ジャンル:練習 お題:怪しい本 制限時間:30分 読者:488 人 文字数:811字 お気に入り:0人
[削除]

逢魔が時[怪しい本] ※未完

 「わしが帰るまで部屋で待っていろ」


そう言われて夏侯惇は調練のあと曹操の部屋に足をはこび、のんびりとあぐらをかいてついてくつろいでいた。
外はもう夕暮れである。太陽が寝床に身を横たえようとするこの時分、ふしぎと外から聞こえる人の声も昼よりとおくに聞こえてくる。

この時間帯、「逢魔が時」というそうだ。人がふいと姿を消す、いわゆる神かくしといわれる現象も今が一番多いという。
うすぼんやりとしたこの明るさ。ひとりで物思いにふけるとどこまでも落ちていきそうな現実味のなさ。
物事にあまりひねくれた意識をもたない夏侯惇も、いつものまっすぐさを保つのが少々難しくなるおかしな時分だった。

ふと、曹操の机の上に見慣れない書物があるのにきづいた。
最近使われ始めた紙、というものを紐でしばったものだ。物珍しさもてつだって、夏侯惇はおもわずその書物を手にとった。
だがこれは曹操のもの。気にはなっても、中を見るわけにもいかない。
おかしな事に手にとったそれから、かすかに甘い匂いがする。
「……?」
紙というのはこういった匂いがするものなのだろうか。
落ち着かなくなった夏侯惇は書を机にもどした。だけれど、なぜかその中身をみたい、という誘惑にかられる。
きまじめで隠し事がきらいな夏侯惇にとって、めずらしいことだ。

──あとで、謝ろう……。

黙っていれば解らない、とは想わない夏侯惇だった。
心で曹操に誤りながら、ふいと開いたそれには。


「読んだか」


ふいにかけられた声に、夏侯惇は飛び上がらんばかりに驚いた。
「す、すまん孟徳」

いつのまにやら、政務を終えた曹操が優雅に足をくんで戸口に悠々とした様子でたっている。
「勝手にみたりして……、すまん。だが、この、これは」

顔を真っ赤に染め、目線を書物と曹操交互にうろつかせる夏侯惇に、曹操はわらった。
「おぬしへの恋文だ」

「おぬしへ何度か文を送ったが……」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:僕が愛した窓 制限時間:30分 読者:776 人 文字数:1742字 お気に入り:0人
エレミカ 一週間フレンズパロいつも一人でいるそいつは、全身真っ黒で何だか不気味な様相をしていた。頭も良くて、運動だって完璧なのに不思議と目立たない。容姿のことは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:今度の使命 制限時間:30分 読者:818 人 文字数:1993字 お気に入り:0人
目が覚めると横で眠るアニの上に小さな数字がついていた。数値は28。僕は頭を振って、夢でも見ているのかと思う。目を覚ますためベッドから起き上がり顔を洗って、眼鏡を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:耐塩性酵母 ジャンル:練習 お題:贖罪の海風 制限時間:1時間 読者:192 人 文字数:2088字 お気に入り:0人
「ついに非常食に手を出す時がきたか」「プギー!!!!」「ごっふ!!!!」わずか三秒の出来事である。非常食呼ばわりに怒り狂ったプーギーは猪突猛進の勢いでアッシュへ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:哀れなジジィ 制限時間:1時間 読者:903 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
僕はずっとコニー・スプリンガーとサシャ・ブラウスが羨ましかった。この狭いクラスの中にあるうっすらとした、目に見えない壁を軽々と飛び越えていく彼らが。きっと誰もに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:名前も知らない心 制限時間:1時間 読者:856 人 文字数:3457字 お気に入り:0人
僕の声は震えていただろうか。震えていたに違いない。頭がおかしいと思われただろうか。そうに違いない。目の前の僕のベッドに腰掛けるアニは、珍しく呆気にとられた表情で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:練習 お題:永遠のネット 必須要素:レモン 制限時間:30分 読者:1981 人 文字数:1955字 お気に入り:0人
ベルアニ―足、貸して。 アニはネックレスをジュエリーボックスに収め、顔を上げた。ベルトルトは仕事で疲れていた彼女の為に暖かなレモネードを作っている所だった。本当 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:ありきたりな四肢切断 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:310字 お気に入り:0人
怨霊を調伏しようとして、へまをしただめだ、猛烈な反発で、1人では抑えきれない?直江はまだか?千秋でもいい、もうもちこたえれそうにない、、。 瓦礫に足をとられ高耶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キラッとプリ☆チャン お題:12月の裏切り 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:138字 お気に入り:0人
Qw月と言えばクリスマスだと思う。私の名前は桃山みらい。中学二年生だ。今年のクリスマスはミラクル☆キラッツのメンバーと虹の咲さんと過ごす予定だ。今日はクリスマス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス 太中 お題:明日の町 必須要素:生理痛 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1211字 お気に入り:0人
橋の手摺から下を見下ろす。遥か下では、先程迄の豪雨で水かさも流れる激しさも増した川が流れている。微笑み、手摺に上る。そして、両腕を広げ、寒々とした夜風を細身の躰 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハンター×ハンター お題:トカゲの事故 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:575字 お気に入り:0人
突然ぶつんと電源が抜けた様に画面が暗くなった。画面といっても脳内にある画面の事で、ぶつんと切れたのは電源ではなく、念能力の効果だ。小動物を自在に操り、一時的にカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:苦い復讐 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:3546字 お気に入り:0人
アニメ56話を基にしました。クルーガーとクサヴァーが、ヒィズルの為に働く諜報員のような存在だったら・・・という妄想と捏造甚だしい拙作でございます。アニメ56話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:くじら お題:戦争と木 必須要素:200字以内 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:199字 お気に入り:0人
幼い頃私の胸に植わった木は、いつの間にか憧れに変わり、枯らせぬまま御歳三十を迎えようとしている。 ただその世話をし続けた私は純粋な心持ばかりでは無い。より熱心に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
踊る ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い踊り 必須要素:佐々木 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1028字 お気に入り:0人
とんとんかたんとんとんかたん。目を閉じれば聞こえてくるそれは、鍛冶場の音だという。ある短刀は、人間の心臓の鼓動の音のようですね、と言った。産まれた時のその記憶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル: お題:漆黒の闇に包まれし流刑地 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:964字 お気に入り:0人
楽屋に備え付けのソファで武智は眠っている。その顔に疲労と焦燥を見てとって、田中は(まだ、そうなのか)と思った。M-1グランプリ──芸人であれば誰もが望んでやま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:小説家の床 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:209字 お気に入り:0人
廊下と和室を仕切る襖を開けた途端、何も書かれていない原稿用紙が滑り落ちてきた。和室の床じゅう、手付かずの原稿用紙が散乱している。高耶は溜め息をこらえつつ、大股で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゴールデンカムイ お題:同性愛の潮風 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:616字 お気に入り:0人
鯉登は海が苦手だ。認めたくない辛い記憶が呼び起こされるからだ。なるべく海に近寄らないように生きてきたが、それでもこの度、敬愛する鶴見中尉からの命令で樺太へ渡るた 〈続きを読む〉