ジャンル:青春鉄道 お題:愛すべき絶望 制限時間:15分 読者:559 人 文字数:669字 お気に入り:0人
[削除]

SSL開業前の話。

終電も終わり、酔いつぶれた乗客や駅員すらいなくなったホームで、彼は一人佇んでいた。その瞳には暗く沈んだ澱みも無かったが、かといって眩しい閃光も見つけられなかった。
それを探していたのは彼自身ではない、もうすぐほんの少しだけ遠い存在になってしまう男だった。
佇む彼がその時だけ、瞳に何も映したくないと願った。瞼を落とせば叶うことだ、開いてしまえば自然に足元に続く線路が映ってしまうから。
そう瞼を閉じようとした瞬間、想像もしてなかった強い力で腕を掴まれた。勢いに負け、引き寄せられた彼が踏鞴を踏む。昔から、物理的な力では男に叶わなかった。
「おい東海道っ!湘南新宿ライン、高崎と直通するんだって!?」
「…それがどうした。お前も宇都宮と直通するだろう、俺達は遠方の利用者にとって便利になるな」
泰然とした姿勢を崩さず、なおかつ視線すら合わせない彼、東海道本線に掴みかかった男、横須賀は舌打ちしそうな勢いで相手を睨み付ける。
「お前、何でそんなに平然としてられんだ!たたでさえお前は西まで行ってんのに、直通相手は高崎だなんてよ!それなら俺はどうなるんだ!」
「だから、お前は…」
「そういう事を言ってんじゃねぇ!」
「じゃあ何なんだ」
若干の疲れを見せながら東海道が問えば、怒りに身を震わせた横須賀が力強く東海道を抱き寄せた。
「お前と過ごす時間が足りねぇって言ってんだよ!高崎の方が多いなんて冗談じゃねぇ!」
「…そう焦るなよ。その分、夜はずっとお前といてやるから」
「…それ、今と同じじゃねぇか」
「だから、絶望することなんてないっての」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:茶色い誰か 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:788字 お気に入り:0人
【山ジュニ】ジュニア視点 山陽さんが、髪を真っ黒に染めた時期があった。理由は簡単で、兄さんが叱りつけていたのに、とうとう山陽さんが折れたのだ。その時期は本当に短 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:僕の高給取り 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:740字 お気に入り:0人
【山ジュニ】 けーちゃん視点 僕らの給料には、路線距離に寄ってプラスがある。……つまり、路線距離が長いほど給料は高い。僕みたいに首都圏の在来を取り纏めていると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:知らぬ間の音楽 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:714字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 久々の休暇なので恋人と買い物に出てみれば、出先で急な強い雨に降られて立ち往生。飲食店に入るにも、そこに行くまでに全身びしょぬれにな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:苦い宴 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:894字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 東の高速鉄道連中とジュニアの五人で、呑みに出かけたことがある。良い感じに酒も入っていい気分……なところで、東の連中に急な連絡が入っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:明日の命日 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:632字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 篠山線が廃線になったのは、1972年3月1日。だから、ある意味その日は篠山線としての俺の命日ともいえる。その時にはもう山陽新幹線と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
妄執と瑕疵 ※未完
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:アブノーマルな心 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:840字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 それは、不幸な事件だった。 東海道新幹線・山陽新幹線・東海道本線・山陽本線四人の拉致を狙ったもので、結果として山陽本線以外の拉致に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:ゆるふわ愛され天才 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:752字 お気に入り:0人
【山ジュニ】まさかの兄さん視点「ジュニア天才!」 この言葉に頭痛を覚えたのは私だけではないと思いたい。いや、その場にいた者に頭痛を覚えたものはいないのだが、他の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:3月の狐 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:704字 お気に入り:0人
【陽海本線】+さんよーさん陽本線視点 意外と、動物好きなのを知っていた。 それでもって、新幹線での移動を好むのなんて、耳タコで知っている訳で。 その二つを武器に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:希望の君 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:627字 お気に入り:1人
【山ジュニ】山陽さん視点 はい、ここでジュニアにひとつ問題です。 俺とジュニアはお付き合いしているわけですが。お付き合いしているわけですが!(ここ大事!) ふた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:孤独な嘘 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:636字 お気に入り:0人
【山ジュニ】ジュニア視点「嫌いですよ、山陽さんなんか」 最初は本心から。途中からは、言い続けていたら本当にならないかと祈るように言い募っていた。 嫌いだから、二 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:東京のあそこ 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:3229字 お気に入り:0人
* 全てランダムにしたら四時間の必須要素無しにになりました。そりゃあ簡単に書き終わりますよね。*オイラ→俺sansになってます。オイラ出来ない。「へぇ、東京タワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:591字 お気に入り:0人
カリカリカリなぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)だめだ。冷静になれ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
つかれた ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。 お題:めっちゃ流刑地 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:317字 お気に入り:0人
めのまには隼の部屋の扉。なかなか起きてこないアイツを誰が起こしに行くかでジャンケンをする。「あそこでグーをだしてればなぁ。」そんなこと言っても今さらどうにもなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:やわらかい動機 必須要素:街灯 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:395字 お気に入り:0人
私は魔理沙を殺してしまった。……動機はとてもやわらかい。……なんだ?やわらかいって。まぁ、それはおいといて。魔理沙を殺した動機は「嫉妬」だ。霊夢ばかりかまって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:経験のない薔薇 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:816字 お気に入り:0人
紅魔館の庭の一角。そこには門番の紅美鈴が育てている花壇がある。 今日も美鈴は休憩時間に水やりをしていた。「おや?」その花壇に見たこともない綺麗な深紅の薔薇が、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:きちんとした火 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:737字 お気に入り:0人
*懲りずにアンテ書く。キャラ崩壊注意*ほとんどChara、Flowey。*地上に出たあとの話*「あ、Chara!危ない」「っと…大丈夫」ボクはモンスターにエンカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:undertale お題:春の殺し 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:1402字 お気に入り:0人
*FloweyとCharaがとても仲良しです**キャラ崩壊注意**僕→Chara ボク→Flowey*個々のところ、何だかとても暖かい。多分、春なんだ。金色の花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
背伸び ※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:煙草と喪失 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「あ、」と、呟いた時にはもう遅かった。気紛れで盗んだ煙草の持ち主が、部屋の扉から顔を出したのだ。火をつけた煙草の先から煙がくゆり、焼け落ちた灰がわずかに手に落ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:有名な、と彼女は言った 必須要素:ドア 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
数年ぶりにかいた完全に心情吐露のようなものになります。ひどいかんじでごめんなさい!窓から見える夜景は悲しいくらい綺麗だった。遠くに見える水族館の観覧車はきらきら 〈続きを読む〉