ジャンル:練習 お題:怪しい本 制限時間:30分 読者:454 人 文字数:811字 お気に入り:0人
[削除]

逢魔が時[怪しい本] ※未完

 「わしが帰るまで部屋で待っていろ」


そう言われて夏侯惇は調練のあと曹操の部屋に足をはこび、のんびりとあぐらをかいてついてくつろいでいた。
外はもう夕暮れである。太陽が寝床に身を横たえようとするこの時分、ふしぎと外から聞こえる人の声も昼よりとおくに聞こえてくる。

この時間帯、「逢魔が時」というそうだ。人がふいと姿を消す、いわゆる神かくしといわれる現象も今が一番多いという。
うすぼんやりとしたこの明るさ。ひとりで物思いにふけるとどこまでも落ちていきそうな現実味のなさ。
物事にあまりひねくれた意識をもたない夏侯惇も、いつものまっすぐさを保つのが少々難しくなるおかしな時分だった。

ふと、曹操の机の上に見慣れない書物があるのにきづいた。
最近使われ始めた紙、というものを紐でしばったものだ。物珍しさもてつだって、夏侯惇はおもわずその書物を手にとった。
だがこれは曹操のもの。気にはなっても、中を見るわけにもいかない。
おかしな事に手にとったそれから、かすかに甘い匂いがする。
「……?」
紙というのはこういった匂いがするものなのだろうか。
落ち着かなくなった夏侯惇は書を机にもどした。だけれど、なぜかその中身をみたい、という誘惑にかられる。
きまじめで隠し事がきらいな夏侯惇にとって、めずらしいことだ。

──あとで、謝ろう……。

黙っていれば解らない、とは想わない夏侯惇だった。
心で曹操に誤りながら、ふいと開いたそれには。


「読んだか」


ふいにかけられた声に、夏侯惇は飛び上がらんばかりに驚いた。
「す、すまん孟徳」

いつのまにやら、政務を終えた曹操が優雅に足をくんで戸口に悠々とした様子でたっている。
「勝手にみたりして……、すまん。だが、この、これは」

顔を真っ赤に染め、目線を書物と曹操交互にうろつかせる夏侯惇に、曹操はわらった。
「おぬしへの恋文だ」

「おぬしへ何度か文を送ったが……」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:僕が愛した窓 制限時間:30分 読者:725 人 文字数:1742字 お気に入り:0人
エレミカ 一週間フレンズパロいつも一人でいるそいつは、全身真っ黒で何だか不気味な様相をしていた。頭も良くて、運動だって完璧なのに不思議と目立たない。容姿のことは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:今度の使命 制限時間:30分 読者:781 人 文字数:1993字 お気に入り:0人
目が覚めると横で眠るアニの上に小さな数字がついていた。数値は28。僕は頭を振って、夢でも見ているのかと思う。目を覚ますためベッドから起き上がり顔を洗って、眼鏡を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:耐塩性酵母 ジャンル:練習 お題:贖罪の海風 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2088字 お気に入り:0人
「ついに非常食に手を出す時がきたか」「プギー!!!!」「ごっふ!!!!」わずか三秒の出来事である。非常食呼ばわりに怒り狂ったプーギーは猪突猛進の勢いでアッシュへ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:哀れなジジィ 制限時間:1時間 読者:831 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
僕はずっとコニー・スプリンガーとサシャ・ブラウスが羨ましかった。この狭いクラスの中にあるうっすらとした、目に見えない壁を軽々と飛び越えていく彼らが。きっと誰もに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:名前も知らない心 制限時間:1時間 読者:792 人 文字数:3457字 お気に入り:0人
僕の声は震えていただろうか。震えていたに違いない。頭がおかしいと思われただろうか。そうに違いない。目の前の僕のベッドに腰掛けるアニは、珍しく呆気にとられた表情で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:永遠のネット 必須要素:レモン 制限時間:30分 読者:1885 人 文字数:1955字 お気に入り:0人
ベルアニ―足、貸して。 アニはネックレスをジュエリーボックスに収め、顔を上げた。ベルトルトは仕事で疲れていた彼女の為に暖かなレモネードを作っている所だった。本当 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:22 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:hrak(腐) お題:君と暴力 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
※ホー炎を目指したかった、はず 隣からケタケタと笑い袋のような声がする。 自由自在に飛べるようになりましょうよ、とか、やっぱエンデヴァーさん凄いですね、とか馬鹿 〈続きを読む〉