこれでは誰でもわからないだろう、しょうがない。
「お前の左の薬指をちょうだい、山口」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ハイキュー!! お題:ロシア式の太陽 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
言うなれば、ロシア式の太陽。リエーフは、私の目にはそう映ったのだ。私は中庭にある自動販売機の陰に座りこんで、泣いていた。理由は、なんてことない平凡なもの。たとえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ハイキュー!! お題:ロシア式の太陽 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1字 お気に入り:0人

ユーザーアイコン
作者:三村 ジャンル:ハイキュー!! お題:未来の男 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:668字 お気に入り:0人
雪が降る寒い日だった。身体の内側に篭る熱がマフラーの隙間から白い靄となって逃げていく。晒したままの鼻先へ容赦のない北風が吹き付けて痛い。──ざく。心地好い音に誘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アキノ☆ ジャンル:ハイキュー!! お題:明日の食事 制限時間:30分 読者:368 人 文字数:898字 お気に入り:0人
明日は久し振りに影山が帰って来る。リーグ戦の間は影山は遠征先に滞在していて、食事も当然遠征先で摂る。チームメイトと試合に支障のない程度に飲みに出掛けたりする事も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪(せつ)は十忍十色に出るよ! ジャンル:ハイキュー!! お題:怪しい窓 制限時間:30分 読者:364 人 文字数:706字 お気に入り:0人
谷地さんって、どうしてバレー部に入ったの?クラスメイトに、ふいにそう尋ねられて、仁花は思わず言葉に詰まった。何故バレー部に入ったのかときかれたら、確実に『勧誘が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:てとん ジャンル:ハイキュー!! お題:自分の中のお天気雨 制限時間:30分 読者:429 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
窓には大粒の雫が張り付いていた。外は雨が降っている。BGMに良いような静かな雨音ではなく、外を見ずとも分かってしまうような、鳴り響くような雨音。それに加えて時 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:上野発 ジャンル:ハイキュー!! お題:天国の笑い声 制限時間:30分 読者:399 人 文字数:978字 お気に入り:0人
人って、死んだらどうなるのだろう。 古来より考え続けてられてきた純然たる疑問。いわばこれは、人類最大の謎なのかもしれないと月島は考えている。それに答えを与える 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アキノ☆ ジャンル:ハイキュー!! お題:憧れのあいつ 制限時間:30分 読者:427 人 文字数:792字 お気に入り:0人
初めて会った頃は、全然気にしてもいなかった。出会ってすぐどうこう思うような、そんな強烈な印象もない、フツーのヤツ。それが山口忠への最初の認識だった。日向や月島の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:浦坂 ジャンル:ハイキュー!! お題:君の英霊 制限時間:30分 読者:532 人 文字数:772字 お気に入り:0人
真面目にやれ、といつか同級生の馬鹿で真っ直ぐなセッターに言われたのと全く同じ言葉を、つい十分前のアタック練中、溝口コーチに繰り返された。真面目にやれ、そんなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雪(せつ)は十忍十色に出るよ! ジャンル:ハイキュー!! お題:子供の道のり 制限時間:30分 読者:862 人 文字数:534字 お気に入り:0人
僕はまだまだ子供だなって、自分でも思う時がある。高校生って大人みたいだと小さい頃は思ってたけど、なってみたらなってみたで全然だ。この前まで中学生だった名残と高校 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉